スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「神とペン」柳沢ゆきお

kamitopen.jpg
神とペン (F-BOOK comics)

興奮する読書体験だった。
これはなんだろう?読んだことがあるようなないような、知っているような知らないような。
なんてヘンテコで面白い漫画を描く作家さんなのだろう!一瞬でファンになってしまった!

神とペン
表題作からやられてしまった。神様と同居するエロ漫画家の話。私はこういった不条理話にとても弱いのだ。神様はただそこに居るだけで、この世に起きる幸も不幸もどうすることも出来ない。役立たずの神様は人と同じように心を痛めそれ以上に無力さを嘆く。だからこそ、たった一つだけ叶えることの出来た願いにグッとくるのだ。余談だが最初にタイトルを見たときに「表現規制風刺モノ?」と一瞬頭をよぎった。何を連想したのか、蓋を開けてみれば関係なかったわけだけど、でも、完全に無関係だとも言い切れないような気がするのだ(セーラー服を着た少年(人外)と大人の組み合わせですし…)ともあれ、良いタイトルだと思う。ただ一つ残念なのがオチの元ネタがわからないことだ。つげ義春でいいのかな?気になります。

まつりのあと
兄弟の再会モノ。7年前の一件から再会するまで兄がどうやって生きてきて、その間弟が何を「越えた」のか、詳しく描かれることはない。だけど切羽詰まった苦し気な兄の表情がすべてを物語っているし、中性的で美しい弟が見せる憐れみと媚と愛しさが混ざった絶妙な視線がすべての感情を伝えている。確かにその関係は「禁忌」なのだけど、背徳や後ろめたさを軽く飛び越えてお互いを選びとるしかないような力強さがあるのだ。柳沢さんの漫画はどこか小野塚カホリを彷彿とさせる。それはお二方の描く禁忌や不条理の形と、それと相対するときの人々の軽やかさにあるのかもしれない。血を流しても、消えない傷を作っても、たとえ不幸になっても、互いを選ぶ強さがあって、そして「死」の匂いが濃厚なのだ。兄が弟を心の底から欲したのが14年前、その時から二人の運命は決まっていたのだと思うとくらくらする。祭描写に人身御供といったアイテムの使い方といい大変好みだった!

せめて美しい言葉を。
恋人同士の話。ゲイの卑屈さとノンケの不器用さが招くすれ違い喧嘩からのエロに驚いた。某さんのブログで「メガシャ」という言葉を拝見して思わず笑ってしまったのだが、まさにその通りだ!なんてフェティッシュ!なんてエロス!眼鏡萌えがないという残念な腐女子ですがこれはさすがに滾りましたよ。素晴らしいです、ごちそうさまでした。

さすらう よるの ながくへ ららら
7年会っていなかった彼をなぜ彼は呼び出したのか、特別親しいわけではなかったのにどうして流星群の夜に誘ったのか。そこにある感情がたとえ恋愛ではなくても、非日常のイベントを共に過ごした思い出というのは、自分が考えるよりも深く底の方に漂っているのかもしれないね。会いたいと願った時に来てくれたことを後生大事にしていた彼と、必死に走った彼がまた笑いあえる日がくるといい。既視感がある話だけど揺さぶられます。

プリーズタッチヒアトゥオープン
ワケアリ親子と担任の先生の話。この漫画がどんな雑誌に掲載されていたら納得するだろうか。意味もなく考えているのだが答えは出ない。思春期の子供に振り回される大人と、大人の事情に振り回される子供の極めてフェアで温かいヒューマンドラマだった。色々なものをアッサリと飛び越えて見せた大人達のそばで、少年も彼らの愛情に応えられるような大人になっていくのだろう。語られていない部分が若干消化不良だったが(先生はいつ父親だと気がついたのか、認知の件、など)それ以上に魅力があった。BLだと思って読むから異質に感じるのか、そもそも絵柄が異質だからなのか、うーん、やっぱり面白い人だと思った一作でした。

四次元ラヴァーズ
ゲイと二次元にしか興味がない韓国人留学生の話。こちらも「プリーズ」同様にBLというよりは、いくつもの差別を描いたヒューマンドラマかな。「お前なんて人間はこの世にたった一人しかいないんだから!」という雪君の言によると、だから「正しい」と奢ってもいけないし、「間違っている」と卑屈になってもいけないのだ。人は皆独りで夫々の正しさや間違いを抱えて生きている。最初は言葉の壁を作って閉じこもっていた雪君が差別を受ける岡田の為に日本語を叫ぶのが良いね。独りと独りの境界を飛び越える手段はいくらだってあるのだ。


次回作も楽しみです!良い本を読みました!

***

続きを読む

スポンサーサイト

徒然

ご無沙汰しています、元気です!
直接ご挨拶をしたことはないのですが、なるしまゆりファンとお見受けする方のブログで「14巻7月末発売!」の文字を見て大慌てで詳細を調べました。そしたらばアマゾンで予約受付が始まっていました。おおお。
なるしまさんの呟きによると、7月末にサイン会の予定が立ったとか(詳細未定)。今から参加できなかった時のことを考えて沈んでいるネガティブ思考をどうにかしたいですが、とにかく、発売決定おめでとうございます!!!

少年魔法士 (14) (ウィングス・コミックス)少年魔法士 (14) (ウィングス・コミックス)
(2011/07/23)
なるしま ゆり

商品詳細を見る


14巻発売までに全巻感想を書こうという野望は変わっていません。が、新作『ライトノベル』を読んで読者と著者のネット上での距離感の近さに考えさせられる部分がありました。私は、「自分の文章を作家さんご本人が読む可能性があるかもしれない」という当然のことを本当に今まで意識していなかったのです。でも、ここはネット。お友達の中には「読んでくださってもいいように」という前提で真摯にレビューを書いている方もいる。自分がマジメではないとは思いませんが(おい)、その観点がすっぽり抜けていたことに対して上手く飲み込めていない部分があるのです(それと今月の滞りは無関係ですが!)あれですね、たぶん、自分の娯楽が作家の不利益になる可能性があるってことが突然怖くなったのかな。じゃあ書くのやめるのかっていうと、その選択肢はないのですが。

今月いっぱいは集中したいことがあるので、来月気持ちを切り替えて向き合いたいです。



映画版「まほろ駅前多田便利軒」

「まほろ」の映画を観てきました。
以下、短く感想。

過去の事故から望まない関わりを持つ羽目になってしまった男二人の不穏な日常ドラマ。
未だ完結をしていない「まほろ」とは結局そういう物語だと思うのだ。
追ってしまった罪への後悔や拭えない生い立ちの記憶、そういう持ち物を誰しもが抱えながら、一人ではちょっと寂しいからたまに他人と一緒にいようとする自然な行動、それをフィクション的な舞台装置と事件で装飾した物語。主役二人が原作の設定よりもかなり若い分、便利屋稼業という看板に一層の不信感が出ていたように感じた。まともな神経の持ち主なら「彼ら」に子どもの送迎は依頼しないだろうなぁという類の不信感だ(由良の母親はネグレクト気味なので活かされている)

行天の破滅願望というかエキセントリックさは大体原作通りだった。
奇妙な笑い方は滴るような色気の代わりだと思えばそれもまたありだ。
一番イイと思ったのは暴力シーンかな。無表情でありながらちょっと楽しそうという絶妙な顔をしている。
多田の魅力は「倦怠と哀愁」だと思うのだが、若い俳優からは怖いぐらいの「無気力さと不安定さ」が漂ってきて、自分の身に起きたことを何にも飲み込めていない未熟さが前面に出ていたように感じた。多田の若い頃、というわけではなく、「若い多田」ならこう描くのは納得が出来た。しかしあまりに情緒不安な役だったので、二人の未来に「希望」の文字が微塵も見えなかったのが気がかりだ。もう少しコミカルでふざけた場面が多くても良かったのではと思った(最後に流れる登場人物達のその後のような)何せ二人とも若いのだから!そう、彼らにドン詰まった表情はまだ似合わない。
あと演出上だがら仕方ないのだが、人物の沈黙場面と多用される喫煙場面には若干辟易したかな。


正直に云えば、期待通りというか予想通りの映画ではあった。
というのも、これはまったくの個人的な意見だが、作り手側の戸惑いのようなものが透けて見えてしまったような気がしたから。それは三浦しをんの原作を読んで私が感じたことだが、「二人が一緒にいる理由」について、作り手側が疑いを抱いているのではないかなというものだ。要するにフィクションがフィクションであるという事実に負けているのだ。その違和感のようなものを山田ユギ版ではあまり感じなかったから、もしも製作者が女性であったのなら、まったく別の印象を抱く作品に仕上がっていたかもしれないなと思った。って、キレイにまとめた風だが要は萌えをもっと!という結論じゃないか…。

まとめて感想

早いものでもう5月。
先月中旬から下旬にかけて読んだ漫画がどれも面白くて幸せです。
忘れないようにまとめて感想を。

甘い針 (Feelコミックス オンブルー)甘い針 (Feelコミックス オンブルー)
(2011/04/25)
明治 カナ子

商品詳細を見る

まさか新装版が出るとは思っていなかったので(この御時世に!)告知を見たときは驚いた。明治さんの初期の作品集でヤオイショタエロ漫画である。かなり過激な内容なのでオンブルーレーベルだからと表紙買いをして驚かれた方も居るのではないだろうか。『リアル1/2』から明治さんにハマったファンとしては、『甘い針』のキツさは初読み時には驚いたものの、大好きである。現在の穏やかな作品も良いけれど、初期から中期の薄暗い作品の方が心に残っているものは多いのだ。どれも印象深いのだが、一番BLらしい作品である「さかなの目」シリーズが特に好きだ。従兄に暴力に近い形で抱かれ続ける少年の話。古い日本家屋でじわじわと追い詰められて諦めてしまったような関係が耽美でよい。恋愛感情のようなものが徐々にうっすらと見えてくる展開もたまらない。旧版にはなかったこのシリーズの描き下ろしが収録されている。僅か2頁だが、相変わらずの小さな囲いの中で従兄に翻弄される少年が可愛い。気持ち悪い(失礼)オジサンが攻めの話が多く、受け側は完全に被捕食者として為す術もない。エロをエロく描く明治さんのエロ漫画が大好きです。

キャッスルマンゴー 1 (MARBLE COMICS)キャッスルマンゴー 1 (MARBLE COMICS)
(2011/04/20)
小椋 ムク、木原 音瀬 他

商品詳細を見る

木原節のキツさは薄く(随分前に読んだ雑誌付録小冊子「リバーズエンド」をうっすら思いだすことで十亀の背景にある過酷さが木原さんらしいかなと感じたぐらいだ)、ムクさんの漫画にしては動きがある。その結果、読みやすくて先が気になる面白い物語に仕上がっていると感じた。個人的にはもう少し漫画本編でも「木原節」を読みたくもあったのだが、これだけ平和だと2巻で急転直下されても怖いかな…。過去の荷物を背負って生きる十亀と、ラブホテル経営を夢見る素直になれない高校生万の恋愛は、どちらも可愛らしくてキュンとなった。特にAV監督なのに高校生のうちは手を出さないと頑なに決めている十亀に微笑ましい気持ちになってしまう。しかしどちらのキャラにもそこまで感情移入はしないのである。可愛いなぁと思っただけで止まってしまう。多分、それがムクさん漫画を読むときの私の弱点なんだろうな…。しかし面白いです!2巻が楽しみ♪

春に孵る (バンブーコミックス 麗人セレクション)春に孵る (バンブーコミックス 麗人セレクション)
(2011/04/27)
国枝 彩香

商品詳細を見る

面白さに言葉を失くす。
国枝さんは漫画が本当に上手い。その巧みさは安定感があって私なんぞが改めて感想を書くまでもなく、作品内ですべて完結している(ユギさんの読後感に近い)。後味の悪い作品がほとんどだが「麗人」本誌で読んでいたので落ち着いて堪能出来た。しかし、「十三夜幻灯」だけは未読でこれが参った。超怖かったですよ…永遠の愛なんて願うものじゃないね。一番好きなのは表題作だ。少女を主人公に据えて人間の業の深さをこれでもかと描いている。皆狂っているが、その狂気が心地良くもある。男の手を取った先にあるものは、きっと地獄のような天国(あれ、逆かな?)なのだろうと考えるとそれもまた良しなのだ。

花に染む 1 (クイーンズコミックス)花に染む 1 (クイーンズコミックス)
(2010/08/19)
くらもち ふさこ

商品詳細を見る

おススメされた一作。現在2巻まで刊行。同著者の『駅から5分』のスピンオフだが単品でも大丈夫。
少年(男)と少女(女)が関わるときに相手の一番懐深くに飛びこむ手段として「恋愛」があるとする。しかし「恋愛」を選択したくないと頑なに思っている少年と少女がいる。一方の真意は見えないが、少女がそう思うのは、その選択肢によって二人がともにある未来は与えられないと、潔いほどに知っているからだ。その愛憎が、荒くて繊細な(矛盾するようだが)画面に渦巻いている。なんと男女の不自由なことか!張り詰めた弓は彼らの感情のようだ。幼なじみの男女を軸に展開される人間ドラマ。今後ミステリー要素が絡むのだろうか?とんでもない時限爆弾の装置が背後でチクタクいってるような不穏さが堪らない。続きが楽しみ!
私は中学生以降、少女漫画をほとんど読まずに生きてきた。当たり前だけど、「恋愛」をしない男女の話だって山のようにあるだろうに其処に意識がいくあまり排除してきてしまった節がある。勿体ないことをしたなぁと久しぶりに思ったのでした。今から読んでみようかしら?うーむ。


プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。