スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「はつこいの死霊」

siryou.jpg
全ての不幸の元は初恋の祟りである

「漫画が好き」という人には草間さかえを読んでと伝えたい。
読んだらわかるから。
すごいから。
BLだからなんて言わないで―

でも、わからない人には教えないの。もったいないもの。
BL漫画を読む人生でその出会いに心底感謝した作家の一人であり、おそらく一番圧倒された漫画家だ。そして『はつこいの死霊』はその中でも一番好きな作品。

浮気を繰り返す両親に嫌気がさしていた智はアパートの隣人である祐一と仲良くなる。
誰かを好きになることはない、無意味だ、という智に
「それでもきっと誰かを好きになるよ」と慰められた夏休みのある出来事。
それから10年後、初恋の死霊が息をふき返す―



癖のある絵柄と、奥行のある独特の構図。ノスタルジックな雰囲気に呑まれたらもうすっかり夢中でした。しかし、何よりも驚嘆したのはそのモチーフの使い方。「はつこいの死霊」というタイトルの元にもなっている言葉の由縁は、戦後に興った新興宗教(天元教)の教義―「恋慕の難」からきているのです。
その眼のつけどころにとにかく驚きました。
作中で大学生の祐一が中学生の智に語る「「初恋の祟り」の一節。
「水子に心当たりがある人間よりも、俺を含め初恋に敗れた人間の方が多い」
そう、初恋の気持ちってまさしく祟りのようだと思うのです。よく知りもしない相手のことを日がな一日考え、それこそ祟り殺せるのではないかというぐらい想ってしまう。
(はい、私も初恋には執着しまくった類の人間です)

母の浮気相手が祐一だったことから二人は音信不通になるのですが、それから10年の歳月が流れて二人は再会するのです。建設会社社員と埋蔵文化財調査センター担当者として。
一目で祐一に気がついた智に対して、祐一は智のことを忘れていた。
両親の離婚の原因になったという祐一の負い目と、建設会社の弱み(土地の曰く話)に付け込んで智は祐一に取引を持ちかける。それは「土地の曰くを黙っている代わりに、金曜から月曜までいいなりになる―」というものだった。
智の本意はもちろん両親の離婚などにはなく、ただ10年前のあの夏、祐一が戯れに智にしたキスにあった。智はその行為をきっかけに祐一への恋心に目覚め、それは初恋の呪縛として彼の身の内にあったのだ。しかし祐一はキスのことも覚えておらず、自分は同性愛者でもないと言う。
息をふき返した初恋の死霊は二人をどこに導くのか。

蕎麦屋の二階、ラブホテルが玄関の戸建、目隠しの屏風、背景や街並み、家屋がこんなにも生きている漫画はないです。そして人物を俯瞰した構図の素晴らしさ。草間さかえは本当に独特の才能を持っている作家さんです。
エロは少ない作品が多いですが、「はつこい」はいたすシーンが多くてそれも含めて好きです。「手籠にする」という言葉がしっくりくるような蕎麦屋と週末の陵辱は、冷静に考えれば祐一にとってはえらい災難なのだけど、尋常ではない色気にそんなことはどうでもよくなります。
台詞にも、ひとつも無駄な言葉がありません。
「ああいう声 会話より隣に抜けるから」
この人は一体何を読んで生きてきたのだろう。
こういう言語感覚を身につけている作家さんは尊敬します。

智とは違った意味でまた祐一も初恋に囚われている人間だったのですね。
「女性に本気になれなくなった」祐一が、それでも人恋しいと思っていることも中学生の智は何となくわかっていたのでしょうか。
「あんたはいつだって過去を振り払うのに必死で 今が等閑なんだ」
復讐なんかではなく初恋の気持から祐一を抱いた智。

「この先あんたが被る全ての不幸の原因の 俺のことを忘れるな」
「それでもやっぱり 俺の死霊はあんたにしか付かないよ」

そして迎える大団円には本当に感動しました。
草間さかえの素晴らしいところは、変幻自在に飛躍できそうな物語世界なのに、絶対に最後はBL的ハッピーエンドで幕をとじること。愛がある。BLへの愛がある。

あとがきにカバー下、サービス精神が旺盛なのも、嬉しい限りです。
スポンサーサイト
プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL.猫かぶってみても、結局たどりつくのはそこなのです。感想は基本的にすべてネタバレ注意です。拍手&コメントありがとうございます。拍手コメントは該当記事のコメ欄にてお返事いたします。リンクフリーですがご一報頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。