スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに最終回

5月に書籍化される『俎上の鯉は二度跳ねる』が今夜携帯配信の最終回を迎えました。


以下、書籍になったらきちんと感想を書くと思うのでネタバレはしませんが、表現の端からどうしても見えてしまう部分があると思うので注意です。

なんというか、この漫画は私に「恋愛の業」というものをこれでもかと教えてくれたように思います。
自己愛に満ち満ちているのに、ある一面では心の底から誠実に相手を思いやる行為。
一極ではない多面的な恋の情。
ああ、凄い漫画読んでるなーって携帯連載中もずっと衝撃でした。

文句なしに面白かった。
本当に凄い漫画だと思います。

ラストの恭一さんのモノローグが素晴らしくって、優しいようで優しくない、でも優しいというこの話の最後に似合う言葉の羅列だと感じました。



本当に終わっちゃったんだ。
今更だけど悲しくなってきた。
とにかく読めて良かった。幸せです。




話は変わりますけど「続きは携帯コミックで」という流れ、この先主流にならないで欲しいです。
私は『窮鼠』に関しては全然我慢出来なかったから(CD買うぐらい好きですもの)即入会登録して全部読んできました。そのことに関してはちっとも後悔していないけど、断言出来るのは、絶対に本で読んだ方が感動が大きいに決まっているじゃない!ということ。コマ送りの漫画を行きつ戻りつして読んだら普通に感動も薄れるわよ。おまけに完結して2週間後に書籍化ですよ?嬉しいけど、嬉しいけど、ちょっと出版社の商売の仕方がえげつないと感じる私は心が狭いのかしら・・・。

さて、『まつろはぬもの』の携帯連載もとっくに終了していることですし、退会手続きしても大丈夫かしら。あっ、私好きなものに関しては割としつこくグチグチ言いますよ(笑)未だに『まつろは』が打ち切りにされたの根に持っていますからね~。まあ確かにヤンサンには向いていなかったと思うよ。角川あたりで連載すれば違う評価だったと思う。原作は角川なのにね(グチグチ)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。