スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いとし、いとしという心 2」かわい有美子 

itosi2.jpg
屈指の名門旅館の跡継ぎである兄の陰で、ひとり鬱屈した思いを抱えていた千秋。彼にとって、素直で愛らしい隣家の幼馴染み・侑央は唯一の救いだった。侑央が兄に恋い焦がれてさえいなければ―。侑央を抱きしめ、兄に似た声で侑央の耳に甘くささやく。「目ぇ、閉じとき。そしたら兄貴としてるみたいやろ?」大人気の「いとし、いとしという心」待望の続編!すべての因縁が始まった高校生編と大量書き下ろしを収録。

あまりに萌え悶えて、頭が痛くなりました。

前作(感想はコチラ)では、気持ちが通じたようで通じていない不思議な幕切れを迎えた「いとし」。じわりじわりと狐と兎の心が重なっていく様を堪能しました。面白かった!

終始一貫して腹黒く計算高く性格が悪く描かれている千秋ですが、前作にも増して彼の事が好きになりました。どんなに強かになっているとしても、幼少を知るユキや周囲の大人達にとっては「可哀相な子供」であった千秋。千秋自身は苦々しい記憶であると同時に、「ユキちゃんの同情を引けて都合が良かった」ぐらいに思っていそうですが、現実はきっと違ったのですよね。辛かったし、寂しかったのだと思う。ユキが記憶している痛々しい千秋の姿に、えーと、悶え死ぬかと思いました(笑)兄に対抗してコンポを買った経緯なんて、萌え転がる勢いでしたよ(ユキが気づいているというのがたまらない)。
前作ではあまり言及されなかった二人の関係を変えた過去の件が高校生編として描かれます。千秋が、なんてゆーか見事なまでにヤンデレで・・・少々ゾッとしたのも事実。ユキの気持ちを改めて想像するととても痛いですね。信頼していたお兄ちゃんに性的な悪戯を仕掛けられたも同然なのですから。ユキの心が千秋から離れるのも当然のこと。賢くすべてを俯瞰するような目線を持つ千秋が、それだけは予測出来なかったと後悔する姿もまたツボでした。いつかユキの気持ちが自分に向いたら―とデートプランなどを想像する千秋の浮かれようと、計算が狂ったあとの悲壮感を伴う決意を速攻でした千秋の姿もツボでした。最後、泣くかなと思った千秋が涙をちらとも見せなかったのも良かった。

要するに、千秋がとても好きだと云いたいだけのような気がしてきたぞ(笑)

そういえば、前作を読んだ時には「この千秋がよくまあユキを一旦諦めた(手離した)ものだ」と思ったのですが、なけなしの優しさを総動員させた結果だったのねと納得しました。10年気持ちを寝かせるだなんて、千秋ちゃんは怖い子です。離れていた10年にお互いに何があったのかを、過不足なく描いてくれるかわいさんの文章力に今回も感心しきりでした。すべてが明かされるわけではないけど、読者が二人の人生に思いを巡らす空白がちゃんとある。う~ん、唸ってしまうぐらい上手だ。

10年という年月をかけて変わったのは、頑なだったユキの心の方なのですよね。幼馴染への叶わぬ恋心に倦み、摩耗していたところに確かに千秋は付け込んだ。でも、ユキは誰かと抱き合うことを望んでいたんですよね。何も知らずに一方的にされていた高校生の時分のように清廉ではいられないし、本当は欲望だって人並みにあるのを無理矢理押し殺していたところを千秋は開放したのだと思う。これはもう、千秋の粘り勝ちだよ。自分に向けられる「恋情」が同情でも兄の身代わりでも、いっそ流されただけであっても、ユキが隣に居ればそんな瑣末なことはどうでもいいと思っていそうな千秋が本当に大好きです。

前作の曖昧な締め括りもかなりツボだったのですが、今作の幕引きもまた大変なツボでした。
「待つのは地獄」と微笑む千秋と堕ちる覚悟を決めたユキ。有名な都々逸「三千世界の鴉を殺し―」が直前に出てきて効果的に使われています。前作の感想でもチラっと書いた「世継ぎ問題」「嫁取り問題」、その他諸々の「格式云々」が二人の行く手にはいつまでも付き纏うことになるのでしょう。それでも、二人一緒に地獄へ行こうと「約束」をする姿に萌えて頭がおかしくなりそうでした(危ない)。「指きり」を高校生の頃にも「口止め」という意味でしていた二人。10年を経てその意味合いが見事に変化しましたね。閉じられた世界に入ってしまったように受け取れるラストですが、腹黒い千秋と意外に図太いユキのこと。力技で地獄を天国に変えてしまうような気もします。地獄の沙汰も恋人次第ということかな。

前作はストーリーと雰囲気に酔い、今作は千秋萌えとなりましたがとても好きな作品です。
良い本を読みました♪

かわいさんの後書でまたテンションが上がり、休憩中の事務所で机に突っ伏しました。
歌わせたい!踊らせたい!千秋ちゃん!!
そして千秋がシュッとした男でなくても・・・それはそれでアリのような気がしますね。南田チュンさんの挿絵はとても素敵だったけど、絵に描いたようなイケメンはあまり好きじゃないので。美女と野獣的な格差も美味しいものがあると思います。
かわいさんの他の作品も読んでみよう。でもキラキラした高校生物はちょっとなー。
そうなると入手可能な本があまりない?むむむ。

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです~

こんばんは。激しく、お久しぶりです。
らないみぃです。
休止している拙ブログに書き込みをしていただいたのを見て、すぐさまyoriサマのブログに飛んできてみました。

えぇと。まず。

ふがーーーーー!!!!
千秋ちゃん、もももも、萌え悶える!



・・・・すみません。
yoriサマの感想を読んで、思わず叫びたくなるほど萌えました。

これは1作目を読んだときに、確か倒れそうなくらい萌えました。何度もページを閉じて布団に突っ伏した記憶があります!!

諸事情によりBL作品にはもう戻れない感じなんですが、この作品の感想を読んで千秋ちゃんの様子が分かってよかったです!
yoriサマの萌えがよぉっく伝わってきました。

もう、もうっ!
ありがとうございました!!

BLを全く離れてしまったので(脳内は完全にBL脳なんですが・・・)、これからはyoriサマの雑記ブログの方を覗かせていただきたいと思います♪

長くなってしまってすみません!
それでは!!

こんばんは!

本当お久しぶりです、みぃさん!
元気そうで良かった。

やっぱり「いとし」を読んだらみぃさんでしょう、ということで迷惑も顧みずコメントしてしまいました。スミマセン・・・。もう、もう、千秋ちゃんが本当に萌えで萌えでどうしようかと!!

ああ、でも出て行かれた方を呼び戻すような無粋な真似をしてしまったのは心苦しい(>_<)
そして雑記の方はグチっぽくなりがちなので、どうかあまり気にしないでください。

みぃさんまたの機会に!(いつだろう?)
コメントありがとうございました。元気でね~

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。