スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「愛だの恋だの」(大槻ミゥ)

他ブログ様を覗いていて気が付いたのですが、井上佐藤先生は男性の方?確かに2丁目でママさんに優待されているオマケ漫画があったけど、疑いもせずに女の人だと思っていました。うーん、確かに独特な着眼点にゲイコミっぽいエロシーンだと思うけど・・・わっからないなぁ。女性だと思うのだけどなぁ。しかし私の人を見る目のなさは、高校1年生で「おすぎとピーコ」を女の双子だと疑っていなかった辺りからダメダメだしな・・・。謎が解ける日は来るかしら?
aidano.jpg

大槻ミウは、あまり好きだと思っていないのにいつの間にか順調に全作集まっていた作家さんです。(好きなんだろうな)
そうだよ好きだよ。この人のアホエロカワ漫画が私は好きだよ!こいつら何でこんなによく泣くんだと思いつつも大好きだよ。受けの睫毛がバッサバサでそのまま胸を付けてちん○消せば立派なレディコミの出来上がりだよ!とか思いつつも好きなんです。あぁ、何でヤケ気味なんだろう。
エロカワっていいよね。エロ規定がある漫画雑誌から腐女子の道に入った私は、大槻さんの漫画を読むとその頃を思い出します。どんな展開でもドエロが入ってくるプロット。超薄消しの修正。踊る煽り文句のトンデモっぷり。(要するに「ピアス」「JUNE」をよく読んでいたということです)だって、大槻さんとの出会いがそもそも「ピアス」に掲載されていた「チャイム」という先生×生徒ものでしたもん。その時に、エロいけど「ピアス」に載っている新人作家さんにしては、きちんとしているなーと感じたのよね。起承転結や盛り上げが「王道」で好きだったのでコミック化したら買おうと思っていたのですよ。余談ですが、その漫画は後にトンデモな副題が付いて、さすがの私も本屋で買えずに今に至っています。今でも本屋で買う勇気がないその題名は、『チャイム♪~ピーチな生徒とバナナな教師~』(笑)凄いタイトルだと思いませんか?このハジケ方が「ピアス」なんだよね。先日思い立ってネット注文してしまいましたとさ。
私にとってはそんな感じ(エロカワ!)の作家さんなので作品のまともな感想がないのですが・・・だってエロカワの一言でその魅力は十分表現出来ると思うからっ。そんな中、特筆すべきといったら『愛だの恋だの』収録の「コイトキンギョ」です。ちょっと頭の弱い受けとイジワルな攻めカップルの日常話。大槻さんの短編は何せ「エロカワ」なので(しつこい)、あんまり心に響くものってなかったのですが、この話はキュンキュンしました。高校時代に出会った二人。特別な恋になるとは思わずに付き合いだした二人だったけど、5年経ってもまだ一緒に居て―という甘く少し切ない感じの話なんです。これは好きだ。エロカワだけではない私の萌えツボを突いてくる。良い。
うーん、きっとこの先も大槻さんは作家買いします。だってエロカワだから!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。