スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一般書感想(「ニート」)

3連休(勤)も無事に終わり少々腑抜けています。

凪良さんショック(?)の影響かひたすら明るい話が読みたい!と思っていたわけですが、そもそも明るい話自体が少ない自分の本棚が残念です。
で、なぜか今更感漂いながらも「1Q84」を読み始めました。ええ、全然興味なかったのですけどね、諸事情があって買う羽目になったのです。私には残念ながらヒジョーにソリの合わない義妹がいるのですが、どんな風に合わないかといいますと、ブランド狂VSオタク、フルメイクVSノーメイク、銀座VS池袋・・・みたいな感じといったら伝わりますかね?とにかく合わない。私からは極力近づかないようにしているのですが、その妹君が「書店員なら当然例の話題作は読んだのだろう?貸して」的なことを言ってきまして、いや別に読んでないけど・・・とは微妙なプライドが働き言えず、別に買ってあげるのはいいけど、彼女が読んでいるのに私が読んでないって何か嫌!という性根の悪さがムクムク顔を出しまして、必死こいて読んでいるというわけです。が、なーんか楽しくない。こんなん読んでる時間があったら「魚住くん」や「エス」を再読したーい。でも手放したらしばらく返ってこないのは目に見えてるしな・・・どうしたものか。

マイ鞄には大抵2冊の本が入ってます。未読本と既読本が1冊ずつ。そんなに長い通勤時間ではないのですが、未読本(ほぼBL)が面白くなくても、意外な混雑に遭遇してエロ描写満載の本を開けなくても大丈夫なように、読んだことがあって、好きで、短時間で読める本を忍ばせています。ベストはエッセイやコラム集だけど、最近は面白いエッセイストを開拓出来ていないので短編集が多くなります。

長い前置きになってしまいましたが、ずっとずっと好きで、しかし内容が内容だけに感想を書こうにも書けなかった本がこちら。

ni-to.jpg 「ニート」絲山秋子

「ニート」「ベル・エポック」「2+1」「へたれ」「愛なんかいらねー」の5編を収録。
かけ出しの女性作家と引きこもり青年の関係を描いた表題作他、現代人の孤独と寂寥、人間関係の揺らぎを描き出す傑作短編集。

全体としても大変面白くて一読の価値ありだと思いますが、発表当時物議を醸したであろう最終話、「愛なんかいらねー」がとにかく大好きなんです。でもこの話が好きと公言するのって微妙に憚られるというか、「そーゆー願望があるの?」みたいな取られ方をされそうなのが嫌というか・・・ここが一般書感想の難しいところだなと思いますね。BL感想みたいに膜のようなものが掛からないから。
恋愛や浮気の話に「わかる」と頷くと、イコール私生活まで透けて見えてしまいそうと言ったら自意識過剰か(笑)。願望がなくても、理解が本当の部分では出来なくても、ここに描かれている二人の関係や行為が私はやっぱりとても好きなんだよな。絲山作品はその文章運びの美しさに目を瞠りますが、この話はスカ○ロという変態行為を描いてもなお美しいってどういうことよと驚きました。しかも中途半端な書き方じゃなく、臭いや手触りまでこちらに伝わってくるような書き方をしているのに!
10年ぶりに再開した女(大学講師)と男(元ゼミ生)が変態性愛に耽るという、ただそれだけの話ともいえる短い話。絲山秋子じゃなければ、もっと泥臭く、嘘臭く、綺麗事臭くなってしまうような二人だと思う。寄り添っているようで二人が結局はどうしようもなく孤独というのが私のツボなのかしら。行為と愛はまったく関係なさそうで、でも何かを許し合っているようにも思える二人の関係。乾という変態男が読み進めるうちにどんどん魅力的に思えてしまうから不思議。「愛なんかいらねー」とはそのまま乾の言葉だけど、そんな月並というかある意味使い古されたような言葉の底に含まれる意味を考えると、彼の孤独の深さというのが伝わってきてまた一段と魅力的に感じます。

要するに、なんか上手く説明出来ないけどえらく好きな話というわけです。
余談ですが、成田さん(女)を男に脳内変換して読んでみたら、これまた意外と萌えました(笑)
絲山秋子は最近の作品はあまり好きではないけど、初期の作品は本当にいいと思う。
「袋小路の男」「海の仙人」「エスケイプ/アブセント」なんてもう、大好きだよ。



あっ、明日はヤマシタさんの新刊発売日じゃないか!楽しみ~♪


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ニート 絲山秋子

どうでもいいって言ったら、この世の中本当に何もかもどうでもいいわけで、 それがキミの思想そのものでもあった。 クールな文章。働かな...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

こんばんは!

>藍色さん

はじめまして、ご来訪&コメント&TBありがとうございます~。
「ニート」にコメントが付いているのを見た時は何事かと思いました(笑)
後ほどご挨拶に伺いますね。ではでは。
プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。