スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「窮鼠」のつづき

連載中の、しかも携帯コミックの作品についてです。
完全に独り言なのでスルーして下さいませ。


着々と連載されている「窮鼠」最終章の「俎上の鯉は―」ですが、携帯コミックというのはやっぱり苦手です。何が苦手って、所々で入るバイブ機能が邪魔!そんな演出いらんからっと思いつつも毎月5日と20日が待ち遠しくてたまりません。普通に0時前はそわそわしていますとも(笑)

今ヶ瀬の想いがいい加減「怖い」の段階に入ってきている気がするのですが・・・あっ、元からですよねー。
「愛人にしてください」発言にリアルに引いた私です。
その想いの強さを「知ってる」とシレッと答える恭一さんに悶えました。ああ、恭一さんてば本当にいい男になったよね。何だ、その余裕は。ポーカーフェイスは。ムカツクぜ。それにしても恭一さんてば何気に大事なことを言ってますよね?「お前なんて、俺が女だったら洟も引っ掛けなかったくせに!」って。ゲイではない、完全にノンケである恭一さんがどんな気持ちで男である今ヶ瀬と付き合っていたか・・・流され侍の葛藤なんて知ったこっちゃありませんでしたが、恭一さんなりに悩んで考えていたんですよね。確かに今ヶ瀬は恭一さんがどんだけ優しく接しても(たとえ本人は真似事だと思っていたとしても)満足していなくて、いつか失ってしまうものだと頑なに思っている。その気持ちはもちろんわかるけど、それっていざいなくなった時に自分の心が傷つかないで済むようにという保身でもあるんだよね。保身を相手に見せてはいけないでしょう。誰だって「いつかは他の人のところにいくんでしょ」って思われながらの付き合いなんて、辛いよね。その相手の幸せを願っていれば尚更。恭一さんは恭一さんなりに今ヶ瀬を幸せにしてあげたい願っていたというのに。

なんだか期待をしたくなる展開になってきた気がしてしまうんだけど、どうなの水城先生!?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。