スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLCD「百日の薔薇」

BLCD.jpg
【キャスト】タキ・レイゼン:千葉進歩、クラウス・フォン・ヴォルフシュタット:井上和彦。

このドラマCD、とっても良く出来ているのではないでしょうか!?
びっくりしました。初めて(失礼)濡れ場を 素敵と思いましたよ。
初心者も初心者が本当失礼な話ですが、私はやっぱりどーしても受けの喘ぎ声が「イヤン、恥ずかしいっ!」となってしまう女なのですね。あと、受けの人は全体的に声が気持ち高いと思うんだ。もう少し低くてもよいと思うんだ・・・。しかし今回は「いーやー」となりつつもニマニマしながら聞いてしまいました。正直リピートかけて濡れ場を聞いたのは初めてです。タキが可愛すぎる。クラウスの言葉責めが原作よりも追加されていて更に「いーやー、リピートしよっ!」となりました(笑)

どうでもよいですが、BLCDについて語る時ってテンション上がりますね。

BGMも良かったし、脇役の人達の演技も素晴らしかった。何よりも脚本がとても良く出来ていたと思う。時系列のややこしい話を分かりやすくまとめていて、原作の足りない部分を捕捉している箇所もいくつかあった。うん、これは良い買い物だったな。惜しむらくは「肉球編」がなかったことかな。あっ、あと端折られていた濡れ場(しつこいですね、スミマセン)が残念だった!本当に残念だった!タキが口でする場面が・・・。ままま、とにかくですね、面白かったです。

声優個人には思い入れがないというか、ノータッチ分野なので本当によくわからないです。
知っている声優は?という質問に 林原めぐみ と答えそうなレベルです。某野球漫画の某キャッチャーの声の人は素敵だなと思いましたが、「窮鼠」が恥ずかしかったのでその印象が強くなってしまいました。今、少しだけ注目している声優は 藤原啓治さん ですがBLに出演していらっしゃるのだろうか。この方には是非とも受けて頂きたいのだが、無茶な話だろうか。「Vassalord」のレイフロ役なんだから受けられると思うのだが。調べてみようかしらね。

今日は明治さんにお渡しする差し入れを買いに行き、手紙を書きました。好きな作家さんにお会いするのって久しぶりだな。トジツキハジメさんのサイン会以来だ。欲を持ってはいけないと思いつつも、もしかしたらサインが貰えるかもと既刊本を1冊鞄に忍ばせます。ええ、真剣です。


スポンサーサイト

「百日の薔薇」稲荷屋房之介

hyakujitunobara.jpghyakujitunobara2.jpg
敵国の軍人同士でありながら主従の契りで結ばれているふたり。一国の命運を担う気高く美しい指揮官、タキ・レイゼン。彼に忠誠を誓う騎士であり気性の荒さから『狂犬』と呼ばれるクラウス。だが、ふたりを見る周囲の目はさまざまな危惧や心配から冷ややかだった。純粋に想いあいながらも戦況の激しさに伴い過酷になる恋の行方は―!?(1巻)
神代から続く辰華の一族・レイゼン家に生まれ二万の兵を率いる美しき指揮官・タキと元は敵国の軍人でありながら国を捨て彼の騎士となったクラウス。だが、クラウスの気性の荒さと謎の多い行動にタキの側近たちは危惧をつのらせていた。ふたりはすれ違う想いに翻弄され傷つきながらも共にあり続けることを強く願うのだった。そんな折、同盟国エウロテの不審な動きが明らかになる。様々な思惑と陰謀が渦巻く中、タキの下した決断とは!?(2巻)


ああ、なんて表現すれば良いの?
やっぱりここは直球に萌死ぬだろうか。

本当に本当に今更ですが、「百日の薔薇」にハマりました。

ああ、すごく良い。ビックリするぐらい良い。どうして手放してしまったのだろう、数年前の私。きっと以前は難解な世界観にギブアップしてしまったのだと思う。しかし改めて読んだら、回収されていない伏線は山ほどあるものの、別に難しいことは何も云ってないよ!やはり本は寝かせてみるものだなと。
何もかもが所謂「萌え」につながる。世界観、キャラクター、言葉の端々、あらゆる舞台装置が著者の萌えであると同時に、読んだ側から私の萌えに即時に変換される。1頁、1コマ、眺めれば眺めるだけ「これも萌えだ」という仕掛けに気が付く。すごい力量だと思う。最新刊の「ザイオンの小枝」を読んだ時には登場人物の葛藤は遠く感じたのだが、「百日の薔薇」のタキもクラウスもなんて魅力的に描かれていることか。確かに互いを想い合っていながら、身体を繋げていながら、通じあう「言葉」で語ることの出来ない愛が切なすぎる。握られた手、指の動き、絡み合う視線、そのすべてが壮絶な色気を放っている。ホント今更ですけど、凄い漫画だ。

タキは領の民にとって「現人神」のような存在なのですね。清廉潔白、穢されてはいけない唯一無二の存在。そんなタキがクラウスに抱かれることは穢されることと同意義で、あってはならないことなのです。お互いが持つ感情に違いは無いはずなのに、表現手段の相違から理解をし合うことが出来ないような関係でもある二人。タキが身体を繋げる行為によってどれだけの傷(心身ともに)を負うかクラウスには想像出来なかった一方で、タキが身体を繋げることによって傷付くという事実そのものがクラウスにとってはどれだけ傷付くことか、タキにも想像出来ない。でも、二人は古からの「運命」で結ばれている(この辺りはまだ明かされていませんが)。
「狂犬」「ライカンスロープ(獣人)」といった二つ名で呼ばれるクラウスは破滅願望があるような危険な男ですが、タキへの忠誠は決して揺らがずに命すら簡単に投げ出してしまいそうに見える。「運命」はクラウスの一族の「血」に関係がありそうですが、その想いは宿命的な絆を匂わせてクラクラします。
彼らの出会いは時系列的に少しややこしいのですが、幼年期に式典の最中にあったタキに、偶然国に招待されていたクラウスは出会うのですね。その時二人が感じた「運命」が数年後二人を再会させることになるのです。元々はタキの「監視役」として学友のふりをしていたクラウスですが、昔の想いが消えることはなかったどころか、狂気じみた強さでタキを求めるようになるのです。でもその気持ちと強引な行動を根底で支えているのは、得体のしれない「運命」だけではないのですね。まだタキの国の言葉が理解出来ないクラウスに、戦争が激しくなり留学先から国外退去を云い渡されたタキが自国の言葉で呟くのです。「お前と この空の向こう どこまでも行けたらよいのに」と。この言葉があるから、クラウスはタキの側に居ようとし続けるのだと思います。タキの気持ちが自分の激情とそう変わらないことを、クラウスは知っているのだよね。そしてそれを誇りに思っているんだ。
そしてタキが、タキが・・・有り得ないぐらい可愛いの。定められた運命とは云え、国民に崇拝される姿は心から国民の幸せを望むタキだからこそ。目に涙を溜めて堪える姿とか反則です、マジで。戦いに身を投じるタキを上官が「さぞかし美しくて、鮮烈で 気高く 狂暴で 危ういのだろうよ」と表するのですが、2巻でクラウスを倒されたと思ったタキの闘いぶりはまさの「狂気」そのもの。自分の身分を常に考えなくてはいけないタキがクラウスと接する時にだけ様々な表情と感情を見せるのです。それがなんというか、本当に愛しい。そして抱かれるタキの色気といったら本当に壮絶。稲荷屋さんの漫画ってどうしてこんなに色っぽいのかしら。絵が上手いのは当然のこと、その線の太さも特徴的だと思う。青年漫画っぽい雰囲気を感じますって、それは内容がアレだからか。
ストーリーはまだまだ中盤といったところです。二人の行方はイコール「戦局」次第という、本格的な戦争大河ロマン。でもその戦争描写がまた面白いんだ。戦争という舞台が萌えの為の装置で終わらない巧さがあるのですね。おまけの「肉球編」も素晴らしいし、今更だけど(しつこい)読めて良かった!!
余談ですが初めて「AQUA」を手に取りました。掲載作にも作家にも見事に馴染みがない!残念ながら今月号には「百日の薔薇」は載っていなかったのですが、連載が続いていることを確認出来ただけでも嬉しかったです。


さて、稲荷屋さんもイベント活動が活発な作家さん。
2,3日色々考えた末、とりあえず10年ぶりにアニメイトへ足を運び「J庭」のパンフレットを購入してきました。ドラマCDも目的だったのですが、こちらは売っていなかった。でも絶対に手に入れる!
日々萌えてはいるけれど、こんなに強い衝動を持ったのは久しぶりな気がします。色々考えたというのは、まぁ、仕事や旦那の目(下手に同人誌の値段を知っているので)なんですけど、どーにでもなるさ。この機会を逃したらイベントに足を運ぶことはなさそうだもの。腐女子たるもの1度ぐらいはお祭りに参戦してみようじゃないか!ということで、迷っていたことが嘘のようにあっさり「J庭」一般参加を決めました。ドキドキするー。

「ザイオンの小枝」稲荷屋房之介

zaion.jpg
終戦後のドイツ。廃屋に監禁され生き永らえる伯爵少将。彼を閉じ込めて屈辱を与えながら世話をするユダヤ人の青年医師。誰にも理解できない彼らの関係とは…!? 珠玉の表題作他、2人が超絶可愛い耳キャラで動きまくるショートギャク「肉球編」も収録した贅沢な一冊!! すれ違う2人のその後が描き下ろしで登場!

稲荷屋さんとの出会いは「百日の薔薇」よりも前、何の雑誌かすっかり忘れてしまったけど、神父と捕虜の話だった。神父が道義に反して愛そうとしたその男はリンチに合い去勢されていた―という何とも衝撃的なラストで締めくくられていて(記憶が非常に曖昧ですが)、暗い展開なのに明るい画面構成がとても印象的だった。あの話には続編があったのだろうか。単行本には入っていないのかなぁ・・・。
実はこの「ザイオンの小枝」の表紙を見て「あの話かも!」と期待をしたのですが、違いました(笑)

しかし面白かった。
稲荷屋さんの描く異国はある種のファンタジーで、そこに生きる人々の愛憎や葛藤は字幕映画を観ているように遠く感じられる。この二人の辿ることになった運命は、伯爵が医者を見定めた時から決まっていたのだろう。ドイツ人の伯爵がユダヤ人の子供を囲うことの悲劇。人種間の憎悪を超えて個人として対峙することなどないのではないかという、歴史が示す悲劇だ。それを監禁凌辱という手法で見せつけておきながら、稲荷屋さんの漫画には「色気と官能」があっても「媚」がまったくないように感じる。50近くに見受けられる伯爵は終始苦痛の表情を浮かべて喘ぎを漏らさないし、そんな伯爵を見つめる男の表情も、愛と憎しみに惑う苦痛の表情を崩さない。なんというか、本当に壮絶な色気がある。長々と続く腸内洗浄の場面ですら、凌辱に違いないのに粛々としている。これは実はとても凄いことではなかろうか。どうでもいいけど「腸内洗浄」って日記に初めて書いた気がする。ちょっとドキドキしました。最後の話がなければ愛憎の「憎」の部分だけが際立った、監獄の中で二人とも気が狂うしかないような絶望的な話だったけど、一気に外の世界に放たれた(精神的にも物理的にも)最終話で救われました。遠い将来でも構わない、いつか「個人」として対峙する二人の表情が穏やかであると良いなと思いました。他の短編も面白かったです。平均年齢が高めなのは偶然かしら?おじさん達の色気が凄いです。

ナチスドイツについて語れることはほっとんど持たないし、時代と国に対する萌えもほぼないのですが、こんだけシリアスな話にもやっぱりあるのね!という「肉球編(作品のセルフパロディ。登場人物が犬猫耳付きの小人化で展開されるギャグ)」に激しく萌えました。可愛すぎるだろう!こういった悪ノリ(?)が嫌でたまらない漫画も正直あるのだけど、稲荷屋さんのギャグは好きだなぁ。もしかしたら本編よりも好きかもしれない(笑)

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。