スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Love, Hate, Love.」ヤマシタトモコ

LHL.jpg
28歳処女と52歳大学教授の恋。「あなたのことは好きだ本当に」28歳の貴和子(きわこ)は、ある日、ベランダで煙草を吸う男に出会った。隣室に住む52歳の気怠げな大学教授・縫原(ぬいはら)。バレエダンサーになるのを断念しつつあった貴和子に、彼は誠実な言葉で語りかけてきた。今まで恋愛を切り捨ててきた貴和子の心に情熱の風が吹き――真摯(しんし)で臆病なピュア・ラブストーリー!描き下ろし後日談収録!!

楽しみにしていたヤマシタトモコの非BL漫画。
連載中に本誌を立ち読みし、「男女って恋愛するんだよね!」と一瞬思った後、我に返って誰もいない店内を見回してしまった苦い思い出があります。そう、男と女は恋愛をするのだよ!帯の三浦しをんの言葉「恋ってときめくものだったんだ!と思い出させてくれる、素敵なおじさん(枯れ気味)が登場します!」そのままの、日頃女性として色々大切なものを忘れかけている私が読んでも十分に「いいナ」と思える恋愛漫画でした。大切なものを失ったときに、それでも「恋」があるというのはなんて救いなんだろうと、素直に思いましたよ。そうそう恋って良いものなんだよね、はは。

しかし久しぶりに等身大女性が主人公の恋愛漫画を読んで考えてしまうのは自分のことなわけでして、グルグルしましたよ。西炯子の「娚の一生」の海江田も大学教授でしたが、インテリ系の枯れた男がトキメキの対象になるというのは、何なのだろうか。個人的な好みの話をすれば、私は「マスターキートン」のようなインテリ系(?)男に惚れたとしても、縫原のような枯れた風の男に魅力を感じることはあまりないのですよね(海江田は縫原に比べれば漫画的な人物で素敵だと思うけど)。「おまえ」と呼ぶ男は確かにその点では嫌いだけど譲歩して好きになる可能性があるかもしれないが、「あなた」と呼ぶ男は未知の存在すぎて正面から語れる気がしないといいますか。まぁ、個人の好みの問題なんですけど。バレエに打ち込んできた貴和子は「いかに(他者との)コミュニケーションを怠ってきたか」と真摯に考えては悩むのだけど、その相手として同世代の男ではなくて二周り年上の縫原が選ばれたことに、ロマンチックを感じると同時に何か違和感も覚えるのですよね。他人のことが「わかる」「わからない」は幻想に過ぎないと思う反面、私の中にも「でもわかり合いたい」という願望が存在するのは事実で、同世代でも成り難いことは相手を50男にしてもきっと難しいのだよなと思うのです。そもそも「草食系」もそうですが「枯れ男」なんて宇宙人のような記号を名付けるのは失礼だし、そんなに50男に夢を抱いてもいけないのではないかな、なんてツマランことを思ってしまった自分が一番嫌だ。
という私のグルグルをいつものようにヤマシタさんは後書で一蹴してくれましたよ。
三浦しをんと話したときに「現実に若い女とつき合う男は精神的に未熟な男」というしをんさんの言葉に目から鱗が落ちた後、お二人で「でも二次元だと萌え」という見解に落ち着いたそうです。わかる、すっごくよくわかるけど、それを後書に書いちゃうところがヤマシタさんだよね(笑)

ヤマシタトモコは何処に向かうのだろう?なんてことを考えるのは意味がないのだなと今作を読んで気が付きました。感性に澱みがないというか、どんな「色」で描いたとしてもヤマシタさんなりの「方法」で勝負をしてくるような印象を受けたといいますか。どこで描いてもきっと「面白い」漫画を見せてくれると人だと思います。



雑記ですが、本日というか今月入ってまだ一週間だけど一番の興奮が以下。
090908_1204~01
予想以上の巨大さに「でかい!でかい!」と叫び声を上げていました(笑)
久々のyori家外出で某アウトレットに赴いたのですが、牛久大仏は良いですね。
この訳のわからなさが好きです。

コメントの投稿

非公開コメント

シンクロ…それは素敵な合言葉。
こんばんは…(ふふ、もはやテンションは∞…!!!
自分の巣であげた記事で、コミクスのタイトルを間違えた挙句(最後にドットを入れるのを忘れちまいました)アマゾンの画像まで入れるのを忘れちまいました。健忘症!健忘症!よーし、直します!!

このおかしなテンションはなにかといいますと、ヤマシタ先生についてyori様に熱く語ろうと思ってスクロールしたら、大仏様に心を総て持っていかれたのです。
このアングルは神すぎやしませんか…?牛久大仏…??すみません、地理はちょっとにがt……
小学校の修学旅行で鎌倉、中学で奈良に行ったのですが、そしてそれぞれ良かったですが…この立っているというスタイルが素晴らしいと思います。左手の下ろす角度に限りない慈悲を感じます…。私は阿修羅像のフェギュアが結構本気で欲しかった時期がある少女(!?)なので、こういう不意打ちは反則ですよ~!!

私もアウトレット行きたいですー、友達が行ったらしいので羨望の目で見ていたら、yori様までっ!いいなー……なにか収穫は有りましたか? o(´∇`*o)

こんばんは!

>いぶさん

今月はあと2回ばかりシンクロが起こりそうですね(笑)
またまた微妙な感想(でも最早ない)を上げてしまったのですが、きっと愛は伝わる筈と信じています。
そしてそして、肝心のヤマシタさんについて熱く語る件はどこへ!?牛久大仏にそんなに喰いついて頂けるとは予想外です。大きいよね!大きいよね!無駄に大きい感がたまらなく素敵だと思います。本気でときめきました。

茨城県にオープンした「あみプレミアムアウトレット」とやらに行ってきました。確か今の時期は私達の地元の中心駅からも直行バスが出ていた筈です。幕張よりも全然広くてかなり楽しめましたよ!興味があったら調べてみて下さいね~
とは言っても本日の外出の一番の目的はこの本だったので、アウトレットに本屋がない(当たり前だ)と知った時の私の落胆は激しかったです。無事買えて良かった~

はじめましてー。

初めまして、いつも楽しく拝見させて頂いています。
ヤマシタさんの非BL漫画、面白そうですね!もう一冊確かあった気がするのですが、どちらも気になります・・・!

ところで私がそれよりも反応してしまったのは大仏なんですが・・・いや、何分地元なものでして、つい反応してしまいました。行くのは毎年正月くらいなんですけども(笑)そう、無駄に大きいんです・・・ギネスに確か登録されていたような気がします。その昔実に意味の分からない企画がありまして、牛久大仏にマフラーを巻こうというものなんですが・・・本当に意味が分からないですよ・・・。地元民のくせにアウトレットには行ったことがないので、何かの機会に行ってみようと思います。

「愛すべき娘たち」読みました!

yori様へ!

こんばんは、ぺこです。すごい勢いで通っちゃってますね…。ぜひぜひお話させてください。
よしながふみさんの「愛すべき娘たち」ですが、週末まで待つつもりが気になって読んでしまいました。それで、ぜひこの足で私もyori様に感想を、と思いお邪魔させて頂きました(笑)(表題のネタでなくて恐縮なんですが…)

初よしながふみさんだしまだイメージがおぼろげなんですが、第一感想としては、…よく人間を見ているし、人間の混沌とした深さをわかりやすく表現していて、感性が鋭くてすごく上手い作家さんだな、という印象でした。
まず私がこの作家さんに衝撃を覚えたのは、「人は、自分の欠けたものを埋めるかのように誰かを求め、惹かれていく」ことを描いていること。それに、「女は見た目年老いても心は一人の少女のままに過ぎない。それは、子供を産み育て、その子孫を見守る頃になっても、永遠に変わらないもの」だということ。私が日ごろ感じるものそのものを描かれていることに、すごく驚いてしまいました。シンパシーを感じてしまったというか。
また、私が読めて良かったな、と一番思ったセリフは「分かってるのと 許せるのと 愛せるのとは みんな違うよ」ということ。…すごいですね。どきりとしました。色々自分に重なるものがあったりもしてとても共感してしまったところです。
あと、思い出の中のささやかな出来事が今の自分の支えになっている、ということも、すごく感じるものがありました。
この作家の思想をもっと読み解いてみたい、そう思わせる深さがありました。読めてとても良かったです。yori様の記事にある作家さんは、実は私知らない方がとても多いので、これからご紹介を読んで発掘するのが楽しみになりました。

またyori様お薦め本など読みましたら、感想などコメントにお伺いしますね!

コメントありがとうございます!

普段では有り得ないコメ欄の賑わいにアワアワしておりますyoriです、こんばんは!

>豚なすび様
はじめまして!ご来訪ありがとうございます~。

ヤマシタさんの漫画は男女ものでも期待を裏切りません。むしろ私はBLではないヤマシタさんが好きなぐらいなので、とても面白く読みました~。

なんと、牛久大仏の最寄りにお住まいでしたか!あの唐突さは一体全体なんなのでしょうね。マフラーって!(笑)かくいう私も「東京湾観音」を擁する土地付近の出身なのですが、一応こちらは東京湾を一望する寂れた断崖絶壁にそびえ立っていますので、そんなに不思議な感じはしないのですよ。本当に、巨大仏というのは魅力的だなと思いました。「晴れた日は巨大仏を見に」という紀行エッセイを注文してしまったぐらいです(笑)
アウトレットは平日に行ってもなかなかの混雑っぷりでした。ぜひぜひ行ってみてくださいね~。
今後ともよろしくお願いします!


>Sさん

いいな!いいな!本気で羨ましいです。
私も側まで行きたかったのよ。それなのに「近いように見えて意外に遠いよ」とか言われて諦めざるを得なかったのよ!くそ~、いつかリベンジします!


>ぺこ様

おお!早速読まれたのですね。表題と違うことなんて一切気にしないでください(笑)

私、実はよしながふみについては多くを語れる程造詣が深くないのです。というのも、彼女のBL漫画が苦手で読み返すことがあまり出来ないのです。とても上手で、でもだからこそ残酷で、なんというか夢を見るようなことが一切出来ないのですよ。
だから、私にとってよしながふみの最高傑作はこの「愛すべき娘たち」なのです。
母と娘の複雑な関係についてここまで真に迫った漫画は知りませんでしたし、もう読んでいてすべてが共感出来るというか、とにかく訳もわからずに涙が溢れていました。「母というのは要するに不完全な一人の女の事」というモノローグが本当に素晴らしくて驚いた記憶があります。
どの娘達の問題も決して他人事ではない切実さがありました。特にマルクス主義の祖父の思想の元に育った娘の話は、とても怖くて美しくて一生忘れることはない話だと思います。

よしながふみの思考については「あのひととここだけのおしゃべり」に詳しいです!彼女と三浦しをん氏の対談などは何度も読み返してしまうぐらい深くて面白いです。大変頭が良くて、あまりにも良すぎて色々な物事が見えすぎて大変だろうなという印象を受けました。クレバーという言葉がぴったり当てはまる作家だと思いました。ぺこ様の仰るように、感性がとても鋭いし、その感性を一番効果的に画面に表現する方法を知っている人だと思います。
大好きな作品なので読めて良かったと思って頂けてとても嬉しいです!



ははは~

yoriさんとこはコメントも長いですね~(笑)←人のことは言えないけど。

そういえば元義妹のお父上は元大学教授でございます。
すっごくダンディーでかっこいい方です。
吊るしの背広なんか着ません。すべてオーダーメード。
車もクラウンの一番高いヤツで、2、3年ごとに乗り換えていたなぁ~。
で、ときめくかっていうと……、どうでしょうね~。
若い女の子から見たらあこがれるのかもね~。
わたしは実態を知っているから(笑)
(お家の中ではステテコだよ~ん)

若い女と付き合う男、というよりは、男はみんな未熟だと思います!
成熟した男など見たことがない!
わたしにとって男は女以下の存在ですから。←か、かげき~(汗)
だからBLに走るわけです。
あの妄想の世界の中では、男はみんなかわいい~で済みますから。

ヤマシタさんのおもしろそうですね。
でも本屋さんには入ってませんでした~(涙)。
発行部数少ないのかな~。
新人漫画家さんなんか、3~4000部だった気がする。
中堅クラスでやっと1万部くらい?
すべての本屋さんに出回るはずないですよね。
また、ネット注文になりそうです。

そうそう

>cochiさん

男はみんな女のなり損ないなのです(笑)
実際BL読んでいるとわからなくなりますよ。
現実世界で私は一体全体「男好き」なのかしら?って。
以前ホモ友が「こんだけ男の尻やらブツやら好んで読んでいるんだから、私はどんだけ男好きなんだよと思う」と言っていたのですが、それは絶対に違う・・・と思ったのですよねぇ。むしろ「好き」ではないからBL読むのではないかなぁと。

現実では余程年下か立場が下でない限りは男は上から目線で話すので、インテリ系の上からと、オラオラ系の上からだったらま~だ後者の方が嘘の笑顔で対応出来るからマシだわと思いました(笑)
「大学教授」って最早インテリの記号ですね。素敵な大学教授に出会わなかった青春時代が悪いのかしら。いつか50男の魅力について語れる日がくるといいのですが。
あっ、でもヤマシタさんの漫画も西さんの漫画も素敵だわ~と思います!
まさに「二次元だと萌え」です!

この本入荷少なかったです!うちや近隣の店は2冊でした。でもでも、今日発売の草間さんの「さよならキャラバン」は入荷なしですよ~。遠征して買いに行きますが、ネット書店が流行るわけですよね・・・。いや、本当書店にとっては笑えない状況でございますよ。

そしてまたコメントが長くなったところで失礼します!(笑)

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL.猫かぶってみても、結局たどりつくのはそこなのです。感想は基本的にすべてネタバレ注意です。拍手&コメントありがとうございます。拍手コメントは該当記事のコメ欄にてお返事いたします。リンクフリーですがご一報頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。