スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「俎上の鯉は二度跳ねる」

kyuuso.jpg sojyounokoi.jpg

女を抱いた次の日、俺は男との愛に耽溺する――衝撃のラブストーリー、完結編!妻と離婚した恭一(きょういち)。だが今ヶ瀬(いまがせ)との男同士の微妙な関係は、今も続いていた。今ヶ瀬に抱かれることに慣らされてゆく日々。ところが、恭一に思いを寄せる会社の部下・たまきの存在が2人の関係を大きく揺るがし始め…!?ケータイ少女誌「モバフラ」で配信された水城せとな大人気シリーズ完結編!●収録作品/憂鬱バタフライ/黒猫、あくびをする《―新作描きおろし―》/梟/俎上の鯉は二度跳ねる

こういう圧倒的な作品の前には言葉を失ってしまいます。
とにかく面白くて凄い漫画でした。

以下たたみます。


「梟」から「俎上」まで本当に長かった。
私の中で「窮鼠」は一旦「梟」でもって終わっていたんですよ。終わりでも構わないと思うぐらい、「梟」の恭一さんの気持ちには説得力があったから。
人の気持ちなんて一体何で量れるというのか。同性愛者でない恭一さんが今ケ瀬を「愛する」時に、その「愛」がどうやって「真似ごとでもない、同情でもない、芯から本当の愛」だと相手のみならず自分にも納得させるのか。それはとても難しいことだよなと思ったのです。そんな時に信じるのは、もう、相手の言葉と態度しかないわけじゃない。幸いそうに笑っている相手を見れば、「上手く出来ているんだな」と思うでしょう。それは別に男と女の恋愛にだっていえることだと思うのですよ。誰だって辛そうにしている恋人の顔なんて見たくないですよ。気持の天秤が自分の方が軽いのならば尚更、「解放」してあげないといけない気持ちになってしまうと思うの。恭一さんが「あなたじゃだめだ」という今ケ瀬の言葉を受けて、割とあっさり諦めるでしょう。私、この時初めて恭一さんに共感したんです。相手を幸せに出来ない関係ならば―とあっさり切り捨ててしまう冷酷さと優しさに。この話は圧倒的に「リアル」であるといつも思うのだけど、でも、私は今まで二人のどちらにも「自分を発見」はしなかったんです。流され侍も粘着質なストーカー男も、私には遠いはずだった。それなのに、読んでいてずっと「わかる」と思わされるって凄いですよ。本当に凄い漫画だと思います。

ずっとタチだった今ケ瀬が「梟」で抱かれるんです。伏線は確かにあったけど、驚きつつも納得した記憶があります。「欲しい」という言葉がこんなに切実に響いたことはない。いやー、嬉しかったな。そして恭一さんの豹変ぶりがめちゃくちゃ素敵でした。サディスティックなベッドの中と普段の温和さのギャップが魅力的ったらなかった。恭一さんの男前っぷりを上げたのは間違いなく今ケ瀬だよ。今ケ瀬は本当に病的な困った男だと思うのだけど、「俺がどんなにだめって言ってもやめないで」という言葉に全てを俯瞰して恐れていた彼の本心が見えて泣けました。別れた後、恭一さんは泣くんですよ。泣くような感情の揺れを抱えながらも「別れ」を選択せざるを得ないこともあって、ああ、とんでもない漫画を読んでしまったなというのが「梟」の感想でした。しばらく放心状態だったのは言うまでもありません。

そして「俎上」が始まったわけです。

恋人同士が付き合って喧嘩別れをして寄りを戻す話なんです。身も蓋もない言い方に聞こえますけど、それだけの話なんです。でもそれって、すごく普遍的な話ですよね。

今ケ瀬の不安定さを恭一さんはいつの間にか受け入れていて、誤魔化しようのない「気持ち」がきちんとあったことに驚きました。「もう一度会ったら 俺は完全に落ちる」と確信していた恭一さん。最後に「一番強い流れに押し流されているだけ」と自嘲気味に云うけれど、きちんと選択した顔をしていますよね。
私、このラスト数ページの恭一さんの言葉とモノローグがとても好きです。
3度目の「自分じゃだめ」に次はないということ。恋にじたばたする年齢じゃないだろうということ。何よりも、恋の終わりと関係の終わりを予見する諦観の境地にあること。それでも橋を架け続けようと思うこと。甘くない。なんて甘くないんだろう。恋愛の苦さをすべて凝縮したような素晴らしい締め括り方だと思いました。

「俎上」に関しては読めばすべてがわかるし、過剰な程の台詞の応酬(痴話喧嘩)にまだあまり語れる事を持ちません。今ヶ瀬の言動だって「不安定」と言ってしまえばそれまでだけど、愛人発言の「茶番」を私は受け入れられない。ただ、恭一さんの言動にすぐ赤くなるこの男は本当に「愛す可し」だよと思いました。この先二人がどうなるのかって・・・私は意外とずっと一緒に居ると思います。一読者の希望的観測だけど、なんとなくそんな気がします。そう思うぐらいには、幸福なラストでした。

とにもかくにも読むべき漫画です!本当に凄いから!
あと、おまけ漫画が面白すぎます。私、夏生さんとはお友達になれても今ケ瀬さんとはたぶんお友達になれません(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
期待していた水城さんの感想(ドキドキ!)
最後の
>今ヶ瀬さんとはたぶんお友達になれません(笑)
に笑ってしまいました。しかも頼むものが「カシスオレンジ」だし…苦笑。でも友人にあんな感じのいます。

未だに「俎上」について冷静な頭になれないので、yori様のレビューを見て感動しました。
良いトコも悪いトコも、ばっさり!
今ヶ瀬の精神不安定なトコロなんかを「茶番」と言い捨てるあたり、手厳しいですね!(そんなところがカッコいいです~)

ちょっとインターバル置こうと思って「俎上」を放置していた(といっても2日…)のですが、また感動で泣けてきそうです。
とっても素敵なレビューでした。ありがとうございました。

お恥ずかしいです~

いやいや、もうとりあえず吐き出しておこう的な感じになってしまいました・・・。
読んで下さって、こちらこそありがとうございます!

今ケ瀬は人の携帯チェックするのが日常の男ですからね(笑)
あっ、でも「茶番」は言い過ぎたかも??ついつい調子に乗ってしまいました。すみません(根が小心者なので過激な発言は控えているのですが)
きっと人それぞれの読み方感じ方がある漫画ですよね。二人のどちらに共感するかも分かれそうですし・・・らないみぃさんのレビュー、楽しみにしています!!

そしてそして、怖い漫画は「レプリカ・マスター」でしたか。確かに人の首が飛ぶシーンがあった記憶が・・・。「レプリカ」って「原獣」の設定の大元ですよね。主人公の女の子の子孫が博士だった気が。「隣の町」も懐かしいです~。今読んでみたら、たぶんそんなに恐くないと思いますよ。嫌な読後感の話はなかったと思います。
スプラッタも大したことない(たぶん)ので、ぜひとも「魔法士」にも挑戦してみてください!

長々とすみませんでした。コメントありがとうございました!
プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。