「色闇」

irono.jpg
貴くも妖しい色香を持つ美貌の男娼・月弥。盗賊の二代目、犬神の早太郎としてかつて江戸を騒がせていたが、闇の司法官を務めている牙神尚照に正体を見破られてしまう。捕らわれ、犯されたあげくに、密偵となることを強要された月弥は、牙神によって火盗改方・中郷主膳の許に送り込まれる。月弥は中郷に抱かれるようになり、牙神への憎しみを募らせるが―。官能の美を描く、至極の愛の物語。

山藍作品四作目。
最初に一言、この話好きです!他の三作(角川文庫)に比べて官能美や凌辱描写は控え目なんだけど、とても面白かった。勧善懲悪の大江戸捕り物譚が実は結構好きなのかもしれない。あさのあつこは苦手だけど『弥勒の月』は好きだったしな。宮部みゆきの時代物にでも手を出してみようかしら。

この話、なんと最初から最後までラブラブなんですよ!山藍先生なのに!(笑)
あらすじには「憎しみを募らせるー」とか書いてありますけどなんのその、この月弥が有り得ないぐらい可愛い!凄まじい美貌を持って気丈に振舞う十六歳の色童なんだけど、これが牙神やその仲間の四人衆から言わせれば「犬っころ」も同然なのね。子獣がシャーっと生え揃わない牙を剥き出しにして必死に威嚇しても、牙神から見れば「愛い奴」でしかないのよね。その関係にとっても萌えました。そして牙神がカッコイイんだ。月弥が自分のことを憎んでいるのは重々承知していて、いつ裏切られてもおかしくない関係だという認識もある。でも、ぎりぎりの部分で月弥は自分を裏切らないという自信もある。とにかくとっても男気に溢れているんだよ。優しいんだか鬼畜なんだかよくわからない趣味嗜好の牙神だけど、月弥に色惚けしているのが微笑ましい。そんな牙神の睦言を最初は全然信じていない月弥の心が堕ちるまでを、息もつかずに一気読みしてしまいました。最後の牙神の台詞が素晴らしいんだ。「月弥、おれと恋の闇に堕ちてみるのも、悪くはあるまい?」
耽美で流麗な文章の中にこんな掻き口説くような文句が出てくると、ときめきも一入でございます。

この本にはもう一編「狗」という話が収録されています。「色闇」の前夜譚というべき「狗」は、月弥が牙神によって手負いの獣とされた後に、陰間として潜んでいたところを再開して密偵として仕えるまでが描かれています。「色闇」では詳しく語られなかった「屋形船での吊るし責め」が出てきます。牙神と「四人衆」のやり取りも面白いし、これだけで立派な時代小説が出来上がりそう。吊るし責め描写も良かったのですが、個人的になぜか最も悶えたのは、すすきの原で文字通り追い詰められる月弥でした。なんだろう?青○が好き、なんてことはないのですが、草いきれの匂いや、逃げ回るうちに草で傷つく肌や、追手がじわじわと迫ってくる恐怖が官能的でした。これまた最後の文章が好きなので引用を。「すすきの原に這わされ、女犬の姿に押さえ込まれた月弥は、狼にむさぼられ、明けてゆく空の下ですすり鳴きつづけた。」
山藍先生は「すすきの原」という言葉の効用を意識して使ったのかしら。とにかく凄いなーと感心しきりでした。好きです、すすきの原。

受けが虐められない(?)、ラブ要素が強い山藍先生もいいですね!
内面の描写が控え目なので、一般書の腐読みをしているような感覚に軽くなりました。もちろんエロはエロできちんとあるのだけど(笑)楽しい読書でしたー。

それにしても山藍作品絶版が多すぎるよ。もっと読んでみたいのに!

コメントの投稿

非公開コメント

山藍先品にハマってますね~。じゃあ、読んでみようかな……って、わたしこれ読んだことあります!思い出した。図書館で借りて受け取る時、めっちゃ恥ずかしかった。どハデなトビラ絵、どうみてもBL!いいおばさんがBL小説だよ~。イラストはさりげないものでお願いします~と心の中で叫んでましたよ。

内容はそんなに詳しく覚えていません。yoriさんのレビュー読んだらもう一度読みたくなりました。でも図書館のお姉さんの視線が痛いし……。

しかし「吊るし責め」っていうんですか?へえ~。それどこで教わるんですか?隠語辞典なるものがあるんですか?あったら欲しいです。

一昨日のレビューの「ロー×××」はなんですか?伏せ字にされると気になります。もう堂々と出しちゃってください、許可します。cochiのわからなそうなものは解説つきでお願いします。
いっそのこと「隠語特集&各種プレイ解説」なんてしてくださると助かります(笑)。

「色闇」良かったですよ~。月弥が本当に可愛くて・・・cochiさん好みの美少年ですよ(笑)ちょっとビッチなところが練と似ているかも?ぜひ再読してみてください。「吊るし責め」は山藍先生が作中で使っていました。「ここにも美しい日本語が・・・」と感心してしまいます。
図書館で官能小説とかをコソコソ読んでいるような子供だったせいですかね?ローターやらバイブやらの小道具は男性用のエロ小説で知った気がします。って、乙女に何を云わせるんですか(笑)
品を保ちつつ(もう遅いか)エロい日記を目指してみます!
プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード