スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想サイトの管理人さんに50の質問

お題は「ちるちるみちる」さんより拝借しました。
*リンクに不備がありました、スミマセン。

ニッポンの書評 (光文社新書)ニッポンの書評 (光文社新書)
(2011/04/15)
豊崎 由美

商品詳細を見る

豊崎由美の『ニッポンの書評』を読んでいます。
書評のあり方をつらつら考えつつ、やはり私のブログは「感想」であって「書評(レビュー)」という言葉にはそぐわないなぁと考えていました。もちろん最初から感想のつもりで書いているのだけど、「評」的なものをまったく意識していないかというとそれもまた違うので、自分にとって感想を書くという行為は一体何なのだろうとぐるぐるしているところに面白そうなバトンを見つけたので答えてみました。

続きを読む

スポンサーサイト

王道設定バトン

リンク先の「ロテンシスターズがゆく!」(秋林さん宅)から拝借した「王道設定バトン」です♪
ダラダラ考えていたら(その割に捻りがない回答ですが)長くなりました。良かったらどうぞ~。

★ルール
貴方の嗜好に併せて、攻め派か受け派かを答えてください。
好きCPを当てはめても構いません。

■昔から共に生きてきた主人と従者。主は?
受け。
これは私の主従物の理想です。立場的には強い筈の人間が、一応弱い側(それも変な話だが)に恋情ゆえにまわるという。「命令だ、わたしを抱け」的な主人よりも、好きで好きで辛抱たまらなくて身動きが取れない主人の姿にグッときます。従者は従順なタイプよりも、ちょっと斜めに構えた腹黒タイプの方が好きですね。

執事の分際 (白泉社文庫)執事の分際 (白泉社文庫)
(2005/11/15)
よしなが ふみ

商品詳細を見る

よしながさんのBLは苦手なのですが、上記に当てはまる作品でパッと思いついたのはこちらでした。
「昔から」ではないけど、「執事」と名前が付く人が出てくるBL作品なら榎田さんの「執事の特権」が一番好きです。



本当に長いので以下たたみます♪

続きを読む

♂×♂好きさんに100の質問

調子に乗ってもう一つ100質に答えてみました。「♂×♂好きさんに100の質問」です。お題はボーイズラブ探求サイト-BL HEART-様より頂きました。
長くなってますので、お暇な方、気が向きましたらどうぞ♪

以前から思っていたのですが、どうも私はひと月に使える(って変だけど)萌えに限りがあるらしく、月末になって息切れしました(笑)。あらゆる本に対して不感症状態で悲しくなります。まぁたまたま琴線に触れる本に出会えてないってだけの話ですが。

今気になっている本はこちら―
remontaruto.jpg
そして思わずCさんにメールしてしまった驚愕のあらすじがこちら―

若くして逝った姉。遺された義兄と私。一軒家でのふたり暮らし。会社での秘められた仕事。不可思議な事件の数々。―ミステリアスでスウィートな義兄と弟の物語。

「スウィート」という言葉の破壊力って結構凄くないですか?長野さん、どこまでいくのだろう・・・。

続きを読む

BL本ファンへ100の質問

以前から機会があればやってみたかった「BL本ファンへ100の質問」に挑戦しました。お題は■ into DEPTHS様より頂きました。
長い質問に長く答えてる箇所もちらほらあります。
お暇な方、気が向きましたらどうぞ~


後日あまりにも集中力が切れていて気になった部分を修正しました。はい、自己満足です(笑)

続きを読む

ごあいさつ

本が好きだけど、BLはもっと好きなんだ!という開き直りから始められたブログです。
生温~い感じになるかと思いますが、どうぞ薄眼で見守ってくださいませ。

日常雑記に一般書、一般漫画の感想もごちゃまぜの私的な読書と萌えの記録です。

書いている私はyoriと申します。仕事も私生活も本にまみれて棲息しています。
カミングアウト済の家人が一人います。
BL趣味は特に隠しているわけではありませんが、大っぴらにもしていません。

一般文芸書からゆるやかに、でも確実に「腐」の方向へ進んで来ました。
二次はノータッチというと周囲の腐仲間からは奇異な目で見られます。
読むのはオリジナルの漫画と小説がメイン。たまに雑誌にも手を出します。昔はエロがっつりが好きだったのですが、最近はエロがなくても全然大丈夫になりました。といっても純愛とドエロを求める周期のようなものが存在するので一概にはいえませんが。
とにかく何でも読みます。懐は広いです。でも萌え基準は結構厳しい気がする今日この頃です。

拍手、コメント、リンク大歓迎です。
よろしくお願いいたします~。



プロフィール

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL.猫かぶってみても、結局たどりつくのはそこなのです。感想は基本的にすべてネタバレ注意です。拍手&コメントありがとうございます。拍手コメントは該当記事のコメ欄にてお返事いたします。リンクフリーですがご一報頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。