スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「真夜中クロニクル」凪良ゆう

mayonaka.jpg真夜中クロニクル (リリ文庫)

太陽の下に出られない病気を持つニーナは、気難しくて偏屈だ。そんなニーナが、夜の公園で7つも年下の陽光と出会う。どんなに邪険にしても無邪気に寄ってくる陽光を煩わしく感じるが、ニーナは次第に心を詳していく。そんな二人がすべてから逃れるため、星降る夜に飛び出した―。温かな恋心でニーナを包み込む陽光と、寄せられる想いに戸惑って踏み出すことができないニーナ。時を経て変化に呑まれながらも、成長していく二人が辿り着いた先とは。

凪良さんの新刊。
勢いにただただ圧倒された。後書から著者にとってすごく大切な位置づけの作品だということが伝わってきたが、本来なら攻めの設定や二人の活躍する場所、諸々の小道具の甘さ(拙いという意味では断じてない。sweetの意)は私が苦手とするところなのだけど、すべてをなぎ倒して進む陽光の力に完敗した。「年下ワンコ」という記号の使い方があまり好きではないのだけど、彼はそんな言葉では表現できないような子だった。

無償の愛と盲目の恋が長年にわたって褪せずブレず陽光の内にある姿はファンタジックですらあるのだけど、彼が恋するニーナの状況を考えると肯けなくもないのだ。なぜなら出会った頃からニーナは「変わらない」から。少なくとも、陽光が少年の数年間は変わらない。外に出るのは夜間だけという引きこもった生活だから、変わりようがないのだ。彼がそういう生活を送るようになるに至った経緯が前半詳細に描かれるが、劣等感やコンプレックスを扱ったBLはとても多い(というより私が選ぶのだけど…)中でも、人生を大きく変えてしまう病気を授かってしまったニーナの苦悩は一際強い。裕福な家庭に生まれたことは幸運だったのかもしれないが、それはそれで外の世界との隔絶が可能な環境に身を置くことに拍車を掛ける。陽光が出会ったニーナは言葉通り「彼だけのもの」だったのだ。一目惚れをした相手を長年想い続けるのは、そう困難なことではないと思う。自分の変化と相手の変化が噛み合わない時にこそ、困難は起きるものだと思うから。だからこの二人の奇跡は、ニーナが外を向き始めても関係が何ら変わらないところにあるのではないかな。少しづつ外の世界を知り仕事を始めるニーナ、俳優業が軌道に乗らず焦る陽光。小さなすれ違いを繰り返しても、陽光は何も変わらずニーナへの想いを持ち続けるのだ。

陽光の大人びて芝居がかった台詞も、天性の明るさをいつだって押し出せる能力も、彼が劇団に所属して子役として活躍をしていたからなのだよね。子供心に陽光は、大勢とは違うことが大変であることを実感として知っている。でも、陽光はニーナの人生をどうこうしたいとは一度も言わない。別れの手紙に王子様のようなことを書いてもそれは子供の夢物語でしかない。ただ、彼は「綺麗だよ」「好きだよ」とシンプルなこの二つを伝え続けるのだ。子供の言葉だから当然なのだけど、それがニーナには有り難くもあったんじゃないかな。最初に書いたように陽光の明るさは私の得意とするキャラではないしメールも語り口調も甘すぎて苦手だ。しかし、そういった苦手なんてどうでもよくなるような陽光なのだ。とにかく、彼の気持ちの強さに圧倒される。

無償の愛にせよ盲目の恋にせよ、人が人を強く(本当に強烈に)想うことで前進する人生がある。それが「恋愛」だと一言では済ませられない救済のような気持ちがある。陽光の一途さに救われたニーナだけど、彼らは夫々に孤独を知っているという描写がとても凪良さんらしいと感じた。どれだけのバックアップがあったとしても、立つのは独り、自分自身なのだと。そこからの人生もまた自分で歩くものなのだよという強い気持ちを感じた。どれだけ頼りにしても、道筋を照らす明かりになっても、依存ではないんだよね。

こんな関係があったら良いな、それはものすごい希望だなと読みながらずっと思っていた。
彼らが歩んできた真夜中の時間が結実して明るい未来への扉を開く。
陽の下に出ることは叶わなくても、ニーナの人生はもう暗くはないのだ。

良い本を読みました。



スポンサーサイト

「落花流水」凪良ゆう

落花流水 (SHYノベルス)落花流水 (SHYノベルス)
(2010/04/27)
凪良 ゆう

商品詳細を見る

自堕落な生活を送る井上一也は、ある日想いを寄せていた、成田夏生に再会する。夏生は五年前、軽蔑と嫌悪の眼差しをむけ、一也の前から突然、姿を消した男だった。夏生は借金を作った婚約者の妹が、風俗店で働かされそうになるのを身を挺して助けにきたのだ。そんな夏生に、どうすることも出来ない苛立ちを感じた一也は、借金のカタをつける代わりに、夏生に身体を要求する。期限つきの関係でいい。心まで望まない。夏生が欲しい―と。

楽しみにしていた凪良さんの新刊。
本や歌のタイトルでたまに耳にする「落花流水」という言葉。恥ずかしながら、私は今作を読書中に辞書で引くまで意味を知らなかった。「諸行無常」と同じような意味だと思っていたよ・・・。正直、作品自体の感想は難しいというか辛めになってしまいそうなので見送ろうかとも思ったのだけど、言葉の意味を知ったことが嬉しかったので書き残すことにしました(我ながら変な理由だ)

感想はとっても微妙&辛めなのでご注意を~

***


落花流水―①落ちる花と流れる水
        ②(落花に情があれば、流水にもまた情があってこれを載せ去るの意から)男に女を思う情があれば、女にもまた男を慕う情の生ずること。相思相愛。


なんとも幸福なタイトルを与えられた二人のどこまでも幸福な話。
それはもちろん構わない。ただ、私の琴線に触れなかったのは、その幸福が「他者」によって成立していたからだと思うのだ。借金のカタに身体を要求というBL小説界ではよくある話も、婚約者のオチも構わない。しかし、強力な第三者のお膳立てで幸福を手に入れる姿には違和感を抱かざるを得なかった。そして第三者がお膳立てをする理由というのも、二人の逃避行自体が、後に続く因縁への伏線になっており、読んでいて戸惑いを覚えてしまったのだ。

逃避行には取捨選択が付きものだが、彼らは平穏な日常を捨て去りながらも多くの物を持ったままのように感じた。汚泥すらも生温く、だけど、彼らは只一つの恋を叶えて幸いそうである。
読者としては、彼らを庇護した男に訪れた吉報の行方を楽しみに待ちたいところ。

私は以前凪良さんがお持ちの倫理観のようなものに対して、家族関係に対する視線がシビアという感想を抱いたのだが、強固な繋がりを持っているからこそシビアに描かざるを得ないのかもしれないと今作を読み思った。一也も夏生も「家族」の一方的な行動や期待に振り回される人生を送っている。一也は母子家庭に育ち、高校卒業後は就職をして母親の面倒を見ようと考える、素行はともかく根は非常に真面目な高校生だった。しかし母親の男の出現で事情は変わることになる。こういった流れを持つ小説もまた多いのだが、一也はいつまでも母親との縁を切れずにいる。それも当然で、母親は男と暮らしているが一也に対して直接邪険にしたことはなく、居心地の悪さを感じた一也が自ら家を出たに過ぎないのだ。親子の間に決定的な亀裂はなく、また、情も存在する。夏生もまた失くした兄の分まで過剰な期待を背負って息苦しい人生を送る青年だったが、彼と両親の間にも決定的な亀裂は訪れない。一也の手を取ることにしてもなお、夏生は家族に「手紙」を送ると云う。そのバランスが、上手く云えないのだけど凪良さんなのかもしれないなぁなんて思ったのだ。

***

う~ん、アップするか非常に悩んだのだけど・・・私、凪良さんが好きなのですよね。今作は好みではなかったけれど、読めば何かしらのモノを与えてくれる作家さんだと思っています(無理矢理こちらが受け取ろうとしているだけな気もしますが・・・)。なので怖々上げてみました。一也の安っぽさも夏生の臆病さも、私の理想とする人間像とは程遠い二人なのだけど、愛やら恋やらのために身を持ち崩す二人を救った「男」の脇役とは思えない存在感は楽しめました。
あと、私の逃避行物の理想的結末は「テルマ&ルイーズ」だったりするのですよ(笑)楽園は二人だけのものという、ね。

そんなこんなで微妙な感想となりましたが、これからも楽しみにしています!


続きを読む

「全ての恋は病から」凪良ゆう

subetenokoihayamaikara.jpg

大学生の佐藤夏市は、いつでも人肌に触れていないとダメという謎のビョーキを患うゲイ。ある日、ミステリアスな雰囲気のサークルの先輩、椎名一貴が隣に越してくる。外見はクールビューティーなのに、椎名は全く掃除ができない汚部屋製造人だった!!「いつもモフモフさせてくれる男が欲しい」「タダで掃除してくれるお手伝いさんが欲しい」ビョーキな二人のお隣さんライフの行く末は…。

「なんということでしょう」、面白かった~!!
いや、別に意外でもなんでもなかったのですが、一番笑った台詞なので使いたかったの。
凪良さん待望の新刊!ブログで「おちん〇ん」連発のアホ話だと拝見した時から楽しみにしていました!
前作「夜明け」ではまさかの「攻め」に拒否反応を引き起こすという事態に少々驚きましたが、レベルの高い小説を安心して読ませてくれる作家さんだと思います。私は「小説が上手」という言葉を榎田さんにもよく使うのですが(そして本当にお上手だと思う)、凪良さんの安定感もそれに近いものがあると思います。ここで云う「小説が上手」というのは私的意見ですが、「登場人物の心理描写に説得力があるか」ですね。人物Aにある事象が起きた時にAの内面にどんな変化が起きるか。BLだからメインは恋愛感情になるのだけど、要するにその虚構に説得力があるかどうか。
後から思いついたのですが、受けの先輩に榎田さんの「ルコちゃん」を連想したというわけではないのですよ。東海林とルコちゃんの共依存っぽい関係とも確かに似ていなくはないけど、なんとなく「小説が上手」という私的賛辞に当て嵌まるのはこのお二人なのです。(他の方が二人に比べて下手というわけではなく、ピンとくる褒め言葉がそれだということです)
ままま、先輩エロ可愛い!これは恋に落ちるよ!共感したよ!ということを云いたいだけなのですが(笑)
そして凪良さん、エロを書こうと思えばこんなにきちんと(?)エロエロに書くことが出来るのですね!やっぱりお上手!最初から最後までノンストップで楽しませてもらいました。BL的お約束ホップスッテプジャーンプ!を踏襲した王道展開(お触り&手コキ→口だけ→挿入)も含めて大満足です♪

そんなアホな!と吹きだすような「病気」を持った二人が、互いの欠陥を補う内に恋が芽生えるという流れも、あらすじを読んだ時からわかっているのに楽しいんだな。私はこの破れ鍋に綴じ蓋バカップルが思いのほか好きみたい。コメディって合う合わないが如実に出る分野だと思います。BLに笑いをそこまで求めていないので手を出す作家も作品も限られているのだけど、凪良さんのコメディとは相性が良いよう。

気楽に気軽に読める癒しの作品だと思うので感想も短めに~



「初恋姫」凪良ゆう

各所で破格の大プッシュをされている小林典雅さんの新刊。
とても楽しみにしていたのですが、地元の本屋にない。自分の店にもない。でも大きな本屋まで遠征する気力はない!というわけで、来週のホモ友デートIN池袋まで我慢することにします。
人が珍しくコメディを楽しみにしていたというのに、すっかり出端を挫かれました。
それでも「コメディが読みたい!」熱が消えることがなかったので、いつか読むぞと決めていた凪良ゆうの「初恋姫」を購入。シリアス作品は全て読んでいたのですが、「嫁」とか「姫」とかの文字が躍るコメディは未読だったんですよね。

hatukoihime.jpg
華族の流れを汲む企業グループ、佐治家の末っ子、花時雨は、蝶よ花よと育てられたまさに深窓の“お姫さま”。祖父の命を受け、ご先祖さまの主筋となる下町の定食屋の危機を救うために、住み込みで手伝いに入る。とはいえしょせんはお姫さま育ち。慣れない仕事に失敗ばかりしてしまう。さらに若主人の上月一心を好きになってしまい…。お姫さまの初恋。だが一心には秘めた想い人(しかも♂)が。

どんな突拍子もないお姫さんかと期待したのですが、花時雨は以外にまともだったような。庶民と貴族の価値観の違いやズレが面白おかしく描写されていますが、そもそも帝王学を基本とした経営者側の勉強をかなりきちんと仕込まれている花時雨の言うことは、時に正論で正論ゆえに痛いところを突いてくる。荒唐無稽や突拍子のなさは感じられないのですよね。なので私はあまりコメディと捉えて読まなかったかも。花時雨と警護の「真田」の遣り取り、早朝一番の一心の「雄叫び」等、所々クスクス笑わせてもらいましたが、以前読んだ高尾さんの「二十六年目の恋人」のような腹がよじれる様な笑いではなかった。しかしそれとは別に、やっぱり凪良さんの小説は上手というか独特だなーとずっと感じながら読んでいました。たぶん、凪良さんてとても強固な倫理観や労働意識や、「家族」に対して非常に現実主義的な側面をお持ちの人ではないかと思うんですよ。一番好きな「恋愛犯」を読んだときに、読後に残った感想の中に「家族関係の希薄さ」というのがあったんですよ。攻めも受けも、家族という問題を抱えながら完全に解決することのない現実を生きるというラストの余韻がかなり好きだったので。「未完成」では親の離婚に結局は従うしかない攻めの現実を描いていますし、「夜明け」ではDV男の攻めの育った環境はともかく、受けだってもう少し家族との繋がりを持っていても良かったのではと思いました。なんというか、「甘くない」小説を書く人なんですよね。甘さの中にも何かしら「棘」のようなものを残すといいますか。「初恋姫」では最終的に花時雨は一心と駆け落ちをすることになりますが(と言っても花時雨の家の面々が二人を野放しにするわけはなく、GPS機能並の監視が付くのは確実ですが)、一心に「男が男のもとへ嫁ぐことに家族が反対をしショックをうけるだろうこと、期待を裏切る背徳行為にあたること」をとても真摯に語る。警護の真田には「家族は誰も祝ってくれないと思うがお前だけは―」と別れを告げる。話の表面的な部分からすれば、家族が諸手を挙げて賛成という「星野りりぃの花嫁くん」的な世界観でもおかしくはないし、コメディを名乗るならむしろそちらに徹底したほうがアリなのではとも思うんです。でも、きっと凪良さんはしないんだよね。そこがこの人の独特な色だと今回強く思いました。

内容的には、花時雨は可愛いし、一心の亭主関白風な外面と内面の弱さがいい感じの萌えでした。街子先生の挿絵は本当に素晴らしいなー。そして特筆すべきは、あらすじにある一心の「想い人」が単なる「当て馬」ではなくて本当の「想い人」だったところだと思います。「好きな人が好きな人のことを嬉しそうに語る」という思春期にやられたら、それだけで日記帳1冊は消費できるような(私の場合です)切なさの連続!また想い人の「ラブ君」がダメンズのいい子なのよ。外見がウーパールーパーというのは一心の「ブス専」を笑いに転化させようとしたからかしら?でも私的にはそんな笑いはいらないというか、ウーパーでもなんでも「ラブ君」は可愛いよ!挿絵にした街子先生には感服です!

とにかく面白い作品でした。この勢いで「嫁」にも手を出してコンプというのもアリだわ。



「夜明けには優しいキスを」凪良ゆう

yoakeniha.jpg

寝る前に読み始めて結局最後まで一気に読んでしまいました。
その後夜明けまでとはいかないまでも、なかなか寝付けずに色んなことを考えてしまいました。


あまりに私的な感想になってしまったのでたたみます。

続きを読む

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。