「ナルシストの憂鬱」西江彩夏

お洒落フレンチに負けない為にもBLを!というわけのわからない気合いから出掛けの供に選んだ作品です。これがすっごく面白かった!あちこちのブログ様で評判がいいなーと思っていたのですが、攻めが「クレーマー」、受けが「家電量販店店員」という部分に引っかかりを感じ(サービス業なものでクレーム客には良い感情がありません)手を出すのを躊躇していたのです。
もう一気読みでした!しかし一番良い場面で待ち合わせ時間になってしまい、しかも改札で立ち読みしていたら友人達がいつの間にか目の前に居たという。恥ずかしい!

narusisuto.jpg
「絶対に恋になんかならない!」精悍で色男、職業・司法書士。だけど性格は、自意識過剰なナルシスト。藤中にとって山田は、外見だけは好みな尊大で横暴な隣人だ。しかも初めて出会って以来、お人好しで面倒見の良さが災いしてか、なぜか山田の世話を焼くはめになってしまう。さんざん山田に振り回されげんなりしていた藤中だが、二人の距離が縮むたびに、山田の素直で嘘を言わない真摯な言葉に心がときめいて…。

最初は単純に傍若無人のジャイアニズム全開男山田と、お人好しで日和見主義のクレーム処理員藤中のやり取りと対比が面白いと思って読んでいたのですが、山田の超難ありな性格の背景が出てきたあたりから、印象がガラっと私の中で変わりました。これはすごく、すごく切実な問題を孕んだお話だと思います。その切実さと、一見して戸惑う様な問題の在処も含めて、とにかく私好みのセンシティブな話でした。センシティブでプラトニックなんて、結構珍しい話だと思います。
山田は恋愛(セックス)が出来ないんです。その理由が最初は「本当に愛した結婚を考える人とだけする為」とあって、まあ変わった男の価値観だからと藤中同様に私も思っただけでした。そういった幻想(?)は小学生の頃は当然だと思っていたし、今現在私の近くにそういった考えを通している人というのは見受けられませんが、居たとしても変ではない。
でも、山田の抱えている問題はもっと根が深かったんだよ。「ナルシスト」という言葉は言いえて妙というか、正確なんだけどちょっとズレているような、でもその通りだなという良い言葉だと思います。山田はとにかく自分を晒すのが怖いんですよ。怖くてたまらないの。だから、恋愛が出来ない。セックスが出来ない。恋愛なんて自分を晒す行為の最たるものでしょう。セックスなんて未知の世界の時はあんだけ怖ろしくて恥ずかしくて仕方がないものはないって感じでしょう。そういった葛藤というのはもちろん30にもなる大人の男が抱えるものではないと一般的にはされている。でも山田は抱えてしまっていたんだよ。藤中のことが好きなのに、恋愛が怖いのね。乙女のような悩みと葛藤というとなんだか滑稽だけど、出会って恋してエッチして―という恋愛小説の手順を当然のこととして消費していた私は、山田の抱える葛藤に若かりし頃の自分の葛藤を重ねましたよ。他人に自分を晒す行為とは、本当に恐ろしいものであったんだよなと。そして、その問題を抱えたのが「攻め」側というのがこの話の面白いところだなと思いました。恥じらいの乙女は女の子の役割(特権?)であって、本来ならBL的には「受け」側の役割なんですよ、たぶん。お姫様が優しい王子様に懐柔されて心も身体も開いてゆくというのが一連のロマンスでしょう。でも王子様になりきれない男の人だってきっといっぱいいるわけで、男の人に半ば強制的に押し付けられる「役割」のようなものについてまで考えてしまいました。
山田のような人にはもしかしたら、藤中のように優しく他人に合わせがちな人は向かないのかもしれません。もちろん藤中の優しさと忍耐がなければ山田が彼に惚れることはなかったのだけど、二人でグルグルになっている様子には「似た者同士」特有の袋小路を感じて切なくなりました。似た者同士というと語弊があるけど、身動きが取れなくなってしまった状況と、その状況を打破することが出来なかった二人それぞれの思いやりを考えると、山田と藤中はまったく違う種類の人間だとは思えないのですよね。暫定恋人から恋人になって、でもやっぱりセックスは出来なくて、そのうち関係自体がギクシャクしてしまう二人。ダメなのか、このままダメになってしまうのか?BLだからそんなことはないだろうと思いながらも、最後の最後までハラハラドキドキしてしまいました。

大きな事件が起こるわけでもないシンプルな恋の話なのに、1対1の人間の関わりを濃く描いていて本当に面白かったです!良い本を読みました。
ひとつだけ注文を付けるのならば、藤中は男前設定ではなくて地味顔設定だと個人的にもっと萌えました。綺麗でないと山田の目には止まらなかったかもしれないですが、カラーの「どうしてだ。君は可愛いじゃないか」という甘い台詞がよりキュンとするなと思ったので。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード