スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「刺青の男」

shisei.jpg

幸せの雛形なんてどこの誰が作ったの?

阿仁谷ユイジの新刊です。
近隣の店になくて探し回ってしまいました(職場でBLは買わないことにしています)。

刺青絵が怖いくらい美しい。

刺青を持つ3人の男たちと、彼らに絡む謎の男久保田。
社会の裏側を生きる男たちに救いはあるのか・・・?

ヤクザ物が好きなので迷わず手に取りましたが、これは相応の覚悟をしてから読むべきでした。
不覚にも泣きそうになってしまいましたもの。
書き下ろしの「みんなの唄」の衝撃といったら・・・。

彼らは彼らの世界の掟で生きていて、必然的に外の人を傷つける。
因果は回り廻って自分の身に落ちる。他者に付けた傷は己が傷に。

久保田の愛と狂気に大袈裟じゃなく身震いしました。
彼の正体はすぐに判明するのですが、その意外性とエロ顔、漢っぷりに惚れぼれ。
誰よりも愛に誠実で、誰よりも狂っている久保田。
彼の存在が刺青を持つ男たちの美しさと愚かさを引き立てる。
なんてすごい存在を生み出したのだろう。
恋人でヘタレヤクザの潟木がネコ役というのも良かったです。

阿仁谷さんの男たちはみんな本当に可愛い!
涙浮かべて涎と鼻水だらけのぐっちゃぐっちゃの顔がこんなに可愛いなんて!素晴らしいわ。

「刺青」以外の話も面白かったです。生き霊って!


ヤクザ稼業の無常(無情)さ、刺青を背負って生きる男達の儚い美しさを堪能した一冊でした。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL.猫かぶってみても、結局たどりつくのはそこなのです。感想は基本的にすべてネタバレ注意です。拍手&コメントありがとうございます。拍手コメントは該当記事のコメ欄にてお返事いたします。リンクフリーですがご一報頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。