スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記(漫画感想)

「夜をわたる月の船」に拍手をたくさん頂きました。
あんまり肯定的な感想ではなかったのに、さすが木原さんですね。
でもでも小さく云うけど「花盛りの庭」はとっても肯定的でオススメなのですよ~
ともかく、日々拍手を頂けるだけでとても嬉しいです。ありがとうございます!

久々に漫画を大量(でもないか)買いしたので雑記として残します。

以前から気になっていた「LOVE MODE」(志水ゆき)の特装版をとりあえず1巻のみ購入するも、「大人×高校生」というCPに撃沈・・・。どうしよう、2巻の表紙は大人同士っぽいけど読むべきですか?そこに萌えはあるのかな??そういえば「是」も1巻の雷蔵×紺はまったくもって萌えなかったのよね。どうしよう・・・躊躇するには十分な値段だ。思うに私はそもそも「大人×未成年」という図が好きではないのかもしれない。なんだかすごく真面目なことを云っている気がして可笑しい自分が可笑しいけど、そんな気がする。絵もノリも時代を感じるが、「ここで魅せよう!」というエンタメ的な感覚は確かに今の志水さんに通じるものがあると思いました。2巻どうしよう(しつこい)。
「俺と彼女と先生の話」(トジツキハジメ)は楽しみにしていた1冊♪それにしてもトジツキさんの「Bボーイ」萌えは一体何時まで続くのだろう。正直、どんなに話が面白くても彼らが主人公である限り「BL的萌え」は私にはやってこないと思う。そのくらいああいった服装の少年達が好きではないの、残念。でもこの新刊はそもそもBLではないのでした。現代怪異譚?先生の設定がちょっと未消化で、全体的に「これからー」といった感じだなぁと思っていたら続編が連載決定しているとのこと。なんだかんだで今後もトジツキさんの本は買ってしまうのだろうな。
そして一番楽しみにしていた「幸せになってみませんか?」(腰乃)がどこにもない!!仕方がないので、ニューウェーブ系ということで私の中では東京漫画社と同じ引き出しに入っている ふゅーじょんの「欲しいもの全部」(山田2丁目)を購入。そしたら意外にも面白かった!一番好きなのは表題作だけど、果たして「剃毛プレイ」はそんなに変態なのだろうか。私の認識ではあまり変態的な行為ではないのだけど・・・というか、BLの「変態」って別にそこまで「変態」じゃないよね。そんなことを思ってしまうのは、私の「変態基準」が何を隠そう「月光の囁き」(喜国雅彦)にあるからかもしれない。扇情的なエロ描写を極力抑えて(青年漫画なのに)サドマゾと変態性欲を描き尽くした傑作ですよ。人間ってすごいなぁと驚かされ続けたあの「引き感」こそが、私の認める「変態」なんだと思うんだ。ま、BLでそんなんは読みたくないのですけどね。それはともかく、恥ずかしがるから「羞恥プレイ」になるのだなとしみじみ思いました。彼らのその後も気になるけど、受けにそもそものプレイを仕込んだ「元彼女」がとても気になるぞ。山田さんは何の同人をやっていたのかしらと調べてこれまた納得。あのジャンルの方の絵は、わかりやすい気がします。
そういえば語シスコの短編集にも剃毛好きな男との恋愛話があって、それがわりと微笑ましくて好きでした。

最後に「極東追憶博物館」(遙々アルク)kyokutou.jpg
やっとアルクさんを「いい」と思えた。「猿喰山疑獄事件」についてはまともな感想が書けなかった上に怖くて読み返せないのだけど、やっぱりラストの絵のインパクトにすべて持っていかれてしまった気がして、それを「凄い」と思うと同時に何か「違う」とも思っていて、モヤモヤが残るのよね。漫画表現が上手ではないなと侮っていたところに、絵でしか見せられない表現をぶつけられた衝撃というか。その後読んだデビュー作の「ビター×スイート」は私には話が冗長過ぎて入り込めなかった。アルクさんは短編がいいな。関係の始まりで終わる物語がちょうどいい。以前から自分の中でアルクさんをどの引き出しに入れれば良いのか判断できず気持ち悪かったのよね。だって、アルクさんの作風は絶対に私のツボに近い所にあると感じるから。文学趣味が色濃い部分なんて特にそう。あと何かが噛み合えば・・・でもその何かがわからない。まぁ、今だってよくわからないのだけど。一番好きなのは「ウルトラマリンブルーシティ」「アクアマリンブルーウォーター」の2編から成る人魚の話。収録作中では一番BLっぽくない話ですね。アルクさんは「BLとして」発表されているから異質なのではないだろうか。違う媒体の似たような雰囲気の中に紛れてしまうと、もしかしたらこんなには光らなかったかもしれない。誤解を恐れずに云えば、同じ引き出しには「鳩山郁子」がいます。似ているとかではなくて、なんとなく思考が近い感じがする。いや、ほんと何の根拠もないのだけど。


今年のマイベストBL漫画の候補を・・・と思って本棚やブログを見まわしたところ、「今年出た漫画の1位」は割とアッサリ決まりました。続きものの1巻目だけど他に思い浮かばなかったので仕方がない。本家(?)の方はどうなるのかなー。ちょっと楽しみ♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。