スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「HOME」木原音瀬

HOME (Holly NOVELS)HOME (Holly NOVELS)
(2010/12/11)
木原 音瀬

商品詳細を見る

長い間、片想いしていた男が死んだ。篤は、男が育てていた姉の子供・直己を彼と思い引き取って育てはじめるが、心を閉ざした子供は篤に懐かなかった。やがて少年は大学生にまで成長したが、相変わらず何を考えているのかわからない態度や容姿には、愛した男の陽気で優しい面影はなかった。篤は役目が終わったことを感じ、見合いを決める。しかしその夜、直己の態度が一変し…。衝撃の問題作、ついに新装版で登場。

楽しみにしていた木原さんの『HOME』!
怖々読み始めたのだけど、とても好きになりました。
しかし上手くまとめられる気がまったくせずダラダラ長文に…。

以下、ネタバレ注意。

すごく面白かった。
物語の中で起こる出来事と登場人物の感情に、何一つ「なぜ?」と思うところがなかった。
というのも、私は木原作品を読むときかなりの確率で恋愛に至る状況に肯けないことがあるから。木原さんが描く関係性というのはデビュー作から徹底していると思う。簡単に云ってしまえば、「(社会的or人格的)に、こんな男を好きになる人はそういないだろう」という人物を登場させ、恋に至る過程を描いている。それは素晴らしい感情の転換で、嫌な奴だった男が次第に可愛く思えてくる様子など読んでいてとても心地が良い。それは「自分だけが彼を理解している」という優越感を満たしてくれるからかもしれないね。でも、「どんなに嫌な人でも何かひとつ好きなところがあればそれは恋に成り得る」という人間感情の不思議に、読者である私は「果たしてそうだろうか?」と思う事もあったのだ。もちろん木原作品を否定しているわけではないし、BLフィルターが掛りにくいというのも一因だろう。

『HOME』で描かれるのは薄ら寒くなるような「家族」の姿だ。
「家」という密室で起こり得るマイナス方面の愛情について、これでもかと突き付けてくる。
篤は好きだった男の血を引いているから、という妄執に近い理由で血の繋がらない直己を引き取り育てる。死んだ双子の弟へのコンプレックスから篤は他者から愛されているという自信もまったく持てないまま大人になった。愛情表現に乏しく懐かない子供への関わり方もわからない。責任感の強い篤は直己に対して「衣食住」の世話を欠かしたことはなく、それは直己が大学進学を決める年齢になっても何一つ変わることはなかった。家事の一切を引き受け仕事をしながら当然のようにそれをこなす。篤の行動は保護者として不足のないもののように一見思えるのだが、そこに肝心の「愛情」がなかった。まったくなかったかというと私は違うと思うが、子供に伝わる形での愛情は、なかった。死んだ男の影をいつまでも追い続ける篤には直己自身と向き合う気持ちがなかったのだから。篤は歪で身勝手で優しくて哀しい。一方直己は、母親が死に、叔父と恋人が死に、篤だけしか頼る者がいない環境でまるで食事だけを与えられて飼い殺しのようだと感じながら成長をする。愛していないのに何故引き取ったと篤を責める直己もまた、可哀相な子供なのだ。

まともな会話はなくても食事は必ず共に取り、篤はご飯を作り直己は食器を洗う。
二人だけのHOMEで二人だけの粛々とした生活を続ける。何かの苦行のように。そんな生活に先に音を上げたのは篤の方だった。見合いを決めた篤を直己は酷い暴力で犯す。家というのは密室だ。そこは決して万人にとって心安らげる場所ではない。それでも家という形が目の前にあれば、人は帰らざるを得なくなる。激しい嫌悪を覚えた篤は直己のことが怖くて怖くて仕方がなくなる。その怯え方はトラウマといっても過言ではない。二度と会いたくない、顔も見たくない、別々に暮らしたい。そう願うのに、篤は「自分がいないと死んでしまいそうな」直己のことを放って置くことが出来ず家に戻る。友人の立原はそんな篤を怒るが、彼の言葉は篤には届かない。友人の言葉よりも家族を選択してしまう。

暴力を受けても、恐怖に震えても、家族だからとHOMEを選ぶ。
それはとても怖いのだけど、でも、どこかわかる気がする自分がいるのだ(気がするだけよ!)
最初に書いた「なぜ?」がないというのはそういうことだ。
暴力と愛情は相反する行為のはずなのに、それをうやむやにする効力がHOME(家族)にはある。
認めたくはないが、確かにあると思うのだ。

直己は篤を「母親」にすると同時に「恋人」にしたかった。
私がその感覚にも疑問を抱く余地がなかったのは、多分に「ありそうなことだ」と思ってしまったからだ。
身の回りの世話をさせ、自分だけを愛するように強要し、自分もまた強い強い愛情をぶつける。子どもの頃に出来なかった甘えの形を、直己は大人になってから篤にぶつける。その愛情の種類がいつしか度を超えていたとしてもそれは仕方がないことのようにも思えてくるのだ。どちらも悪くて、どちらも悪くないのだ。
偽善的な独りよがりの行為だと篤は直己を引き取ったことを後悔するが、彼は決して途中で放棄をしなかった。でも愛情が足りないせいで直己が歪んだのは悲しいけど多分事実なのだ。その上手くいかなさが、家族のリアルだと思うんだ。怖いのだけど哀しくて、とにかく夢中で読んでいた。

二人の関係は変化を続ける。
篤は直己が死にかけて漸く直己への感情を恋愛だと自覚する。本当はもっと前から気が付いていて見て見ぬふりをしていたのを、やっと認めるのだ。かつて恋した男は「顔が同じ」であるはずの双子の弟を生涯のパートナーに選んだ。弟よりも自分のことを好きだと云う人間はいなかったという自虐に捕われている篤にとって、直己の言葉は素直に嬉しいものだったのだ。家族から恋人めいたものへ、事態は良い方向に動きそうになるが、そうはいかない。
直己が交通事故に合い、それまで示した甘い愛情表現の一切をしなくなり家に引きこもるようになるのだ。一瞬開けたかのように思えた彼らのHOMEは、また地獄の密室へと逆戻りをする。家族だから、恋している男だから、と献身的な世話をする篤の様子は、ただ衣食住の世話をしていた子供の頃と変わらないように直己の目には映ってしまう。実際篤は仏頂面の直己との対話をすぐに諦め、あろうことか飲酒を始める。酔っていなければまともに向き合うことも出来ず、話す内容は当たり障りのないことばかり。篤はやっぱり愛し方がわからないままなのだ。

篤は「顔」に縛られている。直己に男の姿を求め、「弟と同じ顔なのに、なぜ」と繰り返す。
この篤の負の感情が後に報いとして直己の行動に返ってくるのだ。実は、私はこの直己の行動を予想していたのだ。なぜなら既読の方が一様に「痛い」と云っている理由がわからなかったから。で、つらつら考えるうちに、きっと直己はこうするに違いないと思ったら当たったので驚いた。
狂ってると云ってしまうのは簡単だけど、愛情と憎しみを極限まで募らせた結果の直己の行動は、篤が云うように酷く悲しい。直己にとって「自分」などというものは端からなかったのかもしれない。ただ、篤に「愛されよう」とする子供が居ただけで、彼の自我は「表面」を含んではいなかったのかもしれない。もしくは盛大なあてつけであり、復讐かな。それでも極端すぎる彼の行動は「子供」のソレだ。篤は既に男の「顔」など求めてはいなかったのに、彼は死ぬまで愛されながら断罪されることになるのだ。怖い。とても怖くて外から見れば狂っているような二人なのだけど、彼らは時に激しい後悔に苛まれながらも、きっと、多くの幸福な瞬間を積み重ねていくのだ。


面白かったです。
すごい本を読みました。


続きを読む

スポンサーサイト

「さようなら、と君は手を振った」木原音瀬

さようなら、と君は手を振った (Holly NOVELS)さようなら、と君は手を振った (Holly NOVELS)
(2008/06/20)
木原 音瀬

商品詳細を見る

従兄弟の啓介が田舎から上京してきた。誠一は後ろめたく感じていた。十年前の夏、啓介と恋に落ちた誠一は、高校を卒業したら迎えにくると約束した。それなのに反故にしたからだ。しかし再会した啓介は過去には触れず、優しい笑顔で誠一に微笑むだけだった。責められないことで安心した誠一は、優しく抱き締め甘えさせてくれる啓介のもとに頻繁に通うようになり…。

既読の木原作品で一番痛いものは?と問われれば迷わず『WELL』と答える遅れてきたBL小説読みです。
なんでも来月木原作品最痛作品『HOME』が新装版で刊行されるということで、今月は心の準備という意味も込めて木原月間にしようかなと。手始めに『薔薇色の人生』を再読し、こんなに幸福なBLだったかと大変良い気持ちになりました。最初に読んだ時はモモが攻めということに納得がいかず入り込めなかったのよね。好みからするとやっぱり受けがいいのだけど、ロンちゃんを見つけたモモは人生大逆転に成功したわけで、なんてファンタジックでロマンチックな話だろうと温かくなってしまった。

前置きはこのぐらいで、次に手を出したのがこちらの『さようなら、と君は手を振った』だったのです。

たぶん痛くはない。が、主人公の二人がある人物に対して行った事が私の考えからするとあまりに酷くて、『WELL』に次いで苦手な作品かもしれないと思うと同時に、非常に面白く納得のいく展開に驚いてしまったのでした。
偶然にもお世話になっている方のブログで、苦手な設定は「意味のない子持ち設定」とお答えされているのを拝見して、それは私も同じだなぁとブンブン頷いてしまった矢先に読んだので余計に考えてしまいました。「子供」が出てくる必要があるのは構わない。「母親」が不在なのも構わない。ただ、安易に個々人の恋愛物語を紡ぐ際の「目撃者(容認者?)」として子供を登場させたのであれば、その子供が将来的にその体験を踏まえてどんな人間に成長をするのか、それは子供にとって幸いなことになるのか、または、ならないならならないでその覚悟があって物語を紡いでいるのかという非常に鬱陶しいことを考えてしまうのであります…。子供がいない私の言葉なので薄目で読み飛ばして頂ければ幸いなのですが、一人の親である以上、たとえ嘘でも「一番愛しているのは子供であるお前だよ」と云うのが親の義務だと思うのですよ。嘘はそのうちバレるかもしれない。でも、誰の為の嘘だったか理解する力が付いた頃にバレるのであればまだ救いはきっとある。誰かを好きになったことがない、恋愛も知らないうちから親にとっての一番が自分ではなく赤の他人であると知るのは本当に辛いことだと思うのです。でもそれは、理想論でしかないんだよね。

啓介にとっての一番は昔も今も変わらずに誠一だった。誠一は都合のいい男として啓介を散々利用した挙句に、自分が捨てられたと勘違いをして恋を自覚する。何も求めない献身的な啓介の愛は、求められるだけ与えて与えて与え尽くしてもなくなることがない。しかも見返りを求めない分、誠一から自分に向かう気持ちにはとことん鈍感だ。献身的な愛はただ心地よく溺れているうちはいいかもしれないが、相手にも何かを与えたくなった時に残酷だ。自虐的なまでに相手の気持ちを疑い、この幸福は未来永劫続かないと勝手に絶望し、一人で泥沼にはまり込む。この啓介という男が本当に鬱陶しくて(笑)、とっても嫌な奴に描かれている誠一の方に肩入れしてしまったぐらいだ。そもそも私は「攻めに健気に尽くす受け」というのが好きではないのだよね。登場人物を好きになれないのなんて木原作品では当たり前(そう云い切れてしまえるって凄いね)なので気にはしていなかったのだが、物語終盤の展開に眉間に皺が寄って仕方なかった。
啓介は誠一を振り切って家業を継ぎ結婚をし、その後妻は男を作り子供を連れて出て行ってしまう。その子供が、妻の他界によって呆気なく啓介の元に戻ってくるのだ。啓介は自覚している。誠一以上に子供を愛せるわけがないと。理屈抜きで本能で知っている。出て行った妻との間に作った実の子供よりも、誠一の方が大切だと。自分の気持ちに嘘が付けない啓介は誠一の元から黙っていなくなる。息子との二人での生活を選択する為だ。
再会→別れ→再会→別れ→再会を繰り返す二人だが、二度の別れとも啓介は黙っていなくなるのだ。「蒸発」という行為の暴力的なことをこの男は理解していないのだろうか。消失は喪失とは違うということがわからないのか。(追記、高校生の頃に連絡を途絶えさせ田誠一への無意識の復讐でもあったのかもしれない)しかしそれよりも読んでいて気分が悪かったのは本当のラストだ。簡単に見つかった啓介を誠一は、息子の見ている前で無理やり抱くのだ。見るなと叫ぶ啓介を押さえつけて、見ておけと言い放つ。たかが恋愛である。その恋愛を成就させる為に「子供」をこんなにも踏みにじった話を私は知らない。でもそれ故に、非常に納得をしてしまったのだ。先に理想論だと自分で云ったけど、親だからといって子供を一番に優先できるとは限らない。大人だからといって子供を大切に出来るとは限らない。現実を見渡せばそんなことはあまりに当たり前すぎて今更口にするまでもない。でも、優しい物語の親子と恋人は悲しい現実など無いかのように幸福そうだ。それはそれで構わないのだが、でも「if」のことを考えてしまう自分がいた。「もし、子供が二人の恋愛を容認しなかったら?」の「if」である。

これで終わりだったら非常に読後感の悪い物語だったと思うのだが、救いは息子(貴之)が主人公の続編(「空を見上げて、両手広げて1,2」)にある。続編の主人公に彼を置いたところが木原さんが木原さんたる所以だ。凄い。貴之と父親である啓介の仲は上手くいっていない。決定的な決裂はしていないが、自分よりも恋人である誠一を選んだ父親と、貴之はどう折り合いを付けてよいのかわからないまま成長する。自分を一番に愛してくれる他人の温もりを求めて、啓介の友人である柊のもとに入り浸る。この、息子が父親のことを許さないまま成長している姿に私はやけに納得をしてしまったのだ。彼が求めたのが柊であるという部分はちょっと小説的だなぁと思わなくはないが、「幸せそうではない」子供の姿を見せてくれたことが嬉しかったと云うと語弊があるが、嬉しかったのだ。子供の頃から男と男の性交の気配(ときには音)を察知しながら、しかもその「愛情」からは疎外されていると感じながら育つ子供が捻くれないわけがないのだ。中学生の彼は柊との関係に溺れる。
本当の大団円(?)は続編の続編までお預けだが、成人をして漸く「他人への愛」を優先せざるを得なかった啓介の心境を貴之が想像出来るようになって、和解まではいかなくても、少しだけ近づけたのであれば親子にとって十分だと思うのだ。貴之の恋が成就するかどうかは別にして、私はこのラストを幸福だと思った。






続きを読む

「月に笑う」木原音瀬

tukiniwarau1.jpgtukiniwarau2.jpg

路彦は、深夜の教室である事件を目撃してしまう。それ以来、事件のことを探りにチンピラ信二が学校周辺をうろつき始めた。ひ弱な優等生と小さな組のヤクザ―年齢も環境も大きく違う二人なのに、知り合ってみるとなぜか奇妙な友情関係が芽生え、路彦の未成熟な心と体に、信二の存在は唯一の安らぎとなっていくのだが…。二人の出会いから九年の歳月を描く超長編。 (上巻)
組を移った信二と、大学に進学した路彦。それぞれの新たな生活が東京で始まったが、二人の関係は穏やかに続いていた。組に疑似家族を求める信二は、組長の息子・惣一につくことになって以来、洗練された惣一に傾倒していく。しかし、組の仕事に路彦が偶然にも関わりつつあると知り…!?失ったものを取り戻すんじゃなく、お前が心底欲しかった― (下巻)



またまたしっかり発売日に読んでしまいました。
対になる表紙を見た時から予感と期待はしていましたが、これ程とは!!
まさかの木原さんでBL力(?)回復という事態に戸惑っております(笑)
とても面白かった!!


続きを読む

「夜をわたる月の船」木原音瀬

yoruwowataru.jpg
ある日河瀬は上司の柴岡に人事異動をたてにセックスを強要された。どうしても企画部に異動したい河瀬は、たった一度寝るだけで自分の望みが叶うならと、嫌々ながらも男の条件を呑んでしまう。しかし、企画部に異動になったのは河瀬ではなかった。河瀬は自分の体を弄んだ柴岡を憎み、殺意を抱く。…それから数年後、河瀬は北海道支社長になった男に再会し…。心の闇を描いたヒューマンラブストーリー。


しっかり発売日に読んでしまいました。
長くなった上に微妙な感想です。心の広い方のみどうぞ。




続きを読む

「FRAGILE」

突如として「表参道のフレンチでランチ」なるものをすることになり慌てふためいているyoriです、こんばんは。何が慌てるって場所もさることながら「ドレスコード」が存在するということ。な、なんですか?「セミフォーマル」って。自慢じゃないけど普段基本的にパンツしか穿かない人間なのでワンピースなんて持っていませんよ?しかも身長がアレなため普通の店で合うのを見つけるのは至難の技。その上約束の日まで休みがない!いやー、困ったね。どーすんだろ。スカートでもいいのだろうか・・・。
普段いかに自分が狭い世界でヒッソリコッソリ生きているかわかりますね。青山とか表参道とか代官山とか、誘われなきゃ絶対に足を踏み入れないよ。自ら進んで赴く都心が池袋か上野というのは本当女としてどうなんだと思います。ま、いいんだけど。
フレンチレストランといえば「愛と混乱のレストラン」を思い出します。生きてきた経緯はどうあれ、久我も理人もああいった場に似合う人間なんだよね。スーツを来た久我は自然体で堂々としていて風格すらあって。でも理人は必死であの世界を自分の物にしようとした努力でもって「場に似合う」大人の男になった。そういった理人の意地らしいともいえる努力を私は改めて尊敬しますよ。TPOぐらいは心得た人間になりたいものです。

さてさて。
一昨日あたりに読み終わって感想書きたくて仕方がなかったのだけど、どーも疲れて頭がまわらない(いつもだけど)ので手短に吐き出します。
fragile.jpg
大河内の人生は、バラバラに壊されてしまった。一人の男の手で―。才能あふれる部下・青池を嫌い、一方的に蔑ろにしてきた大河内。我慢の限界を迎えた青池は大河内に襲いかかるという事件を起こし、社を去っていく。目障りな存在がいなくなり安堵したのも束の間、ある夜、その青池が大河内の自宅で待ち構えていた…!大反響の雑誌掲載作に大量書き下ろしを収録。二人が踏み込んだ愛憎の迷路のたどり着く先は―。

読み返す日が来るとは思いもよらなかった。
無性に「男が男に与えられる暴力の話」が読みたくなって最初に思い浮かんだのはこの本でした。
1年前の私は何を思ったかな・・・とにかく「木原さん、怖っ」となって本棚の奥に突っ込んでしまったかな。精●がけドッグフードは何度読んでも強烈すぎて乾いた笑いさえ出そうだよ。
大河内は嫌な奴すぎて、青池は同情の余地がないぐらい普通に壊れているので(私の認識では)まったくもって感情移入の仕様がなく、BL的な萌えも皆無な話だと思うのですが、面白いんだよな。グイグイ読ませられるという意味での面白さね。ただ一つ強く感じたのは、大河内の感情を木原さんは後書で「愛情」だと仰ったけど、私は絶対に違うと思う。アレは暴力の末に諦観の境地にたどり着いた人間の開き直りの姿勢であって、あの二人のパワーバランスはともすればすぐに逆転して再び流血沙汰でもなんでも起きて、どちらかが死んでようやく終わるような関係だと思う。そう考えた時に、もうどちらも本当に好きでもないし、いっそ「どーでもいい」ぐらいに思う二人なのだけど、それでも私は大河内に生き残って欲しいと思うんだよね。すっごい嫌な男でモラハラ野郎だけど、それ以上に青池の行為は所謂BLの監禁をあまりに逸脱しているんだよ。マワシはしなかったけど他者を介入しての凌辱行為に及ぶじゃないですか。自分を性的対象にする人たちの目の前で。ああいった暴力を許さずに「死ね」の置手紙一つで消えた大河内の仕返しは、正直胸がすく思いでしたもの。
大体青池は自分が壊れる前に何らかの手を打つべきだったのよ。モラハラ男をそれでも「好き」とか言っている時点で意味不明だけど、上司に訴え出るとか転職を考えるとか、もっと建設的な考え方が出来なかったのかと思う。素晴らしい企画書作る才能があるんだから自分と大河内の関係を冷静に見つめて切るぐらい出来なかったのか。

あらら、なんか正論を吐き出しただけになってしまったような。
個人的に挿絵の方が好みじゃなくて逆に助かりました。そのおかげもあり、ほっとんどBLとして読まずにいたので。しかし愛はないと思うけど、面白い話には違いありません!やっぱり木原本はスゴイですね。
プロフィール

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL.猫かぶってみても、結局たどりつくのはそこなのです。感想は基本的にすべてネタバレ注意です。拍手&コメントありがとうございます。拍手コメントは該当記事のコメ欄にてお返事いたします。リンクフリーですがご一報頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。