スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「思い出を切りぬくとき」萩尾望都

omoidewokirinukutoki.jpg
萩尾望都、漫画家生活40周年記念!20代の頃の貴重なエッセイ27本を収録。
[目次]
1 のちの想いに(しなやかに、したたかに;秋の夜長のミステリー;名前というもののあれこれ;人の往来;日本語は論理的なのか;清く正しく美しい場合;作家と編集の間には;思い出を切り抜くとき);2 風をおどるひと(モーリス・ベジャールの『近代能楽集』;ファウストの謎;バリシニコフについてのおしゃべり);3 初めてのものに(アニメーション・ベスト5;私をビックリさせた映画『第三の男』;海色のびいどろ玉と魔女のひとりごと;お砂糖抜きの紅茶は“本当の味”がするんです;ホットコーヒーの話;少女漫画の新しい波・波・波;ホッチキス片手に手作りのアンソロジー;パリの「流れ星ホテル」に泊まったとき;ヨーロッパ、ステーキめぐりでこけた話;ピカソ美術館;お酒の話;子ギツネの話;白ケムシの話;猫マクラ物語;仕事中断の苦しみについて;性善説と性悪説の話);私と他者


来たるデートに向けてちょっと予習をば♪と手に取りました。
萩尾先生が20代後半から30代の頃に書いたエッセイ集。先月の「ダ・ヴィンチ」に東村アキコ特集で記事を寄せていましたが(この組み合わせが意外!でも萩尾先生は東村漫画の大ファンらしい)、萩尾先生は「おっとり」というイメージが固まりつつあります。作品の深さに反比例して激しさを感じさせない方というか。おっとりフワフワしているようで、でも決して世間から浮いているわけではない。地に足が付いた視点も存在している。
ああ、この人から「トーマの心臓」や「残酷な神が支配する」が生まれたんだ―と、ストンと腑に落ちる感じです。

意外だったのは、先生が一人っ子でも第一子長女でもなくて4人兄弟(姉・妹・弟)の2番目だったこと。「イグアナの娘」を描く人は絶対に長女だろうと勝手に思い込んでいました。そして、「望都」が本名であることも初めて知りました!素晴らしいセンスですね。エッセイ内で家族のことはお姉さんについて少し語られます。解説でよしもとばななも云っているように、このお姉さんの話のときだけ萩尾先生の感情が高ぶっているのがわかります。並々ならない屈折した思いが見え隠れして、面白いです。その感情については後書で触れていますが「自分と他者の区別が付かない子供だった」という一節に頷くところがありました。娘が母親(姉)に反発したり苛立ってしまうのって結局「自分と母親(姉)は他人である」という事実が上手く呑み込めていないからだと思うのですよね。少なくとも私はそうだった。私が好きなものは母も好きであると無条件に思いこんでいたというか。萩尾先生はお姉さんとの「区別」を付けられるようになったのか、今は穏やかだそうです。そういえば、ちょっと前の「婦人公論」で母娘問題について対談していた号があったはず。図書館でチェックしようかしら。

名作が生まれる背景にある驚きの裏話も面白い。今も昔も漫画家と編集者の攻防があってこそ、私達の手元には面白い作品が届けられるのねと感心しきりでした。「トーマの心臓」が連載打ち切りの危機にあったというお話はCさんから聞いて知っていましたが、そもそも「トーマ」が週刊連載ってのが凄い。区切りを意識して読みなおしてみようと思います。そしてやっぱり転機は「ポーの一族」なのですね。一読してよく分らずに手離してしまったのよね・・・再購入しようかなぁ。ところで私と友人は中学生の頃に「半神」を読み「よくわからないね」と云い合った記憶があるのですが、昔の少女漫画を読み慣れている人々との感受性の差のようなものを感じずにはいられません。私が小学生の頃に読んでいた「りぼん」はほとんど「恋愛」がメインだったけど、もっと違うテーマの漫画に早くから触れておきたかったと思いますよ。まぁ、今更ですね。

学生時代のアルバイトの話や友人と旅行した海外の話など、軽やかにおっとりとすべてを受け入れている様子が伝わってきます。「ピカソ美術館」のくだりがいいですね。バレエや舞台もお好きのようだし、趣味を多く持ち良く遊び良く観るというのは、創作活動にも欠かせないことなのでしょうね。それにしても・・・やっぱりお金があるのだなぁ(当たり前か)と世知辛いことを考えてしまった庶民です(笑)

さて、そのバレエ鑑賞の回で「バリシニコフ」について語っています。残念ながら私は知らないのですが(っていうかバレエ観たことありません・・・)、すごくすごく好きなんですね。その彼のことを。10日間の日本公演のチケットを全部購入して仕事を休んで会いに行くほどに。バレエを知らない私でもその「バリシニコフ」がいかに素晴らしい才能を持っているかよ~く伝わってくる。そのエッセイの締めくくりが以下。

信じられない。奇跡のようだ。才能は遺伝か環境か。おそらく双方だ。地球上で最も美しい人間のかたちと動きの結晶。それを今、見ることができる。百年前に生まれても百年後に生まれても見ることができない、脳ミソがふっ飛んでしまうような芸術を、今、同時代に生きて見ることができる。この機会を、時間の神様に、心から心から、感謝することにしよう。

とても熱烈な愛の言葉だと思うのですが、これを読んだ瞬間思い出したことがありまして。
それは昨年「残酷な神が支配する」を読んだときのこと。あの作品を読んだ時に私は何も考えずに感想で「天才」という言葉を使ったのですよ。作家にたいして「天才」という言葉があんなにスッと自然に馴染んだことはなかった。そして、バレエと違って漫画は後世にも同じように語り継がれるものだけど、それでも「同時代に生きていること」に感謝をせずにはいられなかったのよね。

漫画よりも気軽に読めるシンプルなエッセイだと思います。気が向いたらどうぞ!





コメントの投稿

非公開コメント

もうすぐですね~!

お会い出来るの楽しみにしております。

しっかしこの本のイラストはぽっちゃりしてますね(笑)
ポーの最後の方あたりから萩尾さんの描く女性がふっくらし始めたような気がします。(今は戻ったけど)

わたしが萩尾先生とお会いした時はたぶん先生は30代前半だったのではないかな。
お手伝いに行っていた先生方が萩尾&竹宮系の漫画家さんが多かったのでふたりのエピソードはよく聞かされました。
萩尾さんと竹宮さんはその昔仲良かったとか(同居してたのかな?)、1人の友人を取り合って別れたとか←本当か!?

懐かしい原画を見ることができることホント楽しみです。
それよりもyoriさんとの乙女ロードデート!!わくわく!!
天気が良いといいですね~。

ドキドキです

>cochiさん

それはもう初デートに震える乙女のように!

練ちゃんや合田の話もいっぱいしましょうね~
貸し借り本だけで何冊になるのか(笑)

では、ちょうど萩尾先生がこのエッセイを描かれた頃に会っているのですね。読む限りでは本当に穏やかそうな雰囲気しか伝わってこないのですが、きっとそんなこともないのでしょうね。
竹宮先生の方が激情家っぽいイメージです(作品からの勝手な印象ですが)。お二人がケンカをしたとしたら・・・めちゃくちゃ怖そうですね。

乙女ロード案内任せてください!って、私も数回行っただけですが、めいっぱい遊びましょう!!




プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL.猫かぶってみても、結局たどりつくのはそこなのです。感想は基本的にすべてネタバレ注意です。拍手&コメントありがとうございます。拍手コメントは該当記事のコメ欄にてお返事いたします。リンクフリーですがご一報頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。