スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キモチの行方」

kimotino.jpg
啓治の身体のいくつかのボディピアスは秘密の契約の印。彼は、双子の総と洋に飼われているのだった。でも、初めての友人深山の出現で、その秘密の関係のバランスが崩れはじめて・・・。

ずっと感想を描きたかった作品です。久々に書いたせいもあり長い、長い。
明治さんの漫画を語る上でやはりエロは欠くことの出来ない重要な要素だと思いますので、いつにも増してアレな感じです。でも私明治カナ子に関しては本当に真剣に語る事が出来る!
残念ながら周囲には共感してくれる人がいないのだけど・・・。
この漫画の魅力をどう伝えれば良いのか途方に暮れてしまいます。
私の傾向として、エロは活字に、ストーリーは漫画に求めるようになっているのですが、『キモチの行方』を初めて読んだ頃は、まだ漫画にエロを求めていたように思います。その結果として、私の実家の本棚には「ピアス」「麗人」系のコミックが多数揃えられることになったわけですが、結局漫画の表現はパターンに限界があり(前偽→挿入→射精なわけで)、あまりにアクロバティックで意表を突いた表現というのは限りなく「コメディ」「ギャグ」寄りになってしまうのですよね。笑いを下に見るつもりなんて微塵もありませんが(むしろ上質なギャグを排出する才能は何物にも勝ると思っています)、どうも私はBLに関してはシリアスを求めているらしいです。文章というのは本当に十人十色の表現の仕方があって、どんなにセンシティブな話もたった2,3行の文字の羅列でとんでもなくエロチックになったりするし、全編これでもか!と趣向を凝らしたエロ表現には萌を凌駕して感動すら覚えてしまうのです。
ただ、エロとストーリー性というのはやっぱり相反してしまう部分があって、例えば私は『毎日晴天』や『魚住くん』に、度が超えた表現というのは求めていないのですね。反対に、少し前に絶賛した山藍作品も、あれは私にとって官能小説なわけで、感動する程のストーリー性があるとは思っていません。

何が云いたいのかというと、私にとって明治作品は、初めてエロとストーリー性両方が共存していると感じた作品だったのです。これはすごい衝撃だったんですよ。その後私は漫画にエロを求めなくなりました。それは、エロとストーリーがバランス良く成り立っている漫画は明治カナ子を知ったからもういいや、と心のどこかで思ったからかもしれません。(あとは、明治さんを追いかけて茜新社などに手を出し始めたからかな)
BLで恋人達の日常のセックスをエロく描く必要ってあまりないのではないかと思います。巻数物は別にしても(『ロマンチカ』とか)、気持ちが通じるまでの身体と心が微妙に乖離した状態での感情の揺れを前提とした性交であったり、気持が通じた瞬間(おとぎ話のラストですね)の性交がいわば物語の最高潮であって、その後の「日常」は誰にでも横たわる安穏と不穏を行き来する日々のことであり、ドラマ性は限りなく薄れると思うからです。(もちろん現実を顧みてもその後が本番で大変で楽しいのだけどさ)
ところが、明治さんは恋人達のセックスを意外にも多く描いている方なのですね。それは同時に「恋人or前提として関係がある状況」から始まる物語を描いているということでもあります。明治さんの漫画を読むと、セックスはセックスなんだなーと気が付くのです。それ以上でも以下でもない、しかし大事なもの。そしてどう取り繕っても美しくなんてないエロいことなんだわと。セックス自体にその後の関係性を委ねてもいない(ように私は思う)が、同時に一見してハードな性交が彼らにとっては必要不可欠なコミュニケーションなんだと思わされるのです。それは他に代えようのない魅力だと思うのです。

明治さんは元々男性向けエロを描いていた方です。『えっちどくほん』という作品集を読みましたが、湿ったエロスは健在で、実用性については低い気がするのですが驚くぐらい「明治作品」として読めました。明治さんはBLのエロをおそらくこの頃の精神と何ら変わらずに描いているのではないかと思うのです。エロを描くことが好きで、楽しくて仕方がないのではないかしら。そしてやっぱり「明るい」印象を受けるのです。少女たちが男のマスイメージで終わっていない。そんな漫画でした。
要するに、エロを独立してエロく描くと同時にセンシティブな物語を紡ぎ、その二つを融合させて人を感動させることが出来る稀有な作家様だと私は云いたいのですよ。

長くなってしまいますが続けますよ。

それが最もよくわかるのが、この『キモチの行方』だと思います。
双子の総と洋に「飼われている」啓司。その身体には無数のピアス。
SMで3Pです。「絶対麗奴」というSMBL雑誌に掲載されていた作品なので毎回ハードなSM描写が入ります。ピアッシングもあるし道具も何種類も出てくる。私が苦手なドラッグも出てくる。なのに、全編通して感じるのは温かさなんですよ。安全地帯に居る、守られている、閉じられた世界の温かさ。だからといって世界を壊す話ではないんです。何て言えばいいのかしら・・・世界に近づいてゆく話?中に籠っていくわけではない。自分で手を伸ばそうとする、ささやかな心の成長の話。
描かれているのは、ふわふわとして掴みどころのないようで実は頑なな心の持ち主である啓治の、タイトル通り「キモチの行方」なのです。といっても3人の男の間を揺れ動く話ではない。一話目を読んで「当て馬は双子か深山か・・・」と推測した私の読みは見事に外れました。この物語は最初から決まっているのです。啓治と総の話だと。歪んでいるように見えて実はとても正当な方法(啓治が求めているといった意味で)で啓治を愛する総と、総だけを求めるようになっていく啓治の緩やかな心の軌跡が描かれているのです。支配と被支配の関係はときに逆説的だと思いますが、啓治を深く愛する総は、恋人のように、父親のように、啓治の側に寄り添います。でも、身体はいくら開いても、啓治が自分に対していくらかの緊張と戸惑いを持ち続けているのを総は知っている。それが、「合鍵を持っていても決して家の中に入らない」という啓治の行動に表されているのです。深山の部屋のドアは簡単に開けるのに。
「家の中に入るということ」
そのささやかな行為が『キモチの行方』の主軸なんですよ。
私は本当に驚いたんです。こんな表現(エロとストーリー)が両立するんだと。
家とはもちろん総のことであり、飼うという関係から恋人として歩き出すことなのですが・・・何も変わっていないようで、でも明らかに以前とは違う関係性を言葉でも行為でもなく、そういったことで表現してしまったことに感動したんです。

蛇足ですが、総はオネエ言葉を使う攻めです。最初はかなり抵抗があったのですが、その効果は絶大で、啓治を想う気持ちがより強く切なく感じられました。誰にでもすすめられるわけではないのですが、素晴らしい作品だと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

長い!長い!長い!
その上いつにも増して表現が過激ではありませんか?
もうなんか論文読んでいる気分だわぁ~(笑)

明日あたり楽天から「三村家」の3巻と「2/1」が届く予定です。yoriさんの指摘した点に気をつけてじっくりエロ&ストーリーを読ませていただきますよ!
しかし、そうか……、「キモチの行方」も頼めばよかった~。


cochiさん
長い、ですよね(笑)
でも実はもっともっと語れます。
書きながらやはり明治さんは特別な人だわと自覚しましたよー。友人は私が「明治カナ子の短編が・・・」なんて話だそうものなら「また?」と半分呆れ顔です(涙)今も昔も明治さんは誰にも似てらっしゃらなくて本当に素晴らしいと思います。好きになって頂けると嬉しいのですが・・・やっぱりちょっと心配(笑)

拍手&コメント下さった方へ

ありがとうございます。
明治カナ子が最愛!?い、今すぐお友達になってください(笑)共感して頂けてとても嬉しいです。拙い文章ですが、ありがとうございます。「キモチの行方」は本当に傑作ですが、実は私明治さんの短編も大好きなんです!「雨に酔う」「帰る男」「藪の中」などなど!独特の世界観がたまりません。
また遊びにいらして下さいませ。

「2/1」読みました。だいぶ衝撃受けてます!こんなせつないセックスがあるのかと…。
「気持ちの行方」絶対に読ませていただきますよ!しっかし、yoriさんのブログを携帯で読むのは、スッゴク大変ですわぁ!

私も初めて読んだ時は衝撃でしたよ。
それまで近親物は苦手だったのに、簡単に壁を越えてしまいました。
そうなんですよ!相当えげつないことをしているのに、切ないんです。すごく不思議な魅力のある話だと思います。「リアルシリーズ」が大丈夫なら「キモチの行方」もきっと気に入ってもらえると思います!最近ダラダラ長く書いてしまう代わりに読む量が減っています。経済的には良いかも~。
プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。