スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「少年魔法士 14巻」発売!

少年魔法士 (14) (ウィングス・コミックス)少年魔法士 (14) (ウィングス・コミックス)
(2011/07/23)
なるしま ゆり

商品詳細を見る


14巻発売おめでとうございます!!

発売告知が出ても、サイン会の詳細が発表されても、著者が呟いていても、どこかで不安な気持ちがありました。ええ、正直ありましたとも!でも表紙画像が密林にアップされて、ああ、いよいよなんだなと思ってからはあっという間でした。その間私がしたことといえば、仕事を休む為にシフト調整しつつ、「何時に行けば整理券取れると思う?」という無為な質問を周囲の人にしつつ、もれなく「後悔したくなければ始発で行け」という返答をもらい「やっぱりか…」と迷ったりしつつでしたが、早朝新宿待機3時間、やってみると意外にも全然平気でした(それでも一ケタではなかった!)。折り畳みイスを持って行ったのは我ながらGJ。そうやって手に取った時というのはちょっと信じられない気持というか、一瞬涙が出そうになりましたよ。それは、4年前から待ち続けたという感慨とは少し違って(本誌で読んでいましたし)、この作品に出会った当時の自分に「良かったね」と言ってあげたいような、懐かしくて温かい気持ちでした。

半ば諦めていた作品を再び手に取ることができた喜びと、終わることを覚悟しなければいけないという気持ちは連載が再開した時から変わりません。それでもすごく幸せなことだけは確か。この日を迎えられたことが本当に嬉しい!あ、もちろんサイン会に参加出来ることもとても嬉しい!でもあまり楽しみにしていると体調崩しそうで怖いので(笑)なるべく平常心であと数日過ごそうと決めています。でもお手紙は書くよ。

続きを読む

スポンサーサイト

まとめて感想

1カ月広告が出てしまう危機だったので怖々上がってきました。
感想を書こうと思って記事に画像だけ張り付けたものの、いつまで経っても出来あがらないのでメモ程度ですがアップしてしまいます。それにしても、書いてないと書けなくなるよね…。

運がいいとか悪いとか (Dariaコミックス)運がいいとか悪いとか (Dariaコミックス)
(2011/06/22)
館野とお子

商品詳細を見る

まさに「運がいいとか悪いとか」の題に相応しい人間関係の面白さがあった。
誰といつどんなタイミングで関係するか。それが後々の幸福に繋がるのか、不幸に繋がるのか。一歩違えばすべてが根底から変わるし、だけどそうはならなかったのが「運」なわけで、なんとも絶妙な三角関係に、日頃三角関係は苦手だと自覚している私が夢中になって読んでいた。最後までどちらに転がるかわからない顛末も含めて大満足の1冊でした♪館野さんの漫画は一見するとテンションが低いように感じられるのでサラッと読んでしまうのだが、感情の揺れ動きは意外に湿っぽくて生々しいと思う。そんなところも魅力だなぁ。

アナトミア (IDコミックス gateauコミックス)アナトミア (IDコミックス gateauコミックス)
(2011/06/15)
藤 たまき

商品詳細を見る

素晴らしかった。
芸術という狂気と紙一重の「愛」を幼い身体に刻みつけられた男がいる。幼い身体に与えられた愛情は虐待という側面も持っていて、彼の人生に暗く深い影を落とす。だけどその経験があったから男は芸術家としての才能を開花させ、結果的に彼を一途に愛する年下の男を得ることにもなるのだ。穏やかな読後感を持つ藤作品と言うのは私の中でも珍しく、著者の過去作品をおススメしてくれた友人も言うように、幸福な話だと思う。藤作品に感じる痛ましさを私はどうも「風木」に重ねてしまい、幼い少年が他者の愛を得る為に「性行為を選択してしまう」ことの哀しさにあると思っている。既読の作品が少ないので直感の域を出てはいないのだけど。ともかく、今作品はとても好みでした。

背徳のマリア 上 (ガッシュ文庫)背徳のマリア 上 (ガッシュ文庫)
(2011/05/28)
綺月 陣

商品詳細を見る

以前からセンセーショナルな内容にあらすじだけは知っていた作品。登場人物夫々が傍から見れば狂気の渦中にいるようで、しかし狂気とは一体何だろうということについても考えさせられる作品だった。神の所業を超えた技術と願望を狂気だというのなら、人間はとっくにその域に達しているようにも思えるわけで。それを生命倫理にだけ課するのも不自然なのかもしれない。そう、切実なる心の願望と、曖昧模糊とした倫理感を天秤にかけたとき、そこで選択してしまう結果の是非を一体誰が裁けるというのだろうか。私には登場人物の誰にも共感や同情を感じることはなかったし、全員の「希望」であるところの生命のその後を想像すると薄ら寒いような気持ちにすらなってしまう。でもその感情こそが「普通」であることに胡坐を掻いている私への著者からの問いかけのようにも思えるのだ。手放しで好きとは言えないが、とても面白かった。

【後日改めて】

昭和元禄落語心中(1) (KC×ITAN)昭和元禄落語心中(1) (KC×ITAN)
(2011/07/07)
雲田 はるこ

商品詳細を見る

手元にないので後日きちんと感想書きたいなと。
胸に迫るものに言葉を失った。BLの雲田さんはどちらかというと苦手で、実は全作読んでいるけど手元には1冊も残っていないのだ…。その違いについても思わず考えたくなってしまった。これはオススメ!!

***

更新はサッパリですが相変わらず元気です!
そんな中でも拍手やコメントをありがとうございます。
同時に二つのことが出来ないダメ人間なので、中途半端な感想を上げることが心苦しくもあるのですが、やっぱり私は本の話をするのが大好きなんだなと実感しました。また近いうちに上がります!
プロフィール

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL.猫かぶってみても、結局たどりつくのはそこなのです。感想は基本的にすべてネタバレ注意です。拍手&コメントありがとうございます。拍手コメントは該当記事のコメ欄にてお返事いたします。リンクフリーですがご一報頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2011/07 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。