一般書感想、つづきのつづき

しつこいですか?すみません。

大寒というだけあって寒いですね!遅めのバーゲンに行ってきました。売れ残り中の売れ残りだよなぁとか思いつつもワンピースを買って満足です。普段は可愛らしい格好なんてしませんが、来週のプチ同窓会に備えて・・・服買う時はそんなんばっかです(笑)

私がいつも服を買いに行く街は本屋激戦区です。BLが豊富な本屋が多くあり、この街に出向いてBLを買わずに帰って来たことはない!ぐらいだったのですが、今日は買わなかったよ。珍しい。熱でもあるのか。

その代り持って出た津村記久子の『アレグリアとは仕事はできない』を喫茶店で読み終えました。
うーん、やっぱり面白いなぁ。気まぐれコピー機と、翻弄されるOLの怒りに満ちた攻防戦です。コメディではありません。超、真剣です。アレグリアとは主人公ミノベの勤める会社に新しく入荷した複合コピー機の商品名(長尺用のコピー機があるというのを初めて知りました)。機会を愛するミノベは最新機種のくせにフリーズを繰り返すアレグリアが我慢ならない。「人間なら殺している」ぐらいの憎悪を募らせていきます。たかがコピー機といっても、そのコピー機が使えなければ割を食うのはミノベや先輩のようにコピー機を使って仕事をしている人々に他ならないのですよ。それが「長尺」という特殊なコピーであればなおのこと。読んでいて、「そんなに気に入らないなら何故上司に掛け合わないのか」と思っていたのですが、上司が導入した機械、中途入社のOLにそんな発言権はないんだよね。私、奢っているなぁ。会社の男たちはコピー機能としてのアレグリアを求めていないので、ミノベの鬱屈を理解してくれるのは同じ仕事をしている先輩だけなのですが、事なかれ主義で大人な先輩は特に気にする様子もない。話は、ミノベのアレグリアへの怒りと、コピー機のコールセンター係の女、メンテナンス係の男を介して意外な方向に転がっていく。アレグリアが使えないのにはそれなりの理由があって、という。そして駄目アレグリアが迎える顛末。なんだろう、この異様にスッキリする読後感は。ミノベと先輩の関係といい、津村さんは今の時代に働く女の気持を本当によくわかっている気がする。津村さん自身もミノベと同じような仕事をしているらしいけど、それでも「コピー機」という無機物を相手にここまで面白い話を書くなんてすごいと思います。

なんかベタ褒めですね。久しぶりに好きな文芸作家ができたので嬉しいらしいです。
本来がエンタメ寄りではないので、純文系の女性作家は割とチェックしているのですが、津村さんは最近知ったので、まだまだですね。
BL好きな私が、一般書では「非恋愛小説」を好むというのは肯けるような・・・。ちょっと危ないな~と思っているのが「ハーレクイン系」なんですよね。あれ、好きだったらどうしよう。まだ読んだことはないのですが、三浦しをんが好きらしいですよ(笑)

ああ、なんか寒気が。本当に風邪でも引いたのかしら。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード