スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「俎上の鯉は二度跳ねる」

kyuuso.jpg sojyounokoi.jpg

女を抱いた次の日、俺は男との愛に耽溺する――衝撃のラブストーリー、完結編!妻と離婚した恭一(きょういち)。だが今ヶ瀬(いまがせ)との男同士の微妙な関係は、今も続いていた。今ヶ瀬に抱かれることに慣らされてゆく日々。ところが、恭一に思いを寄せる会社の部下・たまきの存在が2人の関係を大きく揺るがし始め…!?ケータイ少女誌「モバフラ」で配信された水城せとな大人気シリーズ完結編!●収録作品/憂鬱バタフライ/黒猫、あくびをする《―新作描きおろし―》/梟/俎上の鯉は二度跳ねる

こういう圧倒的な作品の前には言葉を失ってしまいます。
とにかく面白くて凄い漫画でした。

以下たたみます。

続きを読む

スポンサーサイト

ついに最終回

5月に書籍化される『俎上の鯉は二度跳ねる』が今夜携帯配信の最終回を迎えました。


以下、書籍になったらきちんと感想を書くと思うのでネタバレはしませんが、表現の端からどうしても見えてしまう部分があると思うので注意です。

続きを読む

「窮鼠」のつづき

連載中の、しかも携帯コミックの作品についてです。
完全に独り言なのでスルーして下さいませ。


着々と連載されている「窮鼠」最終章の「俎上の鯉は―」ですが、携帯コミックというのはやっぱり苦手です。何が苦手って、所々で入るバイブ機能が邪魔!そんな演出いらんからっと思いつつも毎月5日と20日が待ち遠しくてたまりません。普通に0時前はそわそわしていますとも(笑)

今ヶ瀬の想いがいい加減「怖い」の段階に入ってきている気がするのですが・・・あっ、元からですよねー。
「愛人にしてください」発言にリアルに引いた私です。
その想いの強さを「知ってる」とシレッと答える恭一さんに悶えました。ああ、恭一さんてば本当にいい男になったよね。何だ、その余裕は。ポーカーフェイスは。ムカツクぜ。それにしても恭一さんてば何気に大事なことを言ってますよね?「お前なんて、俺が女だったら洟も引っ掛けなかったくせに!」って。ゲイではない、完全にノンケである恭一さんがどんな気持ちで男である今ヶ瀬と付き合っていたか・・・流され侍の葛藤なんて知ったこっちゃありませんでしたが、恭一さんなりに悩んで考えていたんですよね。確かに今ヶ瀬は恭一さんがどんだけ優しく接しても(たとえ本人は真似事だと思っていたとしても)満足していなくて、いつか失ってしまうものだと頑なに思っている。その気持ちはもちろんわかるけど、それっていざいなくなった時に自分の心が傷つかないで済むようにという保身でもあるんだよね。保身を相手に見せてはいけないでしょう。誰だって「いつかは他の人のところにいくんでしょ」って思われながらの付き合いなんて、辛いよね。その相手の幸せを願っていれば尚更。恭一さんは恭一さんなりに今ヶ瀬を幸せにしてあげたい願っていたというのに。

なんだか期待をしたくなる展開になってきた気がしてしまうんだけど、どうなの水城先生!?

「窮鼠はチーズの夢を見る」(水城せとな)

kyuso.jpg

12月ということでランキングの季節ですね(?)

個人的に06年に出版されたこの漫画を超えるBL漫画は未だにない気がします。
好きな作品、好きな作家はたくさんいるけど、「窮鼠」を読んだ時の心臓を鷲掴みにされたあの感覚。「BL」として発表される漫画には決してない緊張感と切なさがあった。水城先生はBL出身だけど現在は少女漫画で活躍されている方で、「窮鼠」が「Judy」に掲載されていたと知ったときは衝撃でした。大袈裟だけど、ひとつの事件だったと思う。
ただ私は水城先生があまり好きではないのです。「窮鼠」の続編として携帯コンテンツに発表された2作品を食い入る様に読んだけど、涙したけど、あの終わり方は辛すぎる・・・。作品は作者のものとはいえ、読者の期待を100%裏切るってどうなんだろうと思ったのですよ。「放課後保健室」もそうだったな。先生の中では違うのかもしれないけど、バッドエンド好きとして有名だそうで。
続編を読んだことで、単純に「好き」と言えなくなってしまった「窮鼠」だけど、それでも本当に素晴らしくてやはり大好きな作品なんです。

優柔不断な性格が災いして不倫という「過ち」を繰り返してきた恭一。ある日彼の前に妻から依頼された浮気調査員として現れたのは、卒業以来会うことのなかった大学の後輩・今ヶ瀬だった。ところが、不倫の事実を妻に伝えないことの代償として今ヶ瀬が突き付けてきた要求は「貴方のカラダと引き換えに」という信じられないもので・・・。

同性愛者とノンケの恋愛が圧倒的にリアルに描かれていて、男が男と寝ることへの抵抗と違和感や、ノンケを一途に想ってしまうゲイのやるせなさが痛いぐらい伝わってきました。恭一のズルさや弱さ、優しさが本当にリアルで、こんな男いそうだなーってずっと思いながら読んでいましたね。来るもの拒まずで決して自分から人を求めようとしない「流され侍」。恭一の優しさって相手に合わせている部分が大きくて、元妻もそんな性格に嫌気がさして出て行ったんですよ。そんな自分の欠点も恭一はよくわかっていて。長所と短所は紙一重といいますか、決定的な欠点ではないのがまたリアルでした(しつこい)。だって、恭一は確かに優しくもあるんだもん。
今ヶ瀬に脅されてキスされてフェラされて押しかけられて、同棲まがいのことを始めて。それでも今ヶ瀬の用意した逃げ場通りに「一時のことだから」と自分に言い聞かせて関係を続ける恭一。そこにもたぶん「同じ男だから―」という心理が働いていると思うんですよ。女の子には優しくしないといけない、でも今ヶ瀬は男だから損なっても大丈夫だろうっていう。そんな中途半端な気持ちを今ヶ瀬の元彼に指摘された恭一は今ヶ瀬に別れを切り出すわけだけど、そのときの今ヶ瀬の告白が、本当に何て言えばいいのかわからないぐらい心に響いて響いて泣きそうでした。人を好きになるって理屈じゃないんだよね。どんなにダメな男で欠点も嫌って程わかっているのに惹かれてどうしようもないことがあるんだよね。二人ともちっとも綺麗じゃなくて、恋ってのは時に人間の弱さ脆さがむき出しになる醜いものなんだなと。その醜さも含めてとてもとても愛しいものなんだという、原点に立ち返った気持ちでした。
クライマックスのタクシーでの会話とキスはもう言葉を失うぐらいの緊迫感と切実さですよ。こちらにまで空気が伝染して震えがくるぐらい。
恭一の衝動は確かに恋だったと思うの。でも同性愛者とノンケの壁は高くて、そこにはBLが介在することを許さない現実がある。「窮鼠」だけで終わっても良かったと思う。が、「まだ完結ではない」というところに希望を託して続編を読むのもありかもしれない。本当に一読の価値ありのすごい漫画です。

プロフィール

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL.猫かぶってみても、結局たどりつくのはそこなのです。感想は基本的にすべてネタバレ注意です。拍手&コメントありがとうございます。拍手コメントは該当記事のコメ欄にてお返事いたします。リンクフリーですがご一報頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。