スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『黄金を抱いて翔べ』

お久しぶりですyoriです、元気です!
「黄金」映画を観てきましたのでザザッと感想を!
ネタバレしますのでご注意くださいまし。

***

続きを読む

スポンサーサイト

文庫版「レディ・ジョーカー」

レディ・ジョーカー〈上〉 (新潮文庫)レディ・ジョーカー〈上〉 (新潮文庫)
(2010/03)
高村 薫

商品詳細を見る

レディ・ジョーカー〈中〉 (新潮文庫)レディ・ジョーカー〈中〉 (新潮文庫)
(2010/03)
高村 薫

商品詳細を見る

レディ・ジョーカー〈下〉 (新潮文庫)レディ・ジョーカー〈下〉 (新潮文庫)
(2010/03)
高村 薫

商品詳細を見る


一巻読むのに5日、都合二週間かけて「LJ」文庫版、ようやく読了しました!!
「福澤三部作」が文庫本になる日は来ないと踏んでいるのでこれで本当に合田ともお別れかと思っていたら、今月の「サンデー毎日」から高村先生の新連載(「新 冷血」)が始まり、彼が出てくるという情報が。まだまだ終わりじゃない!

ブログも書けない、他の小説も読めない、だけど手元の小説について語りたいことは山のようにあるという大変幸せなストレスを溜めこんだ結果のダラダラ雑文です。まともな感想にはなっていませんのでお暇な方のみどぞ。
もうちょい整理とか推敲とか、とも思ったのですが、こんなに興奮する読書も滅多にないのでご容赦くださいまし。
当然のことながらネタバレ注意です。

続きを読む

「カワイイ、アナタ」高村薫の衝撃

InvitationInvitation
(2010/01/10)
江國 香織川上 弘美

商品詳細を見る

八人のミューズがささやく八つの物語。とてつもなく甘美で、けっこう怖い…絶品短篇小説館。

新刊案内を見た時から気になっていたのです。
このメンツに何故高村薫先生が!?という理由で。
本のタイトルと作家名から「大人の女性のための官能小説系」アンソロジーだと思ったので(他の著者の話は読んでいないので本当のところはわからない)。で、今日特に何も考えずに休憩中手に取って、高村先生の「カワイイ、アナタ」を読んだのですが、冒頭あまりの衝撃に目を剥きました

拝啓
日々の雑事に埋もれて心身が鈍磨しているのかもしれない小生から
同じく多忙すぎて人間をやめているだろう貴兄に、今日はあまり笑えない夜話を一つ書き送る


記憶を頼りに書いているので微妙に違うかもしれませんが、この一文だけ何度も読んだのでたぶん合っています(笑)ええ、何を云いたいか分かりますよね?「小生」と「貴兄」に「手紙」とくれば・・・高村先生一体何のサービスですか!?普通に驚きましたよ、っていうか文藝春秋は「某シリーズ」には一度も噛んでいないのに、本当、誰に向けての話だったのか。(2006年「文藝春秋」掲載)
内容は、「小生」が「貴兄」に自分が昔体験したある出来事を手紙にして物語るという、ミステリー仕立ての短編です。なかなか入り組んだ構造の話で、老年を迎えた男の夢とも現とも判断できない妄執と、それに絡めとられていく「小生」の幻想憚と云えばいいのかな。若い頃は気にも留めなかった男の思い出話を、40手前になってやたらと鮮明に思いだしたと語る「小生」。ああ、ああ、合田だねぇ・・・。
それにしても高村先生も読めない人だな。読者(私)の考える以上に、あの二人は先生の中でも大切な存在なのかもしれない。時系列的に考えると「カワイイ、アナタ」は「LJ」以降「馬」の手前で、なおかつ二人に親交がある時点の話ということになる。それなのに、「小生」が長い長い手紙を書き連ねて「貴兄」に送る状況・・・う~ん、高村先生の頭の中では何がどうなっているのですか!?

とにかく、とっても驚いたという話でした。

一般書感想(合田に寄せて)

uma1.jpguma2.jpg


「太陽を曳く馬」(高村薫)を読了しました。

が、わからないことが多すぎます(主に宗教的対話の部分が)。
同時代を生きた人間としてそれなりに考えたことはあるのですが、作品自体の感想を名乗るには私ではあまりに力不足です。というわけで、とりあえず合田に対する熱く鬱陶しい想いを吐き出したいと思います。本編の方は出来たら、書評に追随する形ででも・・・ムリかな。

一応確認ですが、この「馬」は「晴子情歌」「新リア王」から成る「福澤一族三部作」の完結編にあたります。「馬」では語り手に据えられている合田ですが、前二作では登場しません(取り調べ担当の刑事として一言名乗るのみ)。ちなみに前二作は未読です(・・・)。
合田は「マークスの山」「照柿」「レディ・ジョーカー」から成る「合田三部作」の主役であり、こちらは97年に完結しています。

本当にいろいろスミマセン!って感じのダラダラ長文でございます。

注意 合田と加納についてネタバレします。
    未読の方、これから読まれる方、物語は「LJ」で終わっているのだと捉える方は読まないでください。



続きを読む

「黄金」つづき

今日はですね、旦那と休みを合わせてお寿司を食べに行く予定だったんですよ。ボーナスも出たしってことで。で、食べてきたんですけど・・・一口食べる毎にモモが最期に食べた箱寿司が思い出されて、ビールのせいもあり本気で涙ぐみました。お、美味しく食べられなかったよ幸田さん。やっぱり寿司に牛乳ってチョイスは私もなしだと思うよ。
感情の高まりを誰かにぶつけたくても隣には旦那しかいないわけで・・・「読んでた本の登場人物が最期に食べていたのがお寿司だったの~」と言ったら、「どうせホモだろ」という返答が(笑)「違うもん、高村薫だもん!」と反発するも同人誌を嬉々として読む姿を見られているので無駄でした。

さっきまでは幸田さんは受けだと思っていたんだけど、モモが女装したのってもちろん追手の目を欺く為というのもあるけど、もしかしたら幸田が一線を越えるのを手助けしたのかなーなんて思えてきたんだよね。二人がどこで「そういう関係」になったのかよくわからないけどさ。あの幸田がどんな風にモモを愛して、モモは愛されたのだろうなんてことを思うと今更ながら切なさがこみ上げてきました。そして妻子を失った北川の喪失感が金塊奪取後の彼を襲うことは必至で、それを北川はどうやって乗り越えるというのか。「暴力と君臨」と幸田に言わしめた北川の本質は一体どこにあるのだろう。黄金を手にして愛する人たちを失った二人の行く末に一対何があるというのだろう。果てしない虚無ではないことを祈るばかりだ。
終盤で北川が幸田をこう表するでしょう。「犯罪を重ねることによって、自分の皮を一枚一枚剥ぎながら、これでもか、これでもかと自分を探しているようにも見えた。誰にも優しくなかったが、自分自身に対して、最も優しくなかった男だった」何でも見通す目を持つ北川の言葉だからこそ、心に響くものがありました。幸田のモモへの想いだけは北川の予想以上だったというのがまた切ない。
高村薫は男の絶対的な孤独のようなものを描こうとしているのかもしれない。身を焦がす熱に侵されて、破滅へと向かうことを恐れない孤高の存在。高村先生の男たちはなんて気高く美しく、悲しいのだろう。

唐突に大阪に行きたくなりました。冬の大阪。「黄金」の空気を吸ってみたい。
プロフィール

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL.猫かぶってみても、結局たどりつくのはそこなのです。感想は基本的にすべてネタバレ注意です。拍手&コメントありがとうございます。拍手コメントは該当記事のコメ欄にてお返事いたします。リンクフリーですがご一報頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。