スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「赫蜥蜴の閨」

tokage.jpg
誰が何と言おうと今年のマイベスト!


いや実際叫ぶぐらい好きなんです。このヤクザ本が。
この話が「好き」と言いたくてブログを始めたぐらい(笑)


高柳商事大阪支社長の高柳光己は、英国人の血が混じる端麗な容姿に美しい妻…と、誰もが羨む人生を歩んでいる。しかし、会社のために自分を利用する社長の養父や、我が儘な妻に振り回され、光己は鬱屈した日々を重ねていた。
ある日、光己は妻の浮気をネタに熾津組の若頭、熾津臣に強請られ、凌辱されてしまう。なぜか執着され、執拗に繰り返される行為に光己は理性を徐々に蝕まれていく。だが、次第に奇妙な解放感と安らぎを感じるようになり…。


『蛇淫の血』『蛇恋の禊』『蜘蛛の褥』から成る「岐柳組三部作(虫編シリーズ)」のスピン的作品です。 『蜘蛛』で沙野さんにハマったものの、子蛇組長がどうも好きになれなかったこのシリーズ。
しかしこの『蜥蜴』は本当に本当に私の好みにドンピシャでした。

私が求めるヤクザBLのすべてが詰まっていると言っても過言じゃないこの作品。
無体を働く理由も凌辱の内容も申し分なかった。
容赦ないヤクザ者、臣の粘りつくような関西弁と色気漂う「ザラッとした」声が耳元で聞こえてきそうですよ!(危ない)臣の台詞すべてを抜き出して堪能したいぐらい素晴らしい。関西ヤクザ最高です。エロも場末のラブホテル、スパンキング、衆人環視のセックス、そして山場の青姦。
どこをとっても素晴らしすぎて上手く言葉に出来ません(本当に危ない)

しかし!その臣以上に私を虜にしたのが受けの光己です。
この光己の何がいいって、とにかく強いんだ。
精神的にも肉体的にも本当に強靭で、ヤクザ物相手の負け戦に、気持ちの上では全然負けていない。身体を好き勝手にされながらも虎視眈々と挽回の機会を窺っている。その強かさにやられました。「攻めでもいけそうな受けを目指した」と沙野さんのブログにもあるとおり、光己が本当にカッコイイ。
受けに「抱かれたい」とか思ったの初めてなんですけど(笑)

そんな光己が一度だけ精神的に崩れて臣が光己を宅に連れ帰るのですが、その後のエロシーンといったらないです。騎乗位で腰を振る光己と光己のモノを握って臣が言う台詞が「コウちゃんの、デカくてエロいのう」ですよ!関西弁エロス!それまでも光己のモノがデカいという描写はあったのですが、受けの性器の大きさを強調することが、こんなにもエロいとは!!新しい発見でした。

エロだけを強調したいわけではないのですが、ヤクザBLの素晴らしいところは「エロとの両立が小説の中で丁度いい具合」なところではないでしょうか。自分で書いて成程と思っています(笑)
堅気のお仕事の人が拉致って凌辱なんて、その後の人生捨てるつもりですかって感じだもの。
どんな無体をしても「あー、ヤクザだからネ」で納得してしまうマジック!

しかし、只のエロで終わらないのが沙野作品の凄さ。
二人の気持ちが寄り添っていく過程が見事に書かれています。
臣のトラウマと光己の育ってきた環境と―その二つがうまい具合に絡んで、しかもその絡み方に臣の狂気的な一面を覗かせて・・・。
利用され、搾取され続けた光己は臣の手を取りこう思うのです。
「いつだって求めていたのは―現実を生き抜く力だった。そして、互いに力をそそぎ合って添い遂げられる誰かだった」

「愛している」「好きだ」なんて言葉は二人に似合わない。
ともに生き、ともに死ぬーそんな言葉がしっくりきます。
私の中では、臣の屍の前で納得したように微笑む老年の光己、という絵まで出来上がっていますとも。穏やかな死を迎えることのなさそうな臣と、その臣の側に添うことを決めた光己。二人の蜜月が少しでも長く続きますようになんて願ってしまいます。

ああ、好きだー
スポンサーサイト

「艶漢」

adekan.jpg

新書館が大プッシュする大型新人!!いろんな意味で凄いです。

ユルい着流しにノーフン(フンドシしてないってことダ)がちな妖艶系ぼんやり傘職人・詩郎と、だらしない人がぜんぜんゆるせない熱血正義漢(妹萌え)な巡査殿・光路郎が、世界の果てのまぼろしみたいな裏町でエログロ猟奇な事件に巻き込まれる! 眉目秀麗悶絶お色気アクション・パノラマ百貨店。絵とストーリーが放つこの阿片的中毒性! 大型新人・尚月地の処女作第一集、ドンッ!

ま、丸尾末広の世界をちょっとSFっぽくしたお色気満載の浪漫絵巻!なんだこれ!!
帯の西炯子先生の「もう絵に恋をすることはないと思っていました」という言葉も頷ける。
しかもギャグ面白いし!これは今後も大注目です。
あっ、ホモではありません。無駄にお色気満載の兄さんが出てきますがちっともホモ臭くありません。
新書館のこのバランス感覚が好きだー。

藍川さとる先生のこと

seiten1.jpg
seiten2.jpg
seiten3.jpg

新書館の「Wings」は不思議な立ち位置の雑誌だと思います。
BLでも少女漫画でもマニアでもない。
私がこの雑誌を毎月買っていたのは中学生の頃でした。
なるしまゆりの『少年魔法士』を読むために買い始めたのですが、自分の求めていたのはこういう漫画達だったんだなーとすごく納得したのを覚えています。
「Wings」は私になるしまゆり、西炯子、菅野彰、そして藍川さとるを教えてくれました。

『晴天なり。シリーズ』(藍川さとる)は続編を待望してやまない作品のひとつです。
藍川先生は現在は名前を変えて活動していますが、昨年の夏ごろに読み切り短編を書いたきり、また沈黙してしまいました。
二つの家族を中心に、それぞれの友人たちや恋人、日常の何気ない出来事を綴るシリーズです。言葉ひとつひとつがとても心に響いて、気に入った台詞を日記に書いたりしていました。それぞれが悩みを抱えていて、でも決して卑屈ではなくきちんと折り合いをつけて生きている。その凛とした雰囲気、物語の力強さにやられました。
全体的に思索的、哲学的で、藍川先生の『飛行少年』はその傾向がもっと強く出ている作品です。
中学生の頃に出会ったこのシリーズとこの漫画家は私にとって特別で、人生のベスト本というのを決めれば間違いなく上位に入ってきます。思春期のグルグル真っ只中の私は、随分この作品に救われたものです。文庫化されて3巻にまとまったので、たぶんもう続編はないのでしょう。連載が途中になっている話があってそれが残念です。単行本の過剰な内省まじりの後書が面白かったので、文庫にも入ればいいのにと思いました。

好きな話ばかりですが、「キレイなこと」にこだわる少年と、彼に反感を覚える後輩の「さかなのf」。吉峰家の悩める四女真由子ちゃんの初恋と、大人と子供の関係を真正面から描いた「ウィーカーセックス スピーカーセックス」。スポーツ万能少年に告白した少女の自分でも気がつかない胸の内「Sol・la」。他人との距離の取り方がわからない和樹の「異星人交差点」。選べば全部好きだ!


で、なんと11月に古張乃莉名義の単行本が出るという情報が!(一般ブログ様よりの情報です)
本当ならこんなに幸せなことはないです。
好きな作家の本がまた読める。
半分以上諦めていただけにとても嬉しいです。
プロフィール

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL.猫かぶってみても、結局たどりつくのはそこなのです。感想は基本的にすべてネタバレ注意です。拍手&コメントありがとうございます。拍手コメントは該当記事のコメ欄にてお返事いたします。リンクフリーですがご一報頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。