「美しいこと」*追記あり

32014072.jpgutukusiikoto1.jpg
松岡洋介は週に一度、美しく女装して街に出かけ、男達の視線を集めて楽しんでいた。ある日、女の姿でナンパされ、散々な目に遭い途方に暮れていた松岡を優しく助けてくれた男がいた。同じ会社で働く、不器用、トロいと評判の冴えない男、寛末だった。女と誤解されたまま寛末と会ううちに、松岡は「好きだ」と告白される。松岡は、女としてもう会わないと決心するが…。(上巻)
松岡が気になる感情が、友情なのか恋なのかを知りたい。そう感じた寛末は松岡と頻繁に会うようになる。寛末にとって、明るくて楽しい松岡と過ごす時間はとても居心地がよかったが、その一方で、仕事ができて社交的、女性にもモテる松岡が、どうしてこんな自分を好きなのかと、卑屈にも感じていて…。そんな折、社内で大きな人事異動があり…。恋に落ちた二人の切ないラブストーリー。(下巻)


今このタイミングで感想を書いたらドラマCDだと思いますよね。
違うんです、スミマセン。何を今更って感じですが小説の方なのです。再読して真険にCD購入を検討した結果、とりあえずこの話についての「好き」を吐き出してからゆっくり考えようという、なんともヘタレた結論を導き出しました。

長くなったのでたたみます。

上の表紙を見るたびに美しさにため息が出ます。BL小説の表紙の中でダントツに好き。木原先生はインタビューで題は「AJICO」のアルバムからと仰っていたので本筋に関わる深い題ではないと思うのですが(漠然としていますし)、「これしかない!」というぐらい合っていると思います。美しいことって何だろう・・・と考え出すと止まらなくなるもの。「美しいこと」をモチーフにした話でとにかく思い出すのは藍川さとるの「さかなのf」。似た意味合いを持たせた作品で最近読んだ高口先生の「美しい 美しい 美しい」といい、どうも「美しいこと云々」という取っ掛りに私は心惹かれる傾向があるようです。
この話の「美しいこと」と聞いて最初にイメージするのは寛末にとっての江藤葉子(女装して松岡)でしょう。理想化された、崇拝の対象と言っても過言ではないぐらいの「美しい人」。その心も含めて寛末にとって葉子は女神のような存在だったわけで。だけど「美しい人」は松岡が女装した「偽物」だった。
「美しさ」とは外的な要素しかないのか。「美しい」から好きになったのか。外的な要素(性別は外的というか根本的な違いだけどね)は内的な要素には敵わないのか。私的にムリヤリ意味を持たせるのなら、これは「美しいから愛しい」と変化した心が、「愛しいから美しい」に変容していく様を表現した題と捉えました。

再読するにあたってなるべく寛末に沿って読んでみようと決めていました。というのも、繰り返し繰り返し読んで、こんなに下巻を待ち望んだ本って今までなかった!というぐらい松岡の切なさにやられてしまった上巻に比べて、寛末の気持ちがベースの下巻はどうにもこうにも何度も読み返せるような内容ではなかったのね。寛末は本当に無神経でダメな男で、これでもかというぐらい松岡を傷つけて・・・本当に読んでいて痛かったから。でもCDを購入するのなら「寛末キライ」なんて心境のままじゃ嫌じゃないですか。ムカムカしながら聞きたくなんてないもの(笑)だから、なるべく寛末のことを考え、出来るなら松岡の気持ちになって寛末を好きになろう!と非常に真剣に読みました。何もそんな気合いを入れんでもって感じですが、気合いを入れないといけないぐらい寛末は手強いと覚悟をしていたのですが・・・。

よく考えてみると松岡は不思議な人ですよね。あくまで「普通のイケメン」のように終始描かれている。女装癖や男性に一途な想いを寄せることから、何らかの性的な「ゆらぎ」を抱えた人だと思うのですが、そこの点にはまったく触れていない。松岡ってたぶん会社のOLさん達の「結婚したい男ナンバー1」とかですよ。発想が古い感じで恥ずかしいですが。顔良し性格良しの出世頭、松岡のキラキラ度は異性としての私は「恐縮」して遠巻きにしてしまうぐらい、遠い感じの人です。それはきっと寛末も同じだったんだよね。卑屈にもなるし、たぶん、心の底から松岡の気持ちが「不思議」だったんだと思うんだ。理解できない異星人のように感じていたんじゃないかな。だって、外から見ている私にとっても松岡は不思議なんだもの。ただ、それは下巻の「愛すること」が寛末視点で進むせいもあるんだよね。松岡の語りが入らないから、寛末の酷い仕打ちの後も一途に想っている松岡がちょっと不可解でもあるんだ。寛末が松岡に対して行った一番残酷なことって何だと思いますか?人それぞれなのかもしれないけど・・・私は「関係を持続させようとしたこと」に尽きます。葉子として抱いたことでも、男の身体を拒否したことでも、田舎に帰るのを一人で決めたことでもなく、「友達でいようとしたこと」が一番残酷なことだと思う。松岡が女性だったり、ゲイであったりしたら、いくら寛末でも関係を切っていたでしょ。恋愛感情を抱けないと気が付いていながらも、「友人」としての心地よい松岡との関係は築きたかった。この寛末の勝手さだって、私は松岡の「不可解さ」からきているような気がします。もっと簡単に云えば、寛末は松岡の感情を侮っている。100%信じてはいない。だから、いつか松岡も「友人」として自分を見てくれるようになるんじゃないかと思っている。松岡は普段から人に気を遣う人のようだけど、気を遣わない人って、他人の気遣いに気がつかないものなんだよね。私、これは周囲の人を見ていてよく思います。「あの人気遣い屋だよね」という人は実際自分も気遣い屋だったりするのよ。寛末は優しい人だけど、松岡に対しては足りない。明らかに足りない。もっと言えば寛末は、「松岡なら傷付けてもよい」と無意識に思っていそうだ。恋愛の勝者側の余裕と、自分よりも明らかに優れた男が自分の行動で一喜一憂する様を見て、少し気分が良くなるようなことが寛末にはあったのかもしれない。

と、ここまで書いて今更ですけど私は寛末が好きになりました。
だってとても人間らしいもの。弱さや身勝手さ、それでも確かにある誠実さと優しさが愛しい人です。
はは、自分で先脳しすぎ?

寛末ってどちらかといえば確実に「損なわれてきた」側の人間なんです。上司の福田のような人間が、彼の周りにはきっと多かったのだと思う。無口さや真面目さを馬鹿にされてきたのだと思う。彼はたぶん「傷付けられること」に慣れてしまって、だから松岡の心がズタボロになっていく様子に鈍くなってしまったのではないかなと。それは別に特別なことではなくて其処ら中にあることだと思うのです。寛末を擁護したいわけではないのだけど、松岡にはそんな部分まで見えていて、心を離すことが出来なかったのではないかなーと勝手に想像しました。

リストラされた寛末は、松岡に就職先を斡旋されて卑屈な感情に火が付いてしまい田舎に帰ってしまうのだけど・・・正直この気持ちは痛いぐらい理解できます。学生の頃に同じようなことがあったので(斡旋ではもちろんなく、求人の情報と激励でしたが)。職が決まらないって、本当に本当に辛いです。特に周囲は決まっていると。人生で一番暗かった時期です、アレは。駅のホームには極力近づかないようにしていましたもん(冗談じゃなく)。
ま、置いておいて。
再会からホームの場面まではもうジェットコースターのような緊迫感でした。
ただ「会いたい」と思うこと。目の前の人を「抱きしめたい、触りたい」という衝動を抱えること。そして「可愛い、愛しい(美しい)」と思うこと。気持が揺れ動く理由に人は名前を付けたがるから遠回りをしてしまうのですね。「窮鼠」のタクシー場面と並んで、「想いと身体が繋がる名場面」のマイベストに入ります。本当に素晴らしかった。本当に本当に素晴らしかった!

「美しいこと」が切なくて心を鷲掴みにされたようにキュンとなるのは、確かに松岡側の一途で切なすぎる想いの為なんだけど、その相手が、「寛末」という人間味ある弱くて優しい男でなければ、やっぱりここまで面白くて素晴らしい話にはならなかったと思う。
小冊子がまた素晴らしいんだ。あんな面白くて素晴らしい小冊子が期間限定のサービスだなんて残酷だと思います。愛しい二人がいつまでも一緒にいるように本気で願ってしまうよ。

ここまで書いたけどCDは結局どうするんだ、私。
とにかく再読して本当に良かった。心をガーッと攫われる読書体験でした!


追記 小冊子について
他所のブログ様で知ったのですが、タイムリーにも木原先生側が小冊子の再配布(有料)を考慮に入れたアンケートをHP上で行っています(今月末まで)。これについて、私はそんなに動揺や憤りのようなものは感じなかったのですがやはり思う所はあります。私は小冊子やペーパーといった「おまけ商法」にそんなに積極的になる方ではなく、この小冊子以外は応募をしたことがありません。『是』のペーパーも結構悩みましたが結局しませんでしたし。でもね、「読みたかった」という気持ちならば『箱檻』の小冊子に対する気持ちだって同じですよ!「おまけ」の範疇を出てしまうような内容だったから、こんな事態になったのかもしれない。常々思っていることですが、頼むから作品は作品の中だけで完結させて欲しいです。あの小冊子は確かに素晴らしい。でも、あまりにも本編を補足しすぎている。あれだけの内容のものになってしまうのなら、収録をするべきだったのではと思います。
有料化になって応募出来なかった人が読めるのは、まあ、良いことだと思います。私がようやく好きになった寛末の株も上がるかもしれませんし(笑)
金額までアンケート項目にありましたけど、そこはやはり同額が妥当ではないでしょうか。
うーん、それにしても私はやっぱりこの商法が好きではありません。

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。お久しぶりです!
「美しいこと」のレビュー!!私も大好きな作品なので、レビューが読めて嬉しいです。

「廣末は損なわれてきた人で、他人の痛みに鈍感になっているんじゃないか」というところに、そうかも!と思いました。
自分が傷つくことで、相手にはそうしないようにしよう、とか、
もしくは相手からそうされたから、自分もしてやろう、とか、
能動的に行動することは傷つけられたときの対応で想像つくことなんですが、鈍化させるのって無意識な行動だし、自分の経験では想像つきませんでした!おぉ!


でも、実際にはこういう廣末みたいな人、いますよね。
全ての問題から逃げる人、その場限りの気分でその先についてのプランを考えない人、自分が人を深く傷つけていることをしている自覚がない人。

>でもCDを購入するのなら「寛末キライ」なんて心境のままじゃ嫌じゃないですか。ムカムカしながら聞きたくなんてないもの(笑)

と思って廣末を良く思おうとしたyoriサマは偉いです!
私も大好きな作品でしたが、やっぱり廣末にムカムカしそうで買わずにいます…
で、yoriサマはどうされるんですか?笑



ところで、私はこの作品を見終わった後にFRAGILEを読みたくなったんですが、yoriサマもこの後に読まれたようですね…
なんて偶然!
FRAGILEの記事も楽しく読ませていただきました。

あ!表参道ランチ、ドレスコードがあったそうで、スゴイですね~!
私もそんなお店に行ってみたい!というか、友人のお祝いに連れてってあげたいなぁと思うのですが、お店って紹介してもらっても良いですか?

あと、yoriサマがよく行く東京の街は上野池袋、だとか。私も上野にはよく行きますよ~美術館ですか?動物園?文化会館?アメ横?
私はみはしっていうお店でぜんざいを食べるのが好きです♪


・・・。えーと。長くなりました。失礼しました~

こんばんは!

お久しぶりです、みぃさん。
お仕事忙しそうですが無理はしないでくださいね。

「美しいこと」のCDは・・・たぶん買わない気がします~。
元々音楽自体をあまり聞かない人間なので、二枚組をじーっと聞いている自信もないですし。あとは、やっと好きになれた寛末のことを音声で聞いたらまーたイヤになってしまいそうなので(笑)

フレンチの紹介だなんてそんな!私なんかを参考にして良いのですか?自慢じゃないけど外食センスないですよ。あっ、でも決めてきたのは友人だから大丈夫かな。
「レストラン・ランス・ヤナギダテ」というフレンチです。ドレスコードというので結婚式の二次会ぐらいの格好かと思ったのですが、ランチだった為か全然大丈夫でした。ジーンズの人はいませんでしたけど、女の人は「ちょっとキレイな格好」程度で問題ないと思います!6千円のコースを予約しました。女の子同士の集まりもし易い雰囲気で、とても良かったですよ!

上野は家の沿線なので割と気軽に出かけてます。美術館ですかね、よく行くのは。でも最近は集中力がなくて(疲れて?)ゆっくり鑑賞出来ないのであまり行ってません・・・。
私もみはし好きですよ~。お土産まで買ってしまいますもん。

こちらこそ長くなりました。ではではまた~
プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード