「HER」「ドントクライ、ガール」ヤマシタトモコ

HER (Feelコミックス)HER (Feelコミックス)
(2010/07/08)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る


「女の子の話」は語る方も慎重になる。何でかって、晒さなくていい過去やネガな思考がダダ漏れになってしまう危険があるから。そもそもこの漫画を読むと、私に“女の子”を語る資格があるのだろうかと遠い目をしてしまうぐらい、自分には色々なものが不足しているように思えてならない。それは、女の子って可愛い?怖い?好き?―その問いかけに明確な答えを持てていないからだと思うんだ。「女の子は」と一纏めにしてポンッと答えを出せるような広い心と視点を持つに至っていないし、彼女達は近くて遠い女の子達だ。彼女たちは戦っている。ままならない自分や世界や異性や同性と。流行の服に身を包み、他者との関わり方を必死で探る彼女らの姿が私にはとても眩しく感じられた。私ももっと色々なモンと戦わねばと無駄に握り拳を作ってみたりして。
私はヤマシタ漫画に出てくる男の人と恋愛をしたいと思ったことがほぼないのだけど(BLだからというのを抜きにしても。唯一“明楽さん”にはグッときたが)、それは私が彼らに“理解”を求めていないからかもしれないなと思った。最終話のメガネ君のようなことを云われたら、私はきっともう手も足も出ないと思うのだ。そんな恥ずかしい部分を知られて、こちらの立場に沿う形ですごく理解を示されては恥ずかしくてたまらなくなってしまう。尻尾を巻いちゃいそう(笑)
一番グッときたのはワンナイトラブの女の人の話かな。展開的に新しい視点ではないし、こういった語られ方の女の話(母の因果が娘に巡り~)は結構多いのだけど、好きだった。この話の彼は最終話のメガネ君よりは“理解”を示さない気もしたし。彼にあるのはきっと“同意”もしくは“共感”かな?だといいな、希望。あっ、この話の彼はお付き合いしたいタイプです(誰も聞いてない)
全体的に可愛くてカッコイイ女の子達(特に都会的な洋服センスは見ているだけで楽しい!)の話で満足でした。「HER」はシリーズとして続くのかな?もっと色々なタイプ話が読みたいので続くといいな!欲を言うと、私は彼女たちのように「女であること」の大前提を飲み込んで悩む話よりも、女としての“揺らぎ”を抱えて生き惑うタイプの話が読みたい。『YES,IT’S ME』収録の「夢は夜ひらく」のような。この短編を超えるヤマシタ作品を読みたい。ファンのわがままな願望です。

ドントクライ、ガール (ゼロコミックス)ドントクライ、ガール (ゼロコミックス)
(2010/07/09)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る


こちらは普通に大爆笑した!超可笑しかったよ!!裸族の年上男と同居することになった高校生女子のハイテンションコメディだけど、この1冊で終わりなんてもったいない~。もっともっと読んでいたい!アレな両親の元に生まれて苦汁を舐めてきた彼女の過去は詳しく語られることはないのだけど、その匙加減といい、とにかくツボに入った。変態男を出すあたり(彼は裸族と下ネタ尾籠ネタ好きというだけで、変態倒錯的な傾向まではそこまで描かれていないが)、なるほど「リブレ」だなぁと思った。だって読み進めるうちに升田氏のことを「裸がなんだよ、いい男じゃないかっ」と思えてきてしまうんだもん。日頃から男が裸になってアレコレしている話に慣らされているからに違いないと思ったのだが、どうだろうか。「泣かない、泣かない」と自分に言い聞かせる彼女の代わりに升田氏が泣くくだりや、その後の一線(身体の関係ではない。本当に“線”)の超え方はさすがヤマシタさん。上手だなぁと感心してしまった。それにしても、あんな面白可笑しい男と同居していたら涙は出てこないと思うわ。ドロンした両親の代わりに升田氏には彼女を幸せにして欲しい。
同時収録されている中編「3322」はガラッと違う雰囲気のシリアスな話。夏休み、父の知り合いの年上の女性宅に滞在することになった少女。そこで出会うまったく違うタイプの二人の女の姿に亡くなった母親を重ねる少女の成長譚かな。表から見える女たちの姿がすべてではないことに少女は気が付いてしまう。子供の彼女に悩みがあるように大人の女にだって色々ある。それは当然のことなんだけど、自分のことでいっぱいになっている子供の頃というのは案外わからないものなんだよね。大人になるには大人と関わるのが一番早い手段なのではないかな。手本にするにしても、反面教師にするにしてもね。彼女たちの関係について真実が明かされることはないのだけど、“揺らぎ”を抱えているらしい千代子ちゃんと、しょうもない男と付き合っている遥子ちゃんの話は続きが読みたいと思った。大事な気持ちを「3322」の合図で示すアイテムの使い方はちょっと懐かしい気持ちになりました。ま、私はヤマシタさんと同世代なのでポケベル世代ではないのだけどね。中高でも持っていたのはクラスに2,3人だったかな。だからメッセージを入力したこともないし、触ったこともない。メールが普及した今となっては、数字の羅列で簡単な気持ちを表現することがロマンチックに感じられます。

今月はヤマシタトモコ月間。
末には「アフタヌーン」連載中の高校社交ダンス部を舞台にした『BUTTER!!!』も発売される。
こちらも楽しみ♪

「YES IT’S ME」ヤマシタトモコ

yes.jpg
「好きです、この世の何よりも----自分を。」容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能で対人関係も良好。おれの人生なんの問題もない…はずなのに!幼なじみの江城(通称キノコ)が放った言葉がおれの心を惑わせる!?20数年来のくされ縁から、一緒にお★★に入るまで。ヤマシタトモコが描く笑撃の短編集☆

発売日をノーチェックだった為休日に書店で山積みになっているのを見て軽く驚きました(ダメ書店員)。週1で新刊発売って凄いですね。東京漫画社ということで、掲載時に感動した「夢は夜ひらく」も収録されていました。それ以外の短編も「さすが!」といった感じだけど、こうも立て続けに「レディコミ」「ニアBL」「BL」と読んでしまうと、その「適材適所」的な上手さが食傷気味になってしまうというか・・・この本はもうちょい間をあけて読みたかったなぁなんて勝手なことを思ってしまいます。

以下心に残った作品を。

「瞼の裏にて恋は踊りき」
舞台は美大、自分に熱烈な想いを寄せている天才君を疎ましく思いながらも惹かれている秀才君の話。この二人の関係に妙にドキドキして、しかもその感覚に覚えがあるのは何でだろうと考えていたら、仕事中に判明しました。馬原のキラキラバカっぷりが某野球漫画の天才4番を彷彿とさせるからなのでした。そうなると沼上が途端にグルグル思考の秀才5番に当てはまり、やっぱりこの構図(ただし某野球漫画は天才×秀才)は私的萌えだなと確認したのでした。劣等感に苛まれる秀才君のせめてものプライドが「童貞じゃないこと」という底の浅さが好き。そして天才的な感性の前では非童貞であることのプライドなんて風前の灯であることに沼上が気付いているみっともなさが好きだ。おまけ漫画が笑えました。

「彼女は行方不明」
家出したというクラスメートの女子を探すことにした男子2人。芦立というその女子には「レイプされた」という噂があり不登校だった。古林は芦立が好きで、八名木は密かに古林が好きだった。
ヤマシタさんの短編の中でも私的上位の「イタさ」があると思うこの話。人の気持ちを考えるよりも何よりも先に、下半身の欲求が突きぬけているという若さ故の愚かさ。芦立のことを本当に好きだと思っていた古林が、「レイプ」という尾ひれが付いた噂に欲情していたという愚かさと、彼女と対峙した瞬間にその事に自分で気が付いてしまうという(たぶん)中途半端な賢さ故の残酷さ。そして彼女の死を願った八名木が吐いた取り返しの付かない暴言の救いようのない愚かさ。この話の主人公は誰だろうと考えたとき、理不尽な噂と暴力に「死ぬなんてムイミだ バカじゃない?」と叫んだ彼女こそが主人公だったのだろうと思った。女子よ強く生きろ、というメッセージを勝手に感じた。「三角関係」がお題のアンソロにこの話をぶつけるって、すごい。

「YES IT’S ME」「YES IT’S YOU」
表題作は単純に面白かった。サドマゾを描かせたらヤマシタさんは素晴らしいと思うけど、「ナルシスト」を描かせても面白いとは!一見して普通(よりもイケている)な男が性癖故に残念な方向にまっすぐ、というノリが大好きです。それがBL的萌えに繋がるかといえば今作も否なのだけど、切っても切れない強固な縁というか運命で繋がっていそうな2人が本当に面白かった。「素敵」ではなくて、とにかく「面白い」ところがこの話の魅力だと思う。

「minun musiikki」は妻帯者のチェリストと彼に想いを寄せるピアニストの話。ラブラブです。恋や愛のアレコレがバッドエンドなんて名乗れない的な後書に心底共感。「Loathe!」はSMごっこ気味の2人の話。ラブラブです(他に云いようはないのか)。この関係性はツボでもあるのだけど、ヤマシタさんじゃなくても描けそうな気がしたかな。背の低い方が攻めとのことだったけど、今更ながら作者と根本的に受け攻めの萌えが違うのでは?と気が付く。この2人ならば私は断然、股間を踏みつけている子が受けであって欲しかった。ツンデレとは違うけど、イジメッ子が受けていることに萌えを感じるので。そういえばホモ友と腐女子のバイトちゃんは好みが似ていて、2人ともツンデレに対して一言、「めんどくさい」だそうです。バイトちゃんと商業BL話をすると、タイトル、著者名、設定、舞台、全てが噛み合わず「相変わらずスカッスカッだね」と会話の非キャッチボールぶりが笑えます。

と、ここまでは前置きのようなもの。珍しくあらすじ込みの感想です。ネタバレしますので未読の方はご注意下さいと言いたいですが、ネタバレしても何ら話が持つ魅力には関係ない気もします。

続きを読む

「MO’SOME STING」ヤマシタトモコ

mosome.jpg
最初に一言。すごく面白かった!大好き!!

なんだろう、久しぶりにヤマシタ漫画で「もやもや」がなく最後まで突っ走るように読んだ気がする。読み終わるのが残念で残念で仕方がなかった。まだまだ足りない。この人たちの話をあと2,3巻は読んでいたい。そして久しぶりにヤマシタ漫画の男に萌えた!私の苦手な細身の今風の青年が一人も出てこない、全員30以上で男臭い血と暴力に彩られた話。「イルミナシオン」収録の「神の名は夜」を彷彿とさせる世界ですね。ホモのエロスが暴力と直結している―と「イルミナシオン」の後書にあったけど、私はヤマシタさんについては市井の人々の話よりも、暴力的な裏社会系のホモの方が断然好きだな。需要、あまりないのかな。残念だな。後書によると「キャラ萌え」を意識して描いた漫画だったそうですが、「自殺願望のマゾ」に「献身的なヤクザ」に「分裂症気味の変態」に「普通の保険屋」、そして「ヒロイックな女子高生」!なにこのテンコ盛りは!?それぞれの人物が本当に魅力的で、退屈なコマやページがひとつもない。冷静な感想なんて書けそうにないぐらい、ちょっとこれは好き。

裏表紙のあらすじが微妙に的外れな気がするのは私だけでしょうか・・・?
死にたがりの法律屋・田貫と、裏世界に片足突っ込んだ浅黄、微妙な友情の2人。浅黄の姪・十和子がヤクザに命を狙われ始めてから、彼らを巻き込んで命がけのゲームが始まった…! 要領よく生きてきた男たちが、一人の少女を守るためどんどんピュアになっていく──。
2人は「微妙な友情」ではなくて、浅黄が田貫に熱烈な片思いをしているという関係だし、「ゲーム」じゃ済まない話だし、保険屋以外誰一人として「要領よく」なんて生きてはいないし、「ピュアに」っていうか「必死に」だし・・・あぁ、こんなあげ足を取るよりも他に書きたいことがあるのに!

長編なので物語に起承転結はありますが、そこはヤマシタさんらしく、サスペンス風の始まりに血生臭い事件を描きながらも結局は人間の「生き様」のようなテーマを全面に出してきます。後は、ままならない「愛」の物語かな。全員がメインの群像劇のようでもあるし、ヒロイン十和子を狂言回し的立場に置いた各々の一人芝居風のオムニバスでもある。この漫画がBL雑誌に連載していたのか、本当に自由だな。
個人的なキャラ萌えどころとして、私はヤマシタ漫画の「サドマゾ」が大好きなのですね。見たことない切り口で人間の思いがけない滑稽さと真摯さを示してくれるから。だからマゾの田貫と彼を愛するホモだけど至って普通の嗜好の持ち主浅黄の関係がたまらなくツボだった!「死にたがり」というある意味恥ずかしい(と私は思う)設定を正面切って持ってくるヤマシタさんが好きだし、何より田貫の無邪気なようで虚無的な目に魅せられている浅黄に萌える。彼の純情と優しさが死にたがりのマゾにとっては「無意味」に近いものであることに萌える。でも、徐々に「無意味」が「意味」を持ち出す様子にもっと萌える。そう、私は浅黄がすっごく好きです。「変態」の中国人マフィア(狐)には何気に「掘られている」という数コマのエピソードに萌え死ぬかと思いました(色々スミマセン)。この狐もまた熱烈に浅黄を愛しているのだけど、浅黄の気持ちは田貫以外には向かないのね。その憤りから狐は浅黄が大切にしている十和子を、彼女の父親の不手際(?)にかこつけて消そうとするのですね。そして普通人の「保険屋」が十和子に絆されて生まれて初めて「必死」になったエピソードも好きだ。ヤマシタさんは「ネーム」で魅せる人だと思っていたけど、今作は漫画として画面もとても魅力的だった。

死にたがりの田貫と、死にたくないのに死にそうな十和子の「生」への執着の対比で叫ばれる十和子の台詞こそが、きっとこの漫画でヤマシタさんが一番描きたかったことなんだろうなと感じた。かなり恥ずかしい(時に鳥肌すら立ちそうな)台詞を連発しているのだが、「恥ずかしいけど書かずにはいられない!」という作者の衝動が感じられて愛しい。
事件は思いがけない人物の介入で一気に収束をして大団円に向かうのだが、狐は相変わらず浅黄にアタックを続け、保険屋は十和子にアプローチをしてはふられ、浅黄は恐らく田貫を愛するのだろう。肝心の田貫は、最後の最後まで「生きる意味は何」と問いかける。彼に与えられた回答は至極当然のものなのだけど、十和子と関わったことで何らかの変化が彼の内面に訪れたような、素敵なラストだった。

確かにBL誌以外では書けなかった話なのかもしれない。
たまに垣間見るこの世界の懐の深さに心底感謝。そのぐらい、面白い話でした。
登場人物が動物の名前を持っているのが妙に可愛かった。ちょっと「寓話的」な味付けも意識したのかしら。とにかく好きな話です。どうでもいいですが、ひとつ前の「Love, Hate, Love.」との熱の違いが申し訳なくなりました(笑)


「Love, Hate, Love.」ヤマシタトモコ

LHL.jpg
28歳処女と52歳大学教授の恋。「あなたのことは好きだ本当に」28歳の貴和子(きわこ)は、ある日、ベランダで煙草を吸う男に出会った。隣室に住む52歳の気怠げな大学教授・縫原(ぬいはら)。バレエダンサーになるのを断念しつつあった貴和子に、彼は誠実な言葉で語りかけてきた。今まで恋愛を切り捨ててきた貴和子の心に情熱の風が吹き――真摯(しんし)で臆病なピュア・ラブストーリー!描き下ろし後日談収録!!

楽しみにしていたヤマシタトモコの非BL漫画。
連載中に本誌を立ち読みし、「男女って恋愛するんだよね!」と一瞬思った後、我に返って誰もいない店内を見回してしまった苦い思い出があります。そう、男と女は恋愛をするのだよ!帯の三浦しをんの言葉「恋ってときめくものだったんだ!と思い出させてくれる、素敵なおじさん(枯れ気味)が登場します!」そのままの、日頃女性として色々大切なものを忘れかけている私が読んでも十分に「いいナ」と思える恋愛漫画でした。大切なものを失ったときに、それでも「恋」があるというのはなんて救いなんだろうと、素直に思いましたよ。そうそう恋って良いものなんだよね、はは。

しかし久しぶりに等身大女性が主人公の恋愛漫画を読んで考えてしまうのは自分のことなわけでして、グルグルしましたよ。西炯子の「娚の一生」の海江田も大学教授でしたが、インテリ系の枯れた男がトキメキの対象になるというのは、何なのだろうか。個人的な好みの話をすれば、私は「マスターキートン」のようなインテリ系(?)男に惚れたとしても、縫原のような枯れた風の男に魅力を感じることはあまりないのですよね(海江田は縫原に比べれば漫画的な人物で素敵だと思うけど)。「おまえ」と呼ぶ男は確かにその点では嫌いだけど譲歩して好きになる可能性があるかもしれないが、「あなた」と呼ぶ男は未知の存在すぎて正面から語れる気がしないといいますか。まぁ、個人の好みの問題なんですけど。バレエに打ち込んできた貴和子は「いかに(他者との)コミュニケーションを怠ってきたか」と真摯に考えては悩むのだけど、その相手として同世代の男ではなくて二周り年上の縫原が選ばれたことに、ロマンチックを感じると同時に何か違和感も覚えるのですよね。他人のことが「わかる」「わからない」は幻想に過ぎないと思う反面、私の中にも「でもわかり合いたい」という願望が存在するのは事実で、同世代でも成り難いことは相手を50男にしてもきっと難しいのだよなと思うのです。そもそも「草食系」もそうですが「枯れ男」なんて宇宙人のような記号を名付けるのは失礼だし、そんなに50男に夢を抱いてもいけないのではないかな、なんてツマランことを思ってしまった自分が一番嫌だ。
という私のグルグルをいつものようにヤマシタさんは後書で一蹴してくれましたよ。
三浦しをんと話したときに「現実に若い女とつき合う男は精神的に未熟な男」というしをんさんの言葉に目から鱗が落ちた後、お二人で「でも二次元だと萌え」という見解に落ち着いたそうです。わかる、すっごくよくわかるけど、それを後書に書いちゃうところがヤマシタさんだよね(笑)

ヤマシタトモコは何処に向かうのだろう?なんてことを考えるのは意味がないのだなと今作を読んで気が付きました。感性に澱みがないというか、どんな「色」で描いたとしてもヤマシタさんなりの「方法」で勝負をしてくるような印象を受けたといいますか。どこで描いてもきっと「面白い」漫画を見せてくれると人だと思います。



雑記ですが、本日というか今月入ってまだ一週間だけど一番の興奮が以下。
090908_1204~01
予想以上の巨大さに「でかい!でかい!」と叫び声を上げていました(笑)
久々のyori家外出で某アウトレットに赴いたのですが、牛久大仏は良いですね。
この訳のわからなさが好きです。

「ジュテーム、カフェ・ノワール」ヤマシタトモコ

je taime

繰り返し言いますが、私はヤマシタトモコにBLを求めていません。
「明楽」よりも「イルミナシオン」が好きで、男の人よりも女の人が好きで、恋愛よりも非恋愛話が好きな時点で認めることにしました。ヤマシタ漫画はBLじゃないと思うんだ。

今回の短編集、私的にはとにかく「恥ずかしかった!」
だって恋愛の話がいっぱいなんだもの・・・。
セックスを描かれるよりも、えんえんと続く痴話話の方が余程恥ずかしいことに改めて気が付きました。すっごく真剣なんですよ、ヤマシタ漫画の男たちって。誤魔化しが一切ない。恋愛に対してこちらが怯むぐらい真剣。その真剣さを台詞の応酬で表現するから、また恥ずかしいのだと思う。

ちなみに褒めてますよ!というか私はヤマシタさんの感性には全面的に降伏している節があります。

空白だらけの画面だけど、余白を認めない作家さんだと思うのです。「その後―」の想像を読者に委ねないといいますか。関係が結ばれる一歩手前で終わる話が多いにも関わらず、私はその後の二人を想像しようとは思わない。幸も不幸もすべては作者の頭の中、という感じ。
あと、少々乱暴な言い方になりますが、ヤマシタさんはBLを信じていないと思うんだよね。「嘘だ」と思って描いていると思う。それは後書からも微妙に伝わってくるし、何より私はヤマシタ漫画で、男と男がラブラブになる話がどうにも嘘臭くて好きではない。いや、好きな話もあるのだけど、今回の短編集はどれも「恥ずかしい~」が先にきて、後から感動がくるかと思ったら、それだけで終わってしまった部分があったので(スミマセン、辛口っぽいですが好きなんですよ!!)。
別にBLが「嘘」であるのは重々承知の上なんだけど、なぜかヤマシタ漫画に対してはそう思うんだ。
そして正直に言うと、少女誌で掲載されていた男女の話の方が、「恋愛物」という点では断然好きだったんだよね。恥ずかしながら、「憧れた」と言っても過言ではないぐらいに(笑)

というわけで、印象に残った話は以下。

一番好きなのは表題作「ジュテーム、カフェ・ノワール」
こういう他人同士が集まって何かが起きるシチュエーションコメディ(?)が大好きなのです。それぞれのCPの話をオムニバスで1冊にして欲しいぐらい!(というか、読む前は表題作が短編だとは思わなくてちょっと残念だった)。理想的な上手さだと思います。そしてこのカフェの店員二人がこの本の中で最も萌えた。「言っとくけど おれは引くぐらい優しーぞ」って!これ、マイベスト台詞です。
う~ん、ヤマシタキャラの眼鏡男子もオーガニック系男子も総じて私のタイプではないのね。細身のパンツが似合う、コアな音楽しか聞かないような男の人がとにかくタイプではない。でもこの話の店員は二人ともイイ感じにカッコよくて萌えました。面白かった!

そして「cu,clau,come 食・喰・噛」
身も蓋もない言い方だけど、餌付けに失敗する話。そこまで描いてその結末!?とさすがに悲しくなったけど、でも好きだった。人間の細胞が3カ月で入れかわるという話はどこかで聞いたことがあったけど、あんな風に提示されるととんでもなくドラマチックに思えるから凄い。人の食う姿がエロイとは頭では理解しているけど(というのも変ですね)実際に感じたことはない。ただ昔、TVでビートたけしが「排泄行為と同様に食事行為も恥ずかしいことだと思う」と言っていたことには頷いた記憶がある。だからか食への興味が薄いからか、芸能人がひたすら食べるだけの番組は大嫌いです。

非恋愛話と取れる「魔法使いの弟子」「ワンス ア ポン ア タイム イン トーキョー」も好きでした。
サイン会に行けないことは本当に悔やまれますが、仕方がない。それにしてもヤマシタさんはお幾つなんだろう?同年代と踏んでいるのだけど、実は違うのだろうか。気になるなー。気になるといえば、同人時代の某CPにどんな恋愛があったのかも気になる。私はそれを読んで果たして萌えるのかが気になる。微妙な感想になりましたが、これからも私好みの漫画をいっぱい描いて欲しいです。

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード