スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き続き徒然

ああ、これだから原作ってのは残酷だ・・・。

そうなんですよね、『聖なる黒夜』は『RIKOシリーズ』のスピンなんですよね。
超油断していました。まだ『聖母』を途中までしか読んでいないので何とも言えませんが、とりあえず私の脳内は麻生でいっぱいです。44歳なんだね(今更)。私の周りに40代の男性というのが少ないので、40代のナイスガイを上手く想像出来なくて歯痒いです。そうよね、あれだけ引きがあった冤罪事件も弁護士も田村も、無関係なわけがないじゃない。
麻生と及川の若かりし頃が読めると聞いて『所轄刑事 麻生竜太郎』もちゃっかり注文しています。

警察で頑張る女性刑事というのは、どーして似たり寄ったりのハードボイルド風味なのでしょう。
そのぐらいじゃないと男性社会の中ではやっていけないということか。
「事件」を「ヤマ」「聞き込み」を「コミ」と言ったり、今度友人が警察官に転職するので、本当に使うのか聞いてみよう。
ホモから離れたところから、柴田よしきのRIKOシリーズに対する現在の感想は、「女性がレイプされたり暴力振るわれたり薬中にされたり売春させられたり、という話が思いの外好きではない」の一言かもしれません・・・。普段は文芸読みなので、ミステリ脳になっていないせいもある。

BLのレイプは全然OKなのにね。まあ、あれはドリームですから(笑)
ただあまりにテンプレだなーと思うのは、レイプの免罪符のように、とりあえず手コキか口で一発受けをイかせるところ。「お前も感じているんだろう」的な。嫌いじゃない、嫌いじゃないよ!?
免罪符の必要はないってことが言いたいのさ。物理的刺激によって身体を支配することで屈辱感を与えるのが醍醐味だと思うので。ヒドイですね(笑)だからレイプの途中で受けがあんあん言い出す展開は嫌いです。最後まで涙を浮かべて嫌がってほしいですね!
BLを読み始めた頃は「監禁もの」が好物でした。雑食なのでこれは絶対無理というジャンルはないけど、昔も今も「明るい学園もの」だけは受け付けません。登場人物がいっぱい出てくる感じの。
監禁ものは・・・単純に「お世話が大変だよね」と思います。トイレやご飯やお風呂や・・・。どれか一つでも疎かにすると抱き心地は低下しそうだもの。糞尿プレイもありといえばありだけど、「好き」の感情が高じての監禁だと無理があるかなーと。

ああ、徒然が止まらなくなってしまう。
ここらへんにして『聖母』の続きを読むとします。

で、読みました。




うわー、麻生!!
ああ、そういうことですか・・・。
その決断をもってしても、彼が「堕ちる」ということではないと思う。緑子のいうような意味では。
汚泥の中、ともに生きてしか見えない道もあると思うけど、麻生は、たとえ闇の中にその身を置いても、練にとって光なのではないだろうか。
本当に打算抜きで麻生は練のためなら死ぬことも辞さないつもりでいたのね。

愛と贖罪と、あとはきっと自己満足と。

ヤバイな、麻生。好きだ。

『月神』の手紙に和みました。さてさて、どうなるのか―。

『女神』で及川は名前のみの登場でした。及川の心境を知りたいけど、それは及川にとって辛すぎる結果だよな。
話の感想は・・・ジェンダー神話や母性神話、あと緑子の執着する「女であること」、そういった語りがどうにも過剰で押し付けがましい感じがしてしまいました。女だとか、母だとか、そんなことに一喜一憂する緑子に共感出来ず。残念。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL.猫かぶってみても、結局たどりつくのはそこなのです。感想は基本的にすべてネタバレ注意です。拍手&コメントありがとうございます。拍手コメントは該当記事のコメ欄にてお返事いたします。リンクフリーですがご一報頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。