スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「こどもの瞳」

kodomonohitomi.jpg
小学生の子供とふたりでつつましく暮らしていた柏原岬が、数年ぶりに再会した兄・仁は事故で記憶を失い6歳の子供にかえってしまっていた。超エリートで冷たかった兄とのギャップに戸惑いながらも、素直で優しい子供の仁を受け入れ始める岬。しかし仁は、無邪気に岬を好きだと慕ってきて…。初期作品に書き下ろしを加え、ファン待望の文庫化。

すごく好きだー。
今まで読んだ木原作品の中で一番好きです。
初めてこんなに感情移入して読んでしまった。
「箱檻」でも泣かなかったのに、読んでいる間涙腺が決壊しそうで我慢するのに大変でした。
しかし、この話でこんだけ感情を揺さぶられた私は色々大丈夫だろうか(笑)

最近琴線に触れる作品に出会えていなくて自分の感受性を疑っていたところだったので倍嬉しかったです。感情の起伏があまりないんですよ、私。穏やかとは全然違うのですが、とにかく自分の感情が荒立つのがすごく嫌なんです(その代わりか周囲の人間は感情の起伏がやたら激しい)。でもそれって結局「保身」なんじゃないかと思うことがあって、感動物やら見ても聞いても一歩引いてしまうのはそのせいかしらとか考えるんです。いや、単に捻くれているだけという意見もあるのですが・・・。
そんな私の感情はやっぱり本を読んでいるときに一番豊かになる気がするんだよね。
だからなにって感じですけど、この話を読めて本当に良かった。


いろいろギリギリな設定だとは思います。記憶喪失物で、幼児退行(6歳!)で、実の兄弟。
しかし諸々の禁忌云々は正直ちっとも気になりませんでした。終始とても温かな気持ちで読みましたよ。木原作品の主人公って、受けでも攻めでも「灰色」な人物が多いと思うんですよ。完全な善でもないし、明るくもないし、正しくもない。そういったリアルさが私を感情移入から一歩遠ざけていた原因なのかなと今回思いました。この話の主人公岬はすごくハッキリした性格で、その明るさや、父親としての愛情が読んでいて単純にとても愛しく感じました。何気ない親子の会話の端々から愛が溢れていて、これ、本当に冗談じゃなく「素敵な親子だな」って思いましたよ。また息子の城太郎が可愛くて可愛くて・・・私子供があまり好きじゃないので、子供が全面に出てくる話は苦手なのですが、これは本当に可愛かった。もうね、絶対に幸せになって欲しいってドキドキしながら読んでました。
何もかもが絶妙だと感心してしまった。身体の関係に至る際に弟の岬が受けるところや、そのなし崩し的な陥り方も、結構な力技なのにすごく納得してしまったもの。妻に先立たれて、貧しい生活の中でひたすら城太郎のために頑張ってきた岬が、無邪気に無償の愛を捧げてくる仁に絆されてしまう経緯にとにかくキュンとしました。「COLDシリーズ」よりも毒気は弱いとはいえ、祖父という支配者の存在が二人を引き離し、仁を少々歪んだ人間にしてしまうのですが・・・藤島母を知っていると死んだ祖父の影響なんて弱いものです。
この話って内容に比して短いと思う。倍あっても全然いい。仁の記憶が戻ってからのやり取りとか、もっともっと読みたかったよー!木原作品にこんなに「好き」って思うの珍しいから舞い上がっています(笑)

取りとめもない感想で恥ずかしいのですが、どうしてもこれだけは主張しておきたい。
記憶が戻った仁が岬を抱くときに「私はどうしてもあなたに言わせたい言葉がある」と言って自分のことを「お兄ちゃん」と呼ばせる場面があるのですが・・・ああ、お兄ちゃんは正しく変態だよ、と思いながらめちゃくちゃ萌えました。近親姦、もしかしたら好きかもしれません(笑)
仁は岬をずっと守りたかったんだよね。祖父のせいで遠くから見守ることしか叶わなかったけど、ずっとそう願っていた人なんだよ。それがいつしか違った愛情に形を変えていたから、6歳に退行した仁は岬に身体で反応したんだよね。でも6歳の子供だった自分は守りたいと思っていた岬に守られる存在だった。その不甲斐なさや、そんな自分を岬が愛していたという葛藤がとてもいいです。

そして書き下ろしも素晴らしかった。
岬の息子城太郎の話なのですが、城太郎(10歳)と担任の先生(25歳)の恋愛が描かれています。
これがまたJUNEっぽい雰囲気の話で大変私好みでした。本気で10歳の子供を好きになってしまった先生の葛藤と選択がとても切なくて、でもこの終わらせ方しかないっていう展開で本当に好きです。二つの話を比べると比喩的、暗喩的な考え方もできそうだけど・・・心が子供の大人と恋愛するのと、子供と恋愛するのと何が違うのか、とか。とりあえずそれは置いておきます。考えがまとまらないし。
あと、城太郎が岬と仁の愛情を受けることによって真っ直ぐ真っ直ぐ成長しているのがとても嬉しかった。もう発する言葉ひとうひとうに先生のように感情を揺さぶられて泣きそうになってしまったよ。

なんて優しく素晴らしい話なんだろうと感謝してしまった。この1冊は確実に心に残ります。
本当に大好きだわ。私、やっぱり痛い話よりも優しい話の方が好き。甘いだけの話に用はないけど、幸せな話がいいです。最後に挿絵の街子マドカ先生も素晴らしかった。絶対漫画買おう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。