スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「HOME」木原音瀬

HOME (Holly NOVELS)HOME (Holly NOVELS)
(2010/12/11)
木原 音瀬

商品詳細を見る

長い間、片想いしていた男が死んだ。篤は、男が育てていた姉の子供・直己を彼と思い引き取って育てはじめるが、心を閉ざした子供は篤に懐かなかった。やがて少年は大学生にまで成長したが、相変わらず何を考えているのかわからない態度や容姿には、愛した男の陽気で優しい面影はなかった。篤は役目が終わったことを感じ、見合いを決める。しかしその夜、直己の態度が一変し…。衝撃の問題作、ついに新装版で登場。

楽しみにしていた木原さんの『HOME』!
怖々読み始めたのだけど、とても好きになりました。
しかし上手くまとめられる気がまったくせずダラダラ長文に…。

以下、ネタバレ注意。

すごく面白かった。
物語の中で起こる出来事と登場人物の感情に、何一つ「なぜ?」と思うところがなかった。
というのも、私は木原作品を読むときかなりの確率で恋愛に至る状況に肯けないことがあるから。木原さんが描く関係性というのはデビュー作から徹底していると思う。簡単に云ってしまえば、「(社会的or人格的)に、こんな男を好きになる人はそういないだろう」という人物を登場させ、恋に至る過程を描いている。それは素晴らしい感情の転換で、嫌な奴だった男が次第に可愛く思えてくる様子など読んでいてとても心地が良い。それは「自分だけが彼を理解している」という優越感を満たしてくれるからかもしれないね。でも、「どんなに嫌な人でも何かひとつ好きなところがあればそれは恋に成り得る」という人間感情の不思議に、読者である私は「果たしてそうだろうか?」と思う事もあったのだ。もちろん木原作品を否定しているわけではないし、BLフィルターが掛りにくいというのも一因だろう。

『HOME』で描かれるのは薄ら寒くなるような「家族」の姿だ。
「家」という密室で起こり得るマイナス方面の愛情について、これでもかと突き付けてくる。
篤は好きだった男の血を引いているから、という妄執に近い理由で血の繋がらない直己を引き取り育てる。死んだ双子の弟へのコンプレックスから篤は他者から愛されているという自信もまったく持てないまま大人になった。愛情表現に乏しく懐かない子供への関わり方もわからない。責任感の強い篤は直己に対して「衣食住」の世話を欠かしたことはなく、それは直己が大学進学を決める年齢になっても何一つ変わることはなかった。家事の一切を引き受け仕事をしながら当然のようにそれをこなす。篤の行動は保護者として不足のないもののように一見思えるのだが、そこに肝心の「愛情」がなかった。まったくなかったかというと私は違うと思うが、子供に伝わる形での愛情は、なかった。死んだ男の影をいつまでも追い続ける篤には直己自身と向き合う気持ちがなかったのだから。篤は歪で身勝手で優しくて哀しい。一方直己は、母親が死に、叔父と恋人が死に、篤だけしか頼る者がいない環境でまるで食事だけを与えられて飼い殺しのようだと感じながら成長をする。愛していないのに何故引き取ったと篤を責める直己もまた、可哀相な子供なのだ。

まともな会話はなくても食事は必ず共に取り、篤はご飯を作り直己は食器を洗う。
二人だけのHOMEで二人だけの粛々とした生活を続ける。何かの苦行のように。そんな生活に先に音を上げたのは篤の方だった。見合いを決めた篤を直己は酷い暴力で犯す。家というのは密室だ。そこは決して万人にとって心安らげる場所ではない。それでも家という形が目の前にあれば、人は帰らざるを得なくなる。激しい嫌悪を覚えた篤は直己のことが怖くて怖くて仕方がなくなる。その怯え方はトラウマといっても過言ではない。二度と会いたくない、顔も見たくない、別々に暮らしたい。そう願うのに、篤は「自分がいないと死んでしまいそうな」直己のことを放って置くことが出来ず家に戻る。友人の立原はそんな篤を怒るが、彼の言葉は篤には届かない。友人の言葉よりも家族を選択してしまう。

暴力を受けても、恐怖に震えても、家族だからとHOMEを選ぶ。
それはとても怖いのだけど、でも、どこかわかる気がする自分がいるのだ(気がするだけよ!)
最初に書いた「なぜ?」がないというのはそういうことだ。
暴力と愛情は相反する行為のはずなのに、それをうやむやにする効力がHOME(家族)にはある。
認めたくはないが、確かにあると思うのだ。

直己は篤を「母親」にすると同時に「恋人」にしたかった。
私がその感覚にも疑問を抱く余地がなかったのは、多分に「ありそうなことだ」と思ってしまったからだ。
身の回りの世話をさせ、自分だけを愛するように強要し、自分もまた強い強い愛情をぶつける。子どもの頃に出来なかった甘えの形を、直己は大人になってから篤にぶつける。その愛情の種類がいつしか度を超えていたとしてもそれは仕方がないことのようにも思えてくるのだ。どちらも悪くて、どちらも悪くないのだ。
偽善的な独りよがりの行為だと篤は直己を引き取ったことを後悔するが、彼は決して途中で放棄をしなかった。でも愛情が足りないせいで直己が歪んだのは悲しいけど多分事実なのだ。その上手くいかなさが、家族のリアルだと思うんだ。怖いのだけど哀しくて、とにかく夢中で読んでいた。

二人の関係は変化を続ける。
篤は直己が死にかけて漸く直己への感情を恋愛だと自覚する。本当はもっと前から気が付いていて見て見ぬふりをしていたのを、やっと認めるのだ。かつて恋した男は「顔が同じ」であるはずの双子の弟を生涯のパートナーに選んだ。弟よりも自分のことを好きだと云う人間はいなかったという自虐に捕われている篤にとって、直己の言葉は素直に嬉しいものだったのだ。家族から恋人めいたものへ、事態は良い方向に動きそうになるが、そうはいかない。
直己が交通事故に合い、それまで示した甘い愛情表現の一切をしなくなり家に引きこもるようになるのだ。一瞬開けたかのように思えた彼らのHOMEは、また地獄の密室へと逆戻りをする。家族だから、恋している男だから、と献身的な世話をする篤の様子は、ただ衣食住の世話をしていた子供の頃と変わらないように直己の目には映ってしまう。実際篤は仏頂面の直己との対話をすぐに諦め、あろうことか飲酒を始める。酔っていなければまともに向き合うことも出来ず、話す内容は当たり障りのないことばかり。篤はやっぱり愛し方がわからないままなのだ。

篤は「顔」に縛られている。直己に男の姿を求め、「弟と同じ顔なのに、なぜ」と繰り返す。
この篤の負の感情が後に報いとして直己の行動に返ってくるのだ。実は、私はこの直己の行動を予想していたのだ。なぜなら既読の方が一様に「痛い」と云っている理由がわからなかったから。で、つらつら考えるうちに、きっと直己はこうするに違いないと思ったら当たったので驚いた。
狂ってると云ってしまうのは簡単だけど、愛情と憎しみを極限まで募らせた結果の直己の行動は、篤が云うように酷く悲しい。直己にとって「自分」などというものは端からなかったのかもしれない。ただ、篤に「愛されよう」とする子供が居ただけで、彼の自我は「表面」を含んではいなかったのかもしれない。もしくは盛大なあてつけであり、復讐かな。それでも極端すぎる彼の行動は「子供」のソレだ。篤は既に男の「顔」など求めてはいなかったのに、彼は死ぬまで愛されながら断罪されることになるのだ。怖い。とても怖くて外から見れば狂っているような二人なのだけど、彼らは時に激しい後悔に苛まれながらも、きっと、多くの幸福な瞬間を積み重ねていくのだ。


面白かったです。
すごい本を読みました。


続きを読む

スポンサーサイト

「天国に手が届く」夕映月子

天国に手が届く (ディアプラス文庫)天国に手が届く (ディアプラス文庫)
(2010/12/09)
夕映 月子

商品詳細を見る

登山が趣味の会社員・佐和は、あこがれの登山愛好家・小田切に出向先で出会った。思い切って山に誘うが、小田切の心の傷になっている、亡き有名登山家の叔父・叶の話を持ち出したせいで、冷たく断られてしまう。ある日、一人でクライミングに来た佐和は、偶然同じ場所に来ていた小田切が原因の落石でケガをする。彼の罪悪感に半ばつけこむように、登山の約束を交わすが…?孤独な心に寄り添う、天上の恋。

お久しぶりの感想です。
著者のデビュー作。周囲の評判の良さに押されて手に取ってみたら素晴らしかった!

美しい情景描写に、プロフィールにもあるように趣味に裏打ちされた詳細な登山描写。でも決して専門的に過ぎず、読者を突き放すことはない。夕映さんの文章は柔らかいのに抑制が利いている弦のようだ。
どこにでもいそうな普通の青年二人の物語だ。その性格や性質に特筆すべきことがない、等身大の青年達。そんな二人を主人公に据えて、互いが出会い惹かれて恋になっていく様子を、「登山」というアイテムを存分に活かして丁寧に描写していく。彼らが山に登るのも必然なら、互いをパートナーに定めるのも必然だと思わされるぐらい、登山と恋愛が上手く噛み合っているのだ。読んでいて何度も感心するぐらいに。私は山に畏怖を抱きこそすれ魅了されたことがないのだが(典型的な、下りるのになぜ登ると思っている人間です)、夕映さんの描写はそんな私が一瞬でも登山に憧れを抱くぐらい、説得力があった。

特にハッとしたのが、力が釣り合っていないとパートナーにはなれないというくだりだ。
相手の足を引っ張ることも引っ張られる事も良しとせず、単独行に臨むものが多いという登山の世界。互いの持つ能力がダイレクトに生死に関係してくるのだから、相手選びに慎重になるのは当然だ。能力が高ければ高いほど孤独になる構造に加えて、叔父の死によって閉ざされた小田切の心は頑なだった。柔軟な佐和は憧れと少しの使命感をもって小田切に近づく。亡くなった叶に導かれるように出会った二人の運命を、叶はもしかしたら知っていたのかもしれないね。

登山、これほど「死」と隣り合わせの趣味もないだろう。
また、スポーツのように勝敗がハッキリしているわけではないのに「能力」を頼りにする趣味も珍しいのではないか。私はいつでも「感性」を頼りにする趣味を持ってきた人間なので、彼らが抱える夫々の孤独を想像すると、登山という趣味の底知れない深さに山と相対する時に感じるような畏怖さえ覚えた。彼らは二人で居ても、時々に「孤独だ」という根源的な恐怖を山から受け取り続けるだろう。静寂の中に身を置いて、自分という存在も、相手の存在も、広大な景色の中では無力だと知る。その「連帯」をしながらも「孤独」を常に知っているのだという(私好みの言葉と解釈で失礼します)スタンスが堪らなくツボだった。「孤独と連帯」は私が男同士の恋愛小説を読むのに欠かせないキーワードだが、仕事ではなく趣味を描いた話でこんなにも実感させられるとは。今更ながら、山岳物というジャンルがBLに存在する理由がよくわかった気がします。
攻めの小田切の弱さも受けの佐和の強さもとてもバランスが取れていた。一見穏やかだけど相当な負けず嫌いで根性のある佐和はとても男らしい受けで、致す場面のイニシアチブもどっちが取っているんだかという二人が愛しかった。

最後に、ラストの切り方について。
これが言葉を失うぐらい素晴らしかったのだ。
この著者なら美しい言葉や余韻に浸るような繊細な描写をいくらでも書けたと思う。
でもそうはしないことで、彼らの眺める光景を一緒に体感しているような、天空に放り出されたような爽快感すらあった。ラスト1行に鳥肌が立ち、ブワッと熱いものがこみ上げてきたのは大袈裟でもなんでもなく本当のこと。



良い本を読みました。
次回作も楽しみにしています!


続きを読む

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。