スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私立探偵・麻生龍太郎」

asou.jpg
聖なる黒夜の衝撃再び。麻生龍太郎と山内練の新たな物語。春日組大幹部殺害事件が解決し、刑事を辞めた麻生。彼は私立探偵として新たな一歩を踏みだした。彼の元には人間の業ともいえる様々依頼が舞い込んでくる。その中で麻生は練を守っていこうとするのだが……。

閏年生まれの男に会いに行っている間に2月が終わってしまった。早いなぁ。
父の誕生日プレゼントを渡しに実家に帰っていただけなんですけど、実家はネット環境が不便で困ります。さて、その帰り道に大型書店でゲットしてきましたとも!調べたところ新刊配本が私の店はなかったからね!注文待ちなんて、待てません(笑)


麻生・・・おまえ・・・。
ええ、わかっていました。覚悟していました。『聖なる黒夜』の後日譚。『聖母の深き淵』の前日譚。二人の選ぶ道はひとつしかないわけで・・・。短すぎる蜜月を彩るのは柴田節の利いた短編ミステリでした。

一生かけて償うと麻生は練に誓った。その償いの形がたとえ練の望む形を取らなくても、きっと麻生にとっては同じなんだよね。冤罪事件の真相を暴くこと。しかし田村が説教したように、それは麻生の自己満足なんだよなと。だからといって、BLのようにあっさりヤクザと懇意になる麻生の姿が見たいわけでも全然ないのですが、もやもやしたものが残ります。
『所轄刑事』のときも思ったけど、麻生は鈍い癖に潔癖で、優しいくせに頑固で、善良のようで実は腹黒く(?)、とにかく「面倒くさい男だなー」と何度も思いました。(同じことを「マークス」の合田にも思いましたっけ)
練が変わらないように、麻生だって変わらない。お互いがお互いを変えようと思いながら、決定打の一歩を踏み出せないのは、その一歩を踏み出す前提として相手の懐に飛び込まなければいけないから、即ち自分が変わらないといけないから―というのを二人はたぶんよくわかっているんだよね。「恋愛」という言葉からイメージするものとは何て遠い所に居る二人なのだろう。それでも二人を繋ぐものは様々な「情」であり、その中には麻生は疑うけれど「愛情」もしっかり含まれているのだと、ファンとしては信じたいし信じているよ。
「聖母」と「月神」を読み返す気力が今はないのですが、再読しなくてはいけないな・・・。

携帯小説で連載されたものをまとめたそうなので、書き下ろしのエピローグ以外はおそらく原文のままでしょう。柴田ミステリとしては楽しめました。が、作家の色なので仕方のないことなんですけど、緑子のような「女はね・・・」と一説ぶつ女性が登場するのはやっぱり好きではありません。麻生は女を映す反射板ではないのよ・・・。
あー、及川出てこなかったよー(涙)
その分田村の活躍というか語りっぷりには目を瞠るものがありました(笑)
柴田先生は続編を出してくださるのでしょうか?冤罪事件の絡みは一体どうなるの?「月神」のままでは、練はともかく麻生が憐れでなりません。

小さく言いますが麻生と練のあれこれを期待して読むのなら、立ち読みで足りてしまうと思ふ
スポンサーサイト

麻生に会える!

首相にあらず。

男二人で温泉をナビする夕方の番組を見てニヤけたyoriです。「撮影のために腰にタオルを巻いております」というテロップに素で「べつにいーじゃん」と呟いてしまいました。よくないよ!私はいーけど。
こうも寒いと温泉に行きたくなりますね。酒が飲める友達と行きたい!

本屋には毎日毎日出版社から山のようにFAXが届きます。
本社からも負けじと山のように届きます。大体ちら見して処分なのですが、昨日届いたFAXに思わず声を上げそうになりました。えーと、ファンサイト(?)などではとっくに告知されているのかな?

『私立探偵 麻生龍太郎』 2/下発売!!

きゃー、なんてこと!発売まで一週間と迫っているのに版元FAXで知るというこの不覚!!
でもでもネットに情報も出てこないので、その場で速攻角川に電話しました。今月末か来月頭には書店に入荷するとのこと!単行本でお値段1800円也。もちろん買いますとも!(出版業界の流通は非常に不透明です。書店も本が確実に店に入る日にちは余程じゃないとわからない)
携帯連載されていた話(未読)かな。
もちろん練も出てくるよね、及川は?及川は~?及川をだーしーてー(笑)
そういえば昨日から黒夢の「MARIA」をヘビーローテで聞いています。懐かしいですね、黒夢。もちろん活動当時はノータッチでした。旦那が音楽再生機器(iPod)を購入したもので我が家は今音楽だらけです(変な日本語)。それはいいとして、この「MARIA」が練の切ない叫びのように思えてきまして。歌詞の内容は別に麻生に向けて―なんてことはないのですが、錬が自分のことを歌っているような・・・。私の中の練って、ちょっとビジュアル系入っています。壊れた感じの。それにしても清春の声は色っぽいなー。

しかし喜びがあれば悲しみもありというか・・・携帯連載されていた『まつろわぬもの』が最終回を迎えてしまいました。ヤンサンの休刊さえなければもう少しまともな終わり方が出来ただろうに、悔やまれます。木根先生が活動の場をどこに移すのかわかりませんが、今後も作品発表の場を与えられることを願います。それにしても、なんだあの蘇芳×レンっぷりは!絶対に確信犯ですよね!?って誰にも伝わらないことを叫ばない。あぁ、携帯コミックも小説も嫌いです。紙に残してこそでしょう。書店の敵だー。上記2作品は書籍化されるけど、とにかく『窮鼠シリーズ』をどうにかして欲しい。あれ、ハッピーエンドじゃなければとんでもないことになる気がする・・・。流血、とか。怖い怖い。水城先生、お願します!!

「所轄刑事 麻生龍太郎」

すごい勢いで『月神』と『所轄』を読み終えました。

痛いです・・・
もういい加減、練に光を―と思うのですがまだ光は射しません。
冤罪事件も出てこなかったので、まだ続くのでしょう。
麻生の想いが痛くてたまらない。
「いっそ殺して自分も死ぬ」
愛するだけではその闇から救うことが出来なくて、でもひたすら愛し続けて・・・。

練にとっての救済が女の緑子によって行われようとするのは、仕方がないのかもしれない。
練は麻生に破壊されたがっているから。
それが一番の幸福だと二人が錯覚してしまいそうなほどに彼の闇は深くて暗い。

どうか最後には二人に光をー本気で祈ってしまいます。

あっ、麻生の出所が意外に早くて拍子抜けしました(笑)



*****

若かりし頃の麻生は、刑事というよりも本当に探偵のような青年でした。

及川の同棲の誘いを断ったり、合鍵の所持すら断ったり、そのくせ関係を持続させようとして・・・龍太郎はずるい男だよ(笑)
錬が『黒夜』で言っていたように、バイセクシャルとノンケの本気は性質が悪いですね・・・。

及川の言うように、何事にも冷めていた麻生が初めて執着したのが剣道で、その剣道が失われたときに横にいた及川に執着が転換したというのもひとつの正解だと思う。及川がゲイでなければ、二人は普通に固い友情で結ばれていたのだろうから。
そこに情があったのも真実なのよ。
だけど及川は情では納得しないんだよね。
「無理をしている」って伝えて及川は麻生を何度も解放しようとしたのではないかしら。でも、及川を失うことは麻生にとっても恐怖だった。また空っぽの自分に戻ってしまいそうで。

ああ、若い二人のこのドン詰り感がたまりません!!

事件そのものや短編の出来は正直単行本の値段としては割高だけど、二人の過去が読めて幸せでした。


「身だけは守れ。破滅しそうになったら、逃げてくれ」
ほら、いつだって及川は麻生のことをよくわかっているんだよ。
その言葉が届くことはなかったとしても。




引き続き徒然

ああ、これだから原作ってのは残酷だ・・・。

そうなんですよね、『聖なる黒夜』は『RIKOシリーズ』のスピンなんですよね。
超油断していました。まだ『聖母』を途中までしか読んでいないので何とも言えませんが、とりあえず私の脳内は麻生でいっぱいです。44歳なんだね(今更)。私の周りに40代の男性というのが少ないので、40代のナイスガイを上手く想像出来なくて歯痒いです。そうよね、あれだけ引きがあった冤罪事件も弁護士も田村も、無関係なわけがないじゃない。
麻生と及川の若かりし頃が読めると聞いて『所轄刑事 麻生竜太郎』もちゃっかり注文しています。

警察で頑張る女性刑事というのは、どーして似たり寄ったりのハードボイルド風味なのでしょう。
そのぐらいじゃないと男性社会の中ではやっていけないということか。
「事件」を「ヤマ」「聞き込み」を「コミ」と言ったり、今度友人が警察官に転職するので、本当に使うのか聞いてみよう。
ホモから離れたところから、柴田よしきのRIKOシリーズに対する現在の感想は、「女性がレイプされたり暴力振るわれたり薬中にされたり売春させられたり、という話が思いの外好きではない」の一言かもしれません・・・。普段は文芸読みなので、ミステリ脳になっていないせいもある。

BLのレイプは全然OKなのにね。まあ、あれはドリームですから(笑)
ただあまりにテンプレだなーと思うのは、レイプの免罪符のように、とりあえず手コキか口で一発受けをイかせるところ。「お前も感じているんだろう」的な。嫌いじゃない、嫌いじゃないよ!?
免罪符の必要はないってことが言いたいのさ。物理的刺激によって身体を支配することで屈辱感を与えるのが醍醐味だと思うので。ヒドイですね(笑)だからレイプの途中で受けがあんあん言い出す展開は嫌いです。最後まで涙を浮かべて嫌がってほしいですね!
BLを読み始めた頃は「監禁もの」が好物でした。雑食なのでこれは絶対無理というジャンルはないけど、昔も今も「明るい学園もの」だけは受け付けません。登場人物がいっぱい出てくる感じの。
監禁ものは・・・単純に「お世話が大変だよね」と思います。トイレやご飯やお風呂や・・・。どれか一つでも疎かにすると抱き心地は低下しそうだもの。糞尿プレイもありといえばありだけど、「好き」の感情が高じての監禁だと無理があるかなーと。

ああ、徒然が止まらなくなってしまう。
ここらへんにして『聖母』の続きを読むとします。

で、読みました。




うわー、麻生!!
ああ、そういうことですか・・・。
その決断をもってしても、彼が「堕ちる」ということではないと思う。緑子のいうような意味では。
汚泥の中、ともに生きてしか見えない道もあると思うけど、麻生は、たとえ闇の中にその身を置いても、練にとって光なのではないだろうか。
本当に打算抜きで麻生は練のためなら死ぬことも辞さないつもりでいたのね。

愛と贖罪と、あとはきっと自己満足と。

ヤバイな、麻生。好きだ。

『月神』の手紙に和みました。さてさて、どうなるのか―。

『女神』で及川は名前のみの登場でした。及川の心境を知りたいけど、それは及川にとって辛すぎる結果だよな。
話の感想は・・・ジェンダー神話や母性神話、あと緑子の執着する「女であること」、そういった語りがどうにも過剰で押し付けがましい感じがしてしまいました。女だとか、母だとか、そんなことに一喜一憂する緑子に共感出来ず。残念。


「聖なる黒夜」

seinarukokuya.jpg

噂には聞いていましたけど面白さに絶句。

東日本連合会春日組大幹部の韮崎誠一が殺された。容疑をかけられたのは美しい男妾あがりの企業舎弟…それが十年ぶりに警視庁捜査一課・麻生龍太郎の前に現れた山内練の姿だった。あの気弱なインテリ青年はどこに消えたのか。殺人事件を追う麻生は、幾つもの過去に追いつめられ、暗い闇へと堕ちていく

骨太なミステリーなのですが、登場人物が・・・みんなホモ。
柴田よしきは初読みですが、正直驚きました。ここまで一般文芸で書いていいのか。
ごめんなさい、完全にBL視点です。それ以外では語れそうにありません。
いや、事件の根底には日本が抱える闇と、「冤罪」という司法が犯す大罪があるのですが・・・。

麻生!及川!おまえら可愛すぎるよー。なんなんだよ、この親父カップルは!!
上巻で灰皿を目にしたときから私は及川が好きでたまりません。麻生の残酷さというか、無意識のたらしっぷりに振り回される及川。マルボウらしい暴力性と、内に秘めた女性性。なんて素敵な脇役・・・。本当は麻生に抱かれたかったのに、体育会時代から染み着いたプライドに雁字搦めになっていた及川。彼の気持ちが登場人物中一番痛かった。だって、一番純粋に一途に愛を貫いているのは及川だもの。韮崎の強すぎる愛といい、練の言うようにこの二人は似ていたのかもしれません。

それにしても、性行為の描写が下手なBL顔負けの多さとバリエーション。もちろん下手に扇情的だったりはしていないのですが、それが最強に色っぽい。取調室の凌辱ですよ?(取調室といえば、麻生と練の抱擁も素敵ですね。ロマンチックですらある。おまけ短編の「歩道」を読むとまた妄想を掻き立てられます)

もちろん韮崎を殺した犯人探しが主軸なのですが、そこに麻生と練の愛と因縁が絡み合ってきます。二人の気持ちが通じ合っていく過程が!・・・というか元々想い合っているのでキスが、セックスが!
家で読んでいて本当によかったと思いました。外だったら「きゃー麻生!」なんて叫べないからね(笑)
一服盛った後の撮影シーンが一番萌えました。「気持ちよかったか」とシレッと言う麻生が好きだ。

ミステリ部分がしっかりしていなかったら、愛憎部分にしか目がいかなかったかもしれませんが、テーマもしっかりしていて最後まで目が離せません。上下巻1200ページという分厚さでしたが一気読みでした。
警察の正義とは、人の命は平等なのか、そして罪は償えるのか・・・。練のたどることになった過酷な人生に対して、麻生はこの先どう生きていくのか。ハッピーエンドとは決して言えない苦さのあるラストです。だって、練の本質は変わらないだろうから。それでも麻生は約束を守ろうともがき続けるんだよ。そして及川はそんな麻生を見つめ続ける。ああ及川・・・(練よりも及川が好きなので)

とにかく読めて良かったです。久々に没頭しました。


この話を読みながらずっとあるBL小説が浮かんでいました。
『さよならを言う気はない』(英田サキ)に主役2人の設定が似ています。
これも大好き。
攻めのケツを狙っているところも似ています(笑)

文庫には単行本に載っていない短編が掲載されていました。初恋って、同人っポイのりですね。 

本編ラストの麻生の言葉はプロポーズですよね。「一生かけて」って。
麻生は結局及川や怜子との関係を上手く築くことができなかった人で、彼の執着の無さや優しさが彼を愛する人を苦しめる。唯一執着のようなものを練に見せたことで、麻生の今後の人生が幸いなものになっていくといいなと思います。横にいるのが練なら尚いいけど。練、一棒一穴主義になっておくれ(笑)
麻生が興信所を起こすなら、その助手には田村なんていかがでしょう?情があって頭も良くて、脇役で終わらせるにはもったいない男だと思います。


他のシリーズにも麻生や練が出てくるそうなので、そちらも手を出してみようかな。
プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。