スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「誰にも言えない」シギサワカヤ

誰にも言えない誰にも言えない
(2010/11/30)
シギサワ カヤ

商品詳細を見る


久々の一般漫画感想。
シギサワ作品の区分は何だろう?レディコミ、耽美、エロ…そのどれもが当てはまるようで、斜め上にズレているような、不思議な作風の人だと思う。デビュー作からすべて読んでいるのだが、未だに自分がなぜシギサワ作品を読み続けるのかよくわからない。シギサワ作品の男女は割と簡単に身体を繋ぐ。身体から始まる関係もある。身体だけが繋ぐ関係もある。その関係性は私からは随分と遠く、理解だって及ばないのに、なぜか読みたくなってしまうのだ。
読むたびに驚くのは、こういった関係性を提示しようという強い意志を感じること。身勝手で情緒不安で強くて弱い女に振り回される男と、そんな男を愛してやまない彼女達。湿っぽくて下品すれすれでセックスが介在する関係。その遠さの正体が知りたくて読み続けているのかもしれないね。
ザラザラした読後感の後に何かを吐き出す気持ちになれない作品が多かったが、今作『誰にも言えない』は収録作すべて「好き」だと云える珍しい(失礼)作品集だったので感想を書いてみたくなったのだ。


「誰にも言えない」
いとこ同士の二人は幼いころに親戚達の目の届かない場所で、二人だけの陰美な秘密の遊びをしていた。大人の知らない子供だけの時間はその成長とともに終わりを迎える。窮屈な大人の集いの中で存在を無視され続けていた子供たちが、ある日、ふいに、大人達に見つかる。少年は酒をすすめられ、少女は給仕を任される。二人の道が分かれた瞬間の切なさや戸惑いが、大人達の笑い声の中でひしひしと伝わってくる。自分たちの行為の意味することに気が付いた二人は終わりを「選ぶ」のだ。それから十数年を経ても女は男としたことを忘れることが出来ない。互いに恋人が出来ても、心の奥に「何か」があり続ける。親戚だからと顔を合わせ、当たり障りのない会話を交わしながら、二人の間には逃れられない想いがある。男は結婚を決めていたが、女はそんな男をホテルに誘う。昔の遊びの続きをしようと。シギサワ作品の女たちは決して美人ではない。どちらかというと、流行りの服も着ず(たぶん、著者の興味関心外)飾り気のない眼鏡をし(たぶん、著者の趣味嗜好)、地味でぼんやりとしていて泥っぽいダサさがある。そんな女が性的な積極さを見せることのエロスというのかな。扇情的な描写ではないのに、匂いのようなものを感じてひたすらエロい。男の告げるわかりきった言葉で二人の人生は急転直下、強い意志でもって互いを「選ぶ」のだ。

「誰にも言わない」
ぼんやりしていると思っていた姉のくだした晴天の霹靂の一大決心により、人生の指標がだいぶずれることになってしまった妹の話。退屈な田舎を出て東京行きを漠然と夢見ていた少女は、姉が家を出ることによって家に縛られることになる。姉とは違い、竹を割ったような性格の彼女は明るい。合コンで知り合った彼氏を「なんでこんなヤツと」と思いながら、その真っ直ぐさに惹き込まれている自分を肯定したとき、彼女は姉の未来をとうに祝福し納得していることを自覚する。個人的にアホ彼氏がタイプでした、はい。姉妹の間にある辛辣さや愛情が素敵。

私の萌えポイントに昔から「地方都市の閉塞感」というのがあって、たぶんそれは自分が生まれ育った場所への愛憎のようなものと関係があるのだろうけど、何処にも行けずじりじりと息が詰まっていく感じが堪らないのだ。そういう状況を萌えとして消費していることへの罪悪感はあるのだけどね。表題作で描かれるソレは私のそんな欲求を満たしてくれました。

「エンディング」
女同士の恋愛の始まりから終わりの話。
私は百合物を嗜まないので、この話が「百合的」なのかよくわからない。でも、上司と年上部下、女二人の関係は妙にリアルだった。来るもの拒まずの上司は告白を受けて部下と付き合う。初めての同性の恋人は、女同士だからこそわかる狡さや可愛さをもったちょっと面倒くさい人だった。しっかり者の上司の口癖は「大丈夫」だ。二人の職業はSEなのだが、マネージャーの立場にある上司は部下の仕事の進捗具合を不安に思いフォローを入れる。その際に部下は「大丈夫です」と云うのだが、笑いながら上司はこう云うのだ。「あなたの大丈夫はわたしの次に信用できない」と。なんてことない仕事の会話なのだが、このやり取りのリアルさといったらない。部下の周囲の空気を読むことの出来ない浮き具合や、それを笑って流しながら不満や不安をためていく上司。誰にも言えない後ろめたい恋愛は互いの気持ちだけが頼りで心もとないものだ。同性だからこそ浮きあがる立場や給与の差によるコンプレックス。二人の関係にはシビアな金銭事情が背後にあるような気がして仕方なかった。「自分よりも稼いでいるのだからマンションを買えばいい」と云った部下の言葉は喧嘩の売り言葉に買い言葉だが、その悪意のようなものは胸に刺さる。
誰も「大丈夫」なんかじゃなかったのだ。同性同士の重圧に知らず押しつぶされていたのは二人とも同じで、その綻びは部下の両親が上司に会いに来たことで決定的になる。娘の恋人の正体に気付いている両親の不安げな様子に上司は「終わり」を決意する。二人には覚悟が足りなかった。同性と添うということは、常より覚悟が必要なことなのに。ラスト、葉書を送ってくるところにシギサワさんの女性キャラの「タチの悪さ」のようなものが凝縮していると思うな。それでもそこにあった感情は確かに「恋」だったのだ。面白かったです。



***

続きを読む

スポンサーサイト

「ファンタジウム⑥」杉本亜未

ファンタジウム(6) (モーニングKC)ファンタジウム(6) (モーニングKC)
(2010/09/22)
杉本 亜未

商品詳細を見る

「俺が字が読めないせいであのピエロが字を書けなくなった」。
難読症の障害を抱える少年マジシャン・長見良は、収録中の事故で西洋からくり人形を壊してしまう。
難読症を克服する決意をした良。その思いが人々の気持ちを動かしてゆく。


順調に刊行されている「ファンタジウム」も6巻目。
物語はいよいよ良くんの障害問題に焦点を当てるところにきました。

自分にとって何一つ無駄な出会いや言葉ないとでもいうように、貪欲なまでに周囲の大人の言葉や態度に全身を傾けて吸収しようとする良くん。「文字」で語ることの出来ない彼の世界はすべて、「文字以外のもの」で構築されているという事実にハッと気が付かされる。それは北条が云うように、とてつもなく孤独な世界だ。本や手紙にメールと、私たちの世界は文字で溢れていて当然のようにそれを使っている。手品の世界で多くの人に認められながらも、障害の話になると途端に良くんは閉じこもってしまう。進学の問題や将来のことを考えていないわけではないし、いつだって最良の選択をしよう、周囲の大人達はさせようと思うのだけど、やっぱりどこか逃げ腰だった。そんな良くんが文字を書くカラクリ人形を誤って壊してしまう。文字を書く使命を与えられた人形に深い感慨を抱いたであろう良くんは、自分の仕出かしたミスに凹み、もう字を書くことは出来ないかもしれないとまで思ってしまう。そんな折に紹介された「言語聴覚士」神村のもとで、良くんは障害を克服する決意を固める。この神村という男は人の心理を読むのに長けているのをいいことに女性をとっかえひっかえにする嫌な奴なのだけど、そんな気に食わない大人だからこそ、良くんは冷静に彼の与える言語聴覚士としての技術を吸収しようと決意したのではないかな。もちろん、これから良くんと神村は対話を深めていくだろうし(ラストの引きから展開が読めないけど)、神村との出会いを良くんは絶対に無駄にはしないだろう。続きが楽しみだ。

その前のクロスプロの落ちこぼれ3人衆との絆を深めて公演を成功させるくだりも素晴らしい。
直前に教わったサーカス・ファミリーマジックを足がかりに、同じように識字障害を持った“カール大帝”の話を事務所の社長の前でマジックとともに披露する良くん。彼の秘密を知る人も知らない人も、その語る言葉の強さに引き込まれる鮮烈な場面だ。彼を送り出す北条の「スペードのAの意味はオールマイティ 又はスペキュレーション――つまり最強のカードにして おまえは唯一絶対の切り札だ!」という言葉の通り、図らずも良くんは社長の心を動かすことに成功する。芸能の道を閉ざされかけた大人達が夫々の希望を見出すくだり、特に若い周(あまね)の目に宿った光の強さに感動してしまった。「わたしはまだ死んでいない」と呟いて披露したエアリアルの可憐さといったら!そして、彼女が良くんに云う「心を見せたら傷つくような……そんな世界なんて 自分を見つけて…突き抜ければいいのよね…?」という言葉と二人が交わした握手に涙腺が緩んでしまった。

感想を書こうとしても結局は『ファンタジウム』はとってもとってもいい漫画なんだよ!!という単純な言葉にかえっていくだけなのです(笑)人が自分らしく生きることの困難さと希望を真正面から教えてくれる教育的な側面も持っていて、なんというか、人生頑張ろうと思わされるんだよね(他に言葉はないのか…)
とにかく私にとっての希望のようなものなのです、『ファンタジウム』と良くんは。
どんなに素晴らしい物語にも終わりはやってくる。
それを考えると今から寂しくて仕方がないのだけど、それ以上に出会えて好きになれたことが幸せなので、その幸せを噛みしめつつ良くんの未来を見守りたいと思います。良くん良くん可愛いよ~!大好き!!

久しぶりに…

魔王 1―JUVENILE REMIX (少年サンデーコミックス)魔王 1―JUVENILE REMIX (少年サンデーコミックス)
(2007/11/16)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

全10巻。原作は伊坂幸太郎の同名小説(未読)
物語に徹底して流れているのは“自分で考えろ”というメッセージだ。

普通の高校生の安藤には幼い頃から人とは違う能力があった。彼の住む街では開発屋と熾烈な抗争を繰り広げる「グラスホッパー」という自警団が存在した。ある日偶然にも安藤はリーダーの犬養と接触することになる。市民を扇動し自らの信念とする計画を実行に移す為には手段を選ばない犬養。安藤はそんな彼のやり方に疑問を感じ、深入りしていくことになる―

熱しやすく冷めやすい、流されやすく責任転嫁ばかりの諸々の社会情勢に加担している一国民としての自覚がある身としては、なかなかに耳に痛いメッセージだった。これが新興宗教や不良グループの諍いといった規模の小さな話ならまだしも、国作りにまで視野を定めている犬養の存在を私は終始悪とも善とも決めることは出来なかった。対する安藤兄弟の戦い方やラストだって非常に曖昧で示唆的だ。何も終わってはいない。でも当たり前だ。私たちが生きて思考する限り、何かの“終わり”など訪れはしないのだから。私が考える「少年漫画らしさ」とは程遠い話だった。それは主人公の信念の向う先がわからないからかもしれない。現状を打破することだけに必死で先が見えていない彼の1章での退席は必然だろう。では終幕は?もう一人の“彼”が下した一撃の後に一体何が変わるというのだろう。それはわからない。ただ、群衆に一瞬のブランクを与えたことに意味があるのだろう。
サンデー連載中に何度か読んでいたのだが、まさかこんなに面白いとは予想だにしていなかった。主人公の敵が「悪」ではないという構造。ピカレスクロマンでもなく、とても小さな存在として主人公を描いていること。彼らにある「小さな力」は彼らを「異端」とするけれど、そこから逃げるも向き合うも自由なのだ。「死んでるように生きたくない」という言葉によって生きることを選んだ彼らの壮絶な戦いの行方を息付く暇もなく一気に堪能した。面白かった!

Waltz 1 (少年サンデーコミックス)Waltz 1 (少年サンデーコミックス)
(2010/03/12)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

Waltz 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)Waltz 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2010/07/12)
伊坂 幸太郎大須賀 めぐみ

商品詳細を見る


さて、なんで突然完結した少年漫画を読んだかと云うと理由はこちら!
現在ゲッサンで連載中の「Waltz」を読んだからなのだ。「魔王」では殺し屋として活躍をしていた“蝉”と呼ばれる青年と、彼の雇用主である“岩西”の出会いの物語。これがなんというか、ピンポイントで私の萌えにヒットしてしまったのだ!久々の二次萌えである(ちなみに合田シリーズはカウントされません)。「魔王」でも不思議なくらい岩西への依存度をチラつかせていた蝉。個性的な殺し屋が多く登場する話だったが、蝉に焦点が当てられたのも頷ける。なんというか、本当に二人の関係がヤオイ的で魅力的なのだ(笑)支配されていないと云いながら絶対に岩西からもらった携帯を手離さないあたりとか、依頼に失敗して岩西に切り捨てられると思った蝉の不安定さとか、狙っているとしか思えないよ…。
「Waltz」では孤独な不良殺し屋である少年が狡賢い大人に見出される過程を描いているのだが、「魔王」を知っているから安心して読むことが出来る。過酷な家庭環境に育ち人の命の重さがわからない少年は、流されるままに人を殺して生きている。定住もせず漫喫に寝泊りをし僅かな金の為に理由もわからず人を殺す。そしてある時気が付くのだ。もう長い間名前を呼ばれていないことに。誰も呼ばない名前。誰にも認識されていない自分。彼は自分が生きているのか死んでいるのかと自問自答する。評判最悪の殺し屋少年を岩西は「捨て駒」として活用しようと接触するのだが、初めて自分に熱心にかまう大人の存在に、出会った瞬間から少年の心は捕われている。そして、ミンミンと蝉のように五月蠅く喋るので「蝉」と名付けられる。その場面の絵なんてもう、どこのラブストーリーだよ!という感じ(違う)
兎にも角にも蝉が超可愛いのだ。ゴロゴロしてしまう。ツンツンしながらも必死で岩西の期待に応えようとする姿なんて本当にキュンキュンだ。なんというツンデレ!あっという間に夢中になってしまった。1巻と2巻の表紙を見比べると、彼の目つきが格段に和らいでいるのがよくわかる。ゴスチックな服装も見ていて楽しいし、大須賀めぐみさんは「魔王」がデビュー作だそうだが、表紙のオモチャ箱をぶちまけたような細かい描き込みといい、場面の見せ方といい、とても上手いと思う。それはスピン元の「魔王」でも強く感じたことだ。力がある。
どちらから読んでも大丈夫だと思うが、「Waltz」を読めば「魔王」を読みたくなるのは必至なので順番通りに「魔王」から読むことをオススメします。殺し屋達のピカレスクロマンである(と思う)肝心の「Waltz」本編もとても面白いので続きが楽しみ♪


「ファンタジウム⑤」杉本亜未

ファンタジウム(5) (モーニング KC)ファンタジウム(5) (モーニング KC)
(2010/03/23)
杉本 亜未

商品詳細を見る


早いものでもう5巻になるのですね。
今回の表紙はこれまでとはまた違った趣向で大変可愛らしい!
なんでも抽選で特製トートバッグが貰えるそうなので応募したいと思います(締切は5月末日)
これまでの感想はこちら(その① その②

4巻ラストでは困難な脱出マジックに挑戦することになった良君。因縁の鍵会社が作成した難攻不落の鍵を果たして破ることが出来るのかー!?なんてエンターテイメントなお話にならないのは毎度のことですね。彼はテレビ出演を大成功させ、一躍スターマジシャンの階段を昇り始める。1巻では家の工場で働きながら場末のカジノで荒稼ぎをしつつ公園で手品を披露していた良君が!と思うとなんだかお母さんのような気持ちになってしまいます。もう、良君が可愛くて可愛くて仕方ない(笑)。それにしても、「ファンタジウム」程なんの前評判も知らずに読み始めて、予想していた話と全然違って驚いた漫画はないです。手品を題材に据えながら、人の心の成長を丁寧に描いていく。良君にとって手品は唯一の「武器」だった。それは障害というハンデを背負った良君にとって、自分を活かし、世界と関係する為の武器だった。その手品のあり方が、この巻では大きく変化を迎えることになる。

自分を活かすものから、人を活かすものへ

おじさんが驚いたように良君はすごい早さで成長を遂げている。手品に対する向き合い方はもちろんのこと、おじさんの手を離れて芸能プロダクションに入ったことで彼は多くの人々と出会うことになる。芸能界は成功者だけの世界ではなく、光があれば影があるように消えようとしている敗者も多くいる世界。良君はそこで出会った3人の仲間と関わることで、自分が人の為に出来ることは何かということと真摯に向き合っていく。たった15歳かそこらの少年が、人よりも優れた才能を持っているからと奢ることなく世界を見つめている。彼が抱える識字障害はこの巻でもやっぱりそのままで、彼の中で容易に受け止めて解決されるような問題ではないのだけど、良君はもう、自分のことではなくて人のことを考えている。小さな身体にキラキラした瞳をさせてただ遠くを見つめる良君。この漫画には、人の痛みや汚さ狡さもしっかり描かれているのに、良君は決してブレない。それは痛みを知っているからなんだよね。普通と違うことがイコール劣っていることだと認識する世間と、彼は彼なりの方法で戦い、対話を続けてきた。それが今の良君の強さを形成しているんだ。その揺るがない姿はもちろん漫画的でもあるのだけど、日々揺らぎっぱなしの私には、良君の強さはとても眩しくて救いにすら感じられる。うう、特に山場でもないのにずっと涙腺が決壊しそうでしたもの。

手品によって救われた良君は手品で世界を変えることが出来るのか。
大切に想った人々を救うことが出来るのか。彼の活躍はまだまだこれからです。

それにしてもおじさん!すっかりマンションの住人(良君の帰りを出迎える人)になってしまって!おじさんがいるから良君は前に前に進むことが出来たのよね。強烈な芸能プロのマネージャ(でもイイ人!)に押されて出番も存在感もますます薄いおじさんですが、引き続き私はおじさんの行く末も楽しみにしています。ちなみに「おじさん」と良君が呼んでいるだけで、良君の保護者兼元マネージャーである北條はまだ20代の若者でございます。

杉本先生の絵柄はどちらかというと地味で華があるタイプではないのですが、良君達が漫画の中で生きているのがしっかり伝わってくる。漫画というエンターテイメントも良君が目指すマジックと同様に、受け取る側の「救い」に確かになることがわかる作品だと思います。人間っていうのは、優しくて、強くて、そして美しいなと良君を見ていると思いますもん。
ああ、大好きだよ良君!(私、本当に彼が大好きなのです~!!)

言葉足らずですが心からおススメします!



<追記>
お友達のぺこさん宅(「ぺこの徒然日記」http://pecolife.blog67.fc2.com/)でも紹介をされていますが、「ファンタジウム」の公式サイトで1巻第1話目の動画が見られます!これがまた素晴らしい仕上がりで、涙がこみ上げてきました。読んでみたいけどどんな話か知りたいという方は必見です!!

公式サイトはこちらhttp://ryomagic.com/

続きを読む

この漫画が凄い!

そういえば新年明けてから「徒然雑記」を書いていないのですね。
拙宅の雑記を楽しみにして下さっている奇特な方はいらっしゃらないと思うのですが、私はブロガーさんが箸休め的に更新される雑記が好きだったりします♪好きな作家の日常エッセイが好きな感覚と同じですね。
現在実家に帰省中でヒマを持て余しているので、ヒマつぶしに雑記など書いてみます。
と云っても堅苦しくなりそうな先の条例問題ではなくて、とりあえず叫んでおきたい漫画に出会ったのでその叫びをば。
え~と、本が手元にないので本当に叫びだけなのですが(笑)
以下、ドアップ注意(たたまない時点で意味なし)


進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)
(2010/03/17)
諫山 創

商品詳細を見る



だ、大丈夫ですか。
すっごく気持ちが悪い表紙ですよね!安心してください、
中身はもっと気持ちが悪いから!!
内容は「巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう」という巨人(異性物)襲撃パニック漫画です。
これが面白いのなんのって!なんて云えばいいのかな、不条理系戦闘漫画としては「ぼくらの」(鬼頭 莫宏)に近い雰囲気を感じるのだけど、とにかく1巻では人類に打つ手は何もない。おまけに、謎とされている巨人と外の世界についても何一つ明かされない。その絶望感たるや、ちょっと今まで見たことないぐらい凄まじい。本当に少年漫画で連載されていたの!?と思うぐらいに希望が見えない。(連載が別マガと聞いてちょっと納得)
おまけに1巻ラストでまさかの・・・・・・絶句するしかない

絵はハッキリ云ってヘタクソというか非常に不安定。でも、その鉛筆描きのようなラフで薄い線が作品の不安感をこれでもかと煽りまくる。「フリージア」(松本次郎)と似たような効果を感じるかな。そう、全体的に「IKKI臭」が漂っている。少年漫画のお約束的展開を一切合財無視して突っ走ってくれそうな予感むんむんです。恥ずかしながら単行本が刊行されるまで全然知らなかったのですが、ネットでは既にかなり話題の模様。
これは今後更に大きく話題になると思います。だって面白いもの!!

ふう、以上叫びでした(笑)



プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。