スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地獄行きバス」明治カナ子

地獄行きバス (バンブー・コミックス 麗人セレクション)地獄行きバス (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
(2010/06/26)
明治カナ子

商品詳細を見る

「地獄行きバス」
「6月に同僚と結婚をする」突然、同棲中の修から結婚報告をされたカンちゃん。別れを切り出すと、修はカンちゃんと別れるつもりはないと言い出す。どうしても別れたいならば…と修がカンちゃんに出してきた条件は“一週間、ふたりで旅行に行く”だった―。

物欲の固まりのカンちゃんと、物欲の無い修。
互いの性格や本質を“真逆”だと認めながら「でも好きだよ」と云い合う二人。
恥ずかしいけどこの二人の有り様は、私の理想でもあるのだ。
修が過去をふり返り「この人のそばにいると安心するんだ」と思う場面が素晴らしい。自分の欠点だとカンちゃんが思っていることが、思いがけず修にとっての“幸福”に繋がっている。修はカンちゃんに「物がなかったよ」と笑うだけで詳しくは話さない(作中では)。空っぽだった昔の家のこと、物であふれ返る今の家のこと、修の中で幸福の形はカンちゃんといる現在なのだ。カンちゃんが不安に思っていたとしても、修はそれをよくわかっているんだよね。すごく幸せな二人だと思う。
愛情の表現の仕方は人それぞれで、誰かにとっては1のことが、相手にとっては10に感じられるようなことって間々ある。同じくらいの愛情表現を求めるのではなく、相手の表現レベルに合わせたものを自然に要求し、また、時には飛び越えて与えようと努力をしている。やっぱりとても理想的だ。これほど“完璧”(各々が内に抱える歪さを含めて)な恋人達の話はちょっとないと思う。心からオススメ。


が、今回表題以上に私が楽しみにしていたのは後半の「夜の女王」シリーズなのだ。

幼い頃眠っている間に両親に捨てられた貴志(きし)は、従兄弟の輝の家で育った。貴志はトラウマから目覚めたときに側に人が居ないとパニックを起こしていたが、社会人になり輝の家を出ることを決める。平日は睡眠剤で眠りにつき、週末はセックスと添い寝を兼ねた相手を買っている。最近気に入りのヒラ君は客である貴志に好意を持っているが、貴志は輝に従兄弟以上の気持ちを抱いているようでもあり―。

本誌を切り取って保管していた6年前の麗人掲載作品。今回の収録で何らかの改稿が行われることを期待していなかったと云えば嘘になる。開けた未来に繋がるラストの締めも、何もかもがとても私の好みなのだけど、あの二人にはあともう一歩近づいて欲しい気持ちがあったのだ。だけど…長く単行本にならなかった事と関係あるかは知る由もないが、後書によると明治さんにとってあまり良い思い出の作品ではなかったらしい。そういえば同人誌でも見かけることはなかったものね。

何度か書いた思い出話になるのだが、シリーズの最終話「未来には」を私は四国の小さな本屋で読んだのだ。大学4年の煮詰まった時期にとりあえず旅行にでもと思い足を運んだのが四国だった。で、色々見て遊んで、でも特に何も変わらなかった旅の思い出は結局明治さんなんだよ(笑)
実は最終話を読むまでこの話の行きつくところがまったくわからなかったんだよね。二人は恋人になるの?どうやって?でも何か違和感がある…とずっと思っていたんだ。
そして読み終わって放心状態になった。ただただ驚き感動していた。
貴志と輝が恋愛関係にならなかったことに。そして、貴志が輝は“家族”だと確認したことに。

これは貴志と輝の話ではない。
かといって貴志とヒラ君の話でもない。
最初から心に問題を抱えた貴志の話だったのだ。
“家族”という一度は失ってしまった関係が、きちんと自分にも存在すること。それを確認することが貴志の回復に繋がったのだ。そしてそれを勝ち取ったのは他ならぬ貴志自身なのだ。自立の為に家を出ても引っ越した先は隣のマンションで、家族の不在に怯えるかのようにオペラグラスで覗き見をする。貴志の行動は輝のストーキングをしているようにも取れるけど、本当は違うんだよね。自分を捨てた親のように、輝の家族がいつか黙って居なくなってしまうのではないかと怯えていたのだと思う。輝の近くに居てはダメだという真意には、欲望を覚えたら困るという理由以外にも、トラウマに縛られたままの自分に対して「このままでは良くない」という葛藤があったのだろう。彼は静かに一人で闘っていたのだ。

輝は彼の純粋さでもって貴志の手助けをするし、添い寝相手に買ったヒラ君がいなければ、貴志は輝を“家族”だと確認することは出来なかったかもしれない。誰も当て馬ではなく、脇役でもなく、そして恋人でもないのだ。上手く云えないのだけど、こんな関係性の話を読むことが出来るなんて幸せだなぁと心から思ったのだ。
ヒラ君との最後の夜が明けた朝、黙ってヒラ君が帰ってしまったにも関わらず、貴志はパニックを起こさなかった。ささやかなコマだけど確実に彼のトラウマは回復に向かっているのがわかる明るい場面だ。その後彼ら(貴志&輝orヒラ君)がどうなるのかはわからない。「(輝が)大きくならないとわからないよ」と呟く貴志だが、もう揺らぐことはないように思える。では、貴志はヒラ君の手を取っただろうか。驚き照れた笑顔を浮かべるヒラ君を見て、そうであるといいなと願いつつ本を閉じた。
最初の話を読んだときはヒラ君があまりに可哀相で、どうしてこんな惨めな子をと不思議に思ったのだ。かといって、貴志の母親が残した絵本を読む輝には家族としての情以外があるとは思えずに戸惑った。どこに着地するのかわからずにずっとフワフワしていた。だけど読了後にはきちんと幸福の場所にストンとおろしてくれる。それがさも当たり前であるかのように。私が思う明治漫画の魅力が凝縮された作品だ。大好き。


前々から感じていたのだが、私が愛する明治作品は、おそらく明治さんが「読みたい話」から遠いタイプの作品なのだろう。私が思う以上に明治作品の本質は明るい。キラキラして眩しいぐらいに明るい。過激な性描写は恋人同士のセックスをみっともなく、でもこれ以上ないぐらい幸福に見せてくれる。性行為はただの(でも重要な)コミュニケーションなのだと思い知らされる。その明るさが表に出ているか、底に沈んでいるかの違いなのだ。
大した違いではない。明治さん、大好きです。



続きを読む

スポンサーサイト

「惑溺趣味」明治カナ子

wakudeki.jpg
「ぼくの愛人にならないか」 ある日、資産家の続木に愛人としてスカウトされた苦学生の荻。身体を重ねる度に「好き」の気持ちが溢れ出そうになる荻だが、疎まれるのが怖くて、続木に想いを伝えられずにいた・・・。

待望の1冊、やっぱり明治作品は別格に好きです。信者といっても過言ではないわ。
この表紙がまたおじさんの不気味さと青年の遠慮がちな視線が二人の関係をよく物語っていて素晴らしい。ちょっとマグリットみたいな不思議な雰囲気があって好きです。

ご本人も仰る通り「おじさん趣味」全開の1冊でした。『甘い針』から2作目の短編集ですが、ひとつ除いて後はすべておじさんが相手(主役)。明治さんのおじさんというのは、第一に「気持ちが悪い」のです。全然かっこよくもなければ素敵でもない。包容力と資産は多少あるものの、精力的には自信がない。枯れても脂が乗ってもいない、なんとも「おじさん」なおじさんなのです。こうした作品を私が楽しめるのは、やはり明治作品の魅力を「キャラクター」ではなく「物語性(関係性)」に感じている為だと思います。何度も書いている気がするけれど、これだけ好きな気持ちが大きい明治作品ですが、登場人物のキャラクターに萌えたことは少ないですからね。おじさんと青年の図が「老人と少女」や「青年と猫」のように、どこか前提として完全には相通じることのない二者を描いているようだと強く感じました。明治さんは「おじさん」が好きなのと同時に、「おじさん」に翻弄される青年(少年)がとても好きなんだろうなー。どこまでも青年達にとっては得体が知れない「おじさん」ですが、読み手にとっても結構ぎりぎりの感情でしか伝わってこないのが面白いというか・・・パワーバランスの転換が起こらない、「おじさん」の気持ちは藪の中風な作りが好きです。溺れるだけ溺れて立ち位置が見えない青年の状況と「惑溺」という言葉がぴったりで、これまた素敵なんだ。


以下、各題の感想です。
他作品のタイトルとか出てきて不親切極まりない感じですが、よければどぞ。

続きを読む

「キモチの行方」

kimotino.jpg
啓治の身体のいくつかのボディピアスは秘密の契約の印。彼は、双子の総と洋に飼われているのだった。でも、初めての友人深山の出現で、その秘密の関係のバランスが崩れはじめて・・・。

ずっと感想を描きたかった作品です。久々に書いたせいもあり長い、長い。
明治さんの漫画を語る上でやはりエロは欠くことの出来ない重要な要素だと思いますので、いつにも増してアレな感じです。でも私明治カナ子に関しては本当に真剣に語る事が出来る!
残念ながら周囲には共感してくれる人がいないのだけど・・・。

続きを読む

「うつしみの手」「リアル1/2」

utusimi.jpg
明治カナ子を知ったのは書店の新刊台に『うつしみの手』が並んだときでした。
以来新刊はもちろん、掲載誌まで買うほど好きになりました。
たった4年前のことだけど、あのとき書店で明治カナ子を見つけたとき心のどこかで「見つけた」と思ったのですよ。そういうのありませんか?「自分が探していたものはこれだったんだ」という妄想めいた確信。『三村家』ももちろん好きだけど、最初がこの「リアル1/2シリーズ」じゃなければ、たぶん熱烈に好きにはならなかったと思います。

友人はこの頃の明治カナ子の絵を見て「死んだ魚の目」と評しました。
確かに一読せずに人物だけ見たらそう思うかもしれません。
でもね、恐ろしく暗い話もありますけど(『甘い針』の「志乃」とか)明治さんは基本的に明るい方で、そして明るい話を描こうとしているのだと思うのです。「明るい」という言葉は広義すぎるけど、決して不幸な話を描こうとはしていない。何所に着地するのかわからない浮遊感があるかと思えば、読後感は意外なほどに爽やかなんです。すんなりと「幸福のようなもの」の場所まで連れて行かれてしまう。プロットがしっかりしているのでしょう。
明治さんは元々男性向けエロ畑にいた方です(ずっと購入を迷っているのですがまだ読んでいません)。だからなのかエロの表現と性器の書き込みに容赦がありません。それも大きな魅力のひとつです。
BLなんだけど、初期の作品はすごく「JUNE的」だと思います。恋愛による関係性よりも、肉体を繋ぐことで精神の関係に何らかの作用を与える様を描き続けているというか・・・。

『うつしみの手』も前作『気持ちのゆくえ』(双子の攻めとのSM3Pの話。えげつない性描写と、繊細な感情描写が混在する不思議な話)もSMプレイが主です。身体を支配されることで、危うい精神を保っているような関係性を見せてくれます。なんて言っても今はなき『絶対麗奴』の作家さんですからね(昔よく古本屋で立ち読みしたなー)最近見なくなりましたが、本領はSMなのではないかと思っています。

「リアルシリーズ」は近親相姦の話です。義理の、という括弧付きBLは多いですが本当の兄弟もの。それまで近親姦は嫌だったのにあっさり読んでしまいました。今では全然平気に・・。

兄の手を借りてしか自分を慰めることができない陸。午睡の夢うつつの中、くり返される兄弟の淫蕩な遊戯に自家中毒気味な兄、潮。第三の男、谷口の出現で、リアルとアンリアルの境界が曖昧な、甘く閉ざされた世界に崩壊の足音が―。

一巻では潔癖症で夢遊病癖ある陸の脆さが描かれていますが、二巻では兄の潮の方が繊細で臆病な人間だということが描かれています。兄弟の秘密の遊びに依存していたのは結局兄の潮も同じで、潮の大学の先輩である谷口はいち早くその事と、潮の隠された願望に気がついていた。そんな兄弟が家という箱庭を出て、開いた世界に歩みだしていくまでが描かれているのです。

再読して、本当につくづく私の好みの話だと感じました。全編通して暗いトーンなのに、底の方はとても明るくて救済と希望があって、この作家さんにしか描けないような色がある。近親姦の葛藤がないのもそれはそれでよいのです。私の中の「JUNE」はそんな瑣末な(笑)悩み事とは無縁の世界だから。

『うつしみの手』の表紙がとても好きです。崩壊する塔から先に落ちていく潮を支える陸。崩壊するのは二人の世界であり家でもあるのでしょう。「大丈夫 ぼくの手は意外に大きいよ」と夢現の陸の言葉が思い出されます。早く大きくなって潮を守ってあげられるようになるといいな。

「三村家の息子シリーズ」

mimurake.jpg
umarebosi.jpg

連載時から見守ってきた二人の恋愛がついに完結しました!
明治さんは特別好きな方なのですが、その魅力を上手に表現しているのが帯の雁須磨子先生のコメントです。
「明治さんのまんがは湿度の高い、こもった感じとカラリと渇いて、遠くの音がよく響くみたいな感じが混在していて、そこから落下するスピード感とか、素敵だなぁといつも思います」

そうなんですよ。好きになるきっかけだった『リアル1/2』『うつしみの手』を読んだときに、近親相姦のSMプレイという内容を、どうしてあんな風にまとめ上げることが出来るのか・・・驚いた記憶があります。纏う空気は暗いのに、明治さんの話はきちんと着地するのです。ハッピーエンドのようなものに。
そのうちこの2冊のことも書きたいです。

さてさて、

田舎の資産家、三村家の次男・弓と敏夫は幼なじみで親友同士。年頃になった敏夫は弓への恋心を秘かに抱いていた。ある日、家出中の弓の兄・角と偶然接触した敏夫は、彼に誘われるまま深い関係になってしまい・・・?友情と恋愛の狭間で揺れる思春期を描いた『三村家の息子シリーズ』

幼なじみ同士のゆっくりした恋愛なのですが、そこに弓の成長がきちんと描かれていてよかったです。息が詰まるような田舎町で神経を張っていた頃と、家のことや敏のことを自分なりに考えられるようになった弓の目は全然違うもの。
敏夫のモノローグで特に好きなのが、
「弓 どうしてお前は いつもいつも俺が先へ行こうとするたびに 目の前で転ぶんだ 俺はお前が気になって お前が追い付くまで待ってしまう―」
という部分なのですが、突き放そうとしても出来なくて抱きしめてしまう敏夫と、それを角の身代わりでもいいと伝えてしまう弓の残酷さが切ない。弓の鈍感さはときに本当に残酷で、角が弓を疎ましく思うのもわかります。

離れて大切なものが見えた弓と、気持ちを否定せずに待つと決めた敏夫。
それはもう、最終話ひとつ前は立ち読み後即購入しましたよ。
明治さんのエロシーンと性器の書き込みは規制ものだと思う(笑)好きですけどね!
3巻通して角のエロシーンのみだったので、とてもとても良かったです。ただ、萌えというよりは本当に単純に「良かったね~、特に敏夫!」という親心のような感じでした(笑)

それにしても、本誌「HertZ」で追いかけていた頃から疑問だったのですが、角の話はどこにいってしまったのでしょう?
私は何気に角が好きだったのですよ。レイプ事件を一人で背負う強さや歪み具合が。
『生まれ星』でチラッと出てきた友人との話も、あんな爽やかな感じではなかったですし。
明治さんは、角については未定のようなことを仰っていた気がしますが、同人誌でもよいので読みたいです。「三村家の息子シリーズ」という副題が付いていますが、弓&敏の話で一区切りと考えた方がよいですね。
プロフィール

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL.猫かぶってみても、結局たどりつくのはそこなのです。感想は基本的にすべてネタバレ注意です。拍手&コメントありがとうございます。拍手コメントは該当記事のコメ欄にてお返事いたします。リンクフリーですがご一報頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。