「君といたい明日もいたい」沙野風結子

kimitoitai.jpg
唯一の家族である父を水没事故で亡くした大学生の恵多。そのショックから部分的な記憶を失い、水たまりを見ると時々、身体が動かなくなる発作を起こしていた。そんな恵多を優しく見守る、叔父の章介の愛情を恵多は嬉しく感じていたが、ある時、それが全て父の会社を乗っ取る策略であると知る。詰る恵多の口を封じるかのように、静かな激情を漂わせ、無理やり身体を嬲る章介。いけないと思いながら身も心も焼き尽くす、強い快感に支配され…。叔父×甥の禁忌愛。

突然ですが、私にとってルビー文庫といえば「富士見」ではなくて「鬼塚ツヤコ」だったりします。今ほど小説を読んでいなかった学生時代にプランタン出版のプラチナから鬼塚さんにハマり、気付けばルビーも全作読破していたという(ま、2作しかないのですが)。BL小説イコール基本エロ小説って思っていたのは、間違いなくあの頃の読書のせいだわ。ニアっぽいのってあまり記憶にないもの。
今回久々にルビー文庫を読んで思ったのは、エロ規定がもしかして(しなくても)他のレーベルよりもかなり高い?っていうかエロがメインのレーベルだったのねってことです。何を今更って笑われるかもしれませんが、鬼塚さんしか知らなかったのでアレを著者の色だと思っていたのですよ(いや、確かに鬼塚さんはエロ作家だけどさ)。ルビーって「起承転結」を「エロ」で描いてるイメージです。
出会ってエロ→心が通じかけてエロ→誤解が生むすれ違いでエロ→大団円でエロみたいな。

昔はね、エロがないと正直物足りなかったですよ。今も気分によってはそうだけど、エロとセンシティブの周期がどんどんセンシティブ寄りになっていくというか・・・。だから期待して読みたい「エロ」を与え続けてくれる作家さんは、それだけで貴重な存在だと思います。
微妙な上に長い前置きになりましたが、久しぶりの沙野さんは大変萌えました♪
しかし、その萌えどころとエロ描写の秀逸さについては発言がアレになりそうなので省きます。要は、3年間セルフ焦らしプレイを続けた攻めの章介がめちゃくちゃ萌える!!ということです。焦らしの内容がタオルで身体を拭くだけなのに、そのエロスといったらありません。二人の気持ちが通じてからもですが、すべてにおいて沙野さんの性愛表現は一歩上級というか、いつも驚かされます。言葉の選び方、煽り方が上手ですよね。二人がしていることに合わせて、文字面も意識して扇情的な文章を組み立てているように感じます。とても良い。だからこそ恵多の大学生活描写は読んでいてちょっと辛かったかな・・・グループ交際とか合コンとか沙野さんの小説で明るい学生生活はどこか違和感がありました。あと正直云うと、キャラクタ面では沙野さんが描く恵多タイプの受けはどうも苦手なのです。「蛇」の凪人や「獣の妻乞い」の受けのようにメンタル的に「甘ちゃん気味」というか、沙野さんは割と「庇護する者、される者」の構図が明確な話が多いように思うのですが、この話もそうでしたね。それでも萌えに萌えたのは、章介の影の我慢ぶりが素晴らしかったからです。っていうか、この人家の中ではわざとダサイ格好していたとあるけど、普段から家では手抜いていそうに感じましたよ。なんというか、あまり男前オーラを感じなかった(笑)過保護を通り越してストーカーチックだし、恵多に振られた時に恋敵を前にして涙を流しますからね!どちらかと云えば、策略家ではなくてヘタレ気味の男のようにも感じてしまいました。それがまた萌えでした。そしてヒゲクマ時の章介がまた容赦ないヒゲクマで、それもまたまた萌えでした!
全体的な話の構成も面白かったです!良いものを読みました♪


余談ですがダラダラ考えた事があるので以下にたたみます。

続きを読む

「赫蜥蜴の閨」

tokage.jpg
誰が何と言おうと今年のマイベスト!


いや実際叫ぶぐらい好きなんです。このヤクザ本が。
この話が「好き」と言いたくてブログを始めたぐらい(笑)


高柳商事大阪支社長の高柳光己は、英国人の血が混じる端麗な容姿に美しい妻…と、誰もが羨む人生を歩んでいる。しかし、会社のために自分を利用する社長の養父や、我が儘な妻に振り回され、光己は鬱屈した日々を重ねていた。
ある日、光己は妻の浮気をネタに熾津組の若頭、熾津臣に強請られ、凌辱されてしまう。なぜか執着され、執拗に繰り返される行為に光己は理性を徐々に蝕まれていく。だが、次第に奇妙な解放感と安らぎを感じるようになり…。


『蛇淫の血』『蛇恋の禊』『蜘蛛の褥』から成る「岐柳組三部作(虫編シリーズ)」のスピン的作品です。 『蜘蛛』で沙野さんにハマったものの、子蛇組長がどうも好きになれなかったこのシリーズ。
しかしこの『蜥蜴』は本当に本当に私の好みにドンピシャでした。

私が求めるヤクザBLのすべてが詰まっていると言っても過言じゃないこの作品。
無体を働く理由も凌辱の内容も申し分なかった。
容赦ないヤクザ者、臣の粘りつくような関西弁と色気漂う「ザラッとした」声が耳元で聞こえてきそうですよ!(危ない)臣の台詞すべてを抜き出して堪能したいぐらい素晴らしい。関西ヤクザ最高です。エロも場末のラブホテル、スパンキング、衆人環視のセックス、そして山場の青姦。
どこをとっても素晴らしすぎて上手く言葉に出来ません(本当に危ない)

しかし!その臣以上に私を虜にしたのが受けの光己です。
この光己の何がいいって、とにかく強いんだ。
精神的にも肉体的にも本当に強靭で、ヤクザ物相手の負け戦に、気持ちの上では全然負けていない。身体を好き勝手にされながらも虎視眈々と挽回の機会を窺っている。その強かさにやられました。「攻めでもいけそうな受けを目指した」と沙野さんのブログにもあるとおり、光己が本当にカッコイイ。
受けに「抱かれたい」とか思ったの初めてなんですけど(笑)

そんな光己が一度だけ精神的に崩れて臣が光己を宅に連れ帰るのですが、その後のエロシーンといったらないです。騎乗位で腰を振る光己と光己のモノを握って臣が言う台詞が「コウちゃんの、デカくてエロいのう」ですよ!関西弁エロス!それまでも光己のモノがデカいという描写はあったのですが、受けの性器の大きさを強調することが、こんなにもエロいとは!!新しい発見でした。

エロだけを強調したいわけではないのですが、ヤクザBLの素晴らしいところは「エロとの両立が小説の中で丁度いい具合」なところではないでしょうか。自分で書いて成程と思っています(笑)
堅気のお仕事の人が拉致って凌辱なんて、その後の人生捨てるつもりですかって感じだもの。
どんな無体をしても「あー、ヤクザだからネ」で納得してしまうマジック!

しかし、只のエロで終わらないのが沙野作品の凄さ。
二人の気持ちが寄り添っていく過程が見事に書かれています。
臣のトラウマと光己の育ってきた環境と―その二つがうまい具合に絡んで、しかもその絡み方に臣の狂気的な一面を覗かせて・・・。
利用され、搾取され続けた光己は臣の手を取りこう思うのです。
「いつだって求めていたのは―現実を生き抜く力だった。そして、互いに力をそそぎ合って添い遂げられる誰かだった」

「愛している」「好きだ」なんて言葉は二人に似合わない。
ともに生き、ともに死ぬーそんな言葉がしっくりきます。
私の中では、臣の屍の前で納得したように微笑む老年の光己、という絵まで出来上がっていますとも。穏やかな死を迎えることのなさそうな臣と、その臣の側に添うことを決めた光己。二人の蜜月が少しでも長く続きますようになんて願ってしまいます。

ああ、好きだー
プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード