スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「純情な人のように、さよなら」西江彩夏

jyunjyouna.jpg
「あんたを愛してる。絶対にあんたを手に入れてやる」
恋人は顔がよくセックスが楽しめればいい、そんな考えを持つエリート医師の柚木を無理やり抱いたのは、不遜な俳優・前岡。互いに恋愛感情はないはずが、時々年下の男が自分を想って言い放つ言葉に戸惑いを隠せない。しかも過去のトラウマのせいで、愛に臆病な柚木の心は、その想いを拒み続けてしまう。寂しさや本心を隠したまま、柚木はある決意をするが・・・?


山のあなたの空遠く 身体からはじまる恋もあると BLのいう

ガラにもなくパロってみました。
そう、BLだもの。っていうかBLじゃなくても普通の小説も、っていうか友人知人も、そんなことは「よくある話」だと人は云う。遠い、遠いよ~と叫びたくなるのは置いておいて。
たぶん私は西江さんの小説でそれを読みたくはなかったのだなぁ。一読者がそんな身勝手な感想を抱いてしまうぐらい、「ナルシスト」の作り(プラトニックグルグル)が異色だったのよね。BL的な話もちゃんと書けなければ作家として食べていけないであろう事情もわかるので、「これもあり、でも次回作に期待!」という結論を先に伝えておきます。

恋愛がいかに個人のメンタル的な強さに支えられて成立するか、ということを読んでる間考えていました。まんだ林檎先生の「LOVE SONG」収録「あなたが幸せになれた日々の理」の―自分のコトが好きじゃない人に本当の恋はできないんだぜ という言葉に深く肯くのですが、それでも自分のことを好きになれない人はいるし、常に全力で自分のことを好きでいられるかと聞かれれば、否と答えるしかない。ただ重要なのは、自分のことを他人から愛されるに足る人間だと思っているかだと思う。実際がどうかなんて一切まったくもって関係なく、ただ自然に(力技でも)そう思えることが私の思う強さかなと。自分のことを好きじゃないと、自分のことを好きな人のことも信じられないのよね。「こいつ何で俺のこと?」って、柚木もしつこいぐらい繰り返していたし。黙って素直に愛されてりゃいいのに、それが出来なくなる。グルグルグルグル一人相撲。いや、西江さんのキャラクターって、本当グルグル思考ですね(笑)柚木はグルグル思考なのにストイックとは無縁だから性質が悪いというか、前岡もよく柚木を執念深く追いかけたよな~と若干呆れました。この前岡が結構BL的な「攻め様」で、私にはちょっとよくわからない人だった・・・。

自己保身と自己愛はとてもよく似ているけど、まったくの別物なのよね。
自分と似た部分のない前岡に愛されて、柚木は少しずつだけど変わっていった。エリートであるとか、二枚目であるとか、自分の価値を外的要素のみに自ら留めてきたフシがある柚木は、身体と心を絆されてこれから幸せになるのでしょう。

作中にあった「偽善だって善は善。嘘だって優しい嘘は人に優しい」的な意味の台詞に、これまた深く肯くのですが、同じことを藍川さとる(古張乃莉)先生も「晴天なり。」で云っていたのを思い出しました。今をトキメク人気作家様にこんな物言いは失礼だと承知ですが、西江さんのメンタルは、なんというか、近い感じがする。えーと、自分に。読んでいて爽快だとか楽しいとかではないのに、目が離せなくなるのはそんな理由の気がしました。



あー、微妙な感想だ。
また数日後に自己嫌悪に陥って下げたりするのかしら。
常々「挿絵は気にならない!」と思っていた私ですが、線が太い漫画家さんの挿絵は苦手かもしれない。
夏目さん、影木さん、ユギさん、そして桜城さんも。小説のイメージが絵に引っ張られすぎるといいますか。



コメントの投稿

非公開コメント

う~~ん・・・西江さん~

西江さんの新刊!!と思って楽しみにしていたんですけど、
あらすじをみてなんだか惹かれず・・・
小Bにこちらも番外が載っていたのでちらちら読んでみたんですけど
やっぱり惹かれず・・・

yoriさんの感想を読んでやっぱり
私も次刊に期待!でスルーになりそうです。
西江さんはもっと違うものが書ける気がします!!


挿絵は私はわりと気になってしまうようで、
くせが強くないレーターさんでも苦手な方だと
テンションが落ちてしまうことに最近気付きました。
残念。

そうなのですよ

>みさか。さん

こんばんは!
この話は、西江さんも書いていてあまり楽しくなかったのではないかな~と思ってしまいました。後書がなんともネガティブで、「大丈夫です!ちゃんとついていきます~」と声援を送りたくなってしまう感じだったので(笑)起承転結をエロで語るお話は、他の方に任せておけばいいじゃない!(そういうポルノ系も好きですけどね~)

挿絵はあくまで小説の「おまけ」的存在!と思っていたのですが、やっぱり合わない挿絵だと小説自体の好きも下がってしまう気がして残念ですね。

こんなところで百舌谷さんの話もアレですが、3巻まで読んでくれてありがとうございます~。
あの話は3巻目で色々爆発するので、是非とも読んで欲しいと願っていました。裸の変態大将に引かれなかったことを大変嬉しく思います!!

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL.猫かぶってみても、結局たどりつくのはそこなのです。感想は基本的にすべてネタバレ注意です。拍手&コメントありがとうございます。拍手コメントは該当記事のコメ欄にてお返事いたします。リンクフリーですがご一報頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。