スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・人には言えない?


図らずも一年前にこんな記事を上げていました。→「人には言えない?」
遊びに来て下さっている方の中には問答無用で「ノー」な方も当然いらっしゃると思う内容なので、地雷な予感がしたらば廻れ右でお願いしまっす。

さて、正直に云います。
私は「つくも号」さんに関して云えばショタが好きなのです。
前作「最後の三月」ではその独特の魅力(ノスタルジー)が少し薄れてしまったようで残念だったのですが、新刊の「魔法が解ける迄」はつくもさんの持つ魅力を十分に堪能できる作品でした。

真面目に語ったところで天下の松文館ダイヤモンドコミックス=エロ漫画でございます。
表紙からしてよく見ると(見なくても)非常にヤバイので、苦手な方は本気で引き返して下さいまし。
魔法が解ける迄 (ダイヤモンドコミックス)魔法が解ける迄 (ダイヤモンドコミックス)
(2010/01/20)
つくも 号

商品詳細を見る


あのね、帯に一言大きな文字で「女装」って書かれていたの。
迷わずレジに持って行った私はもう何処かおかしいのかもしれない・・・と帰宅してから我に返りうな垂れました。
表紙のパンツの中身は帯じゃギリギリ隠れていないしね。あはは、なんで水色?
まぁ、エロ漫画なのですよ。腐女子向けであると同時に、おそらく「男性向け」としての需要があるだろう類のエロ漫画です。つくも号さんとはいえ個人的に「大人×子供」はアウトですが(というよりも、つくもさんだからアウトなのだと思う。この人の描く「大人×子供」が凌辱メインのポルノ系ではなくて、恋愛風味だからアウトなのだ)、やっぱり私はこの人の描く「子供×子供」のイチャイチャが好きなんだよね。身体を繋げる彼らの様子はどこか切なくて物悲しい。この「刻」が永遠に続くことがないのをわかっているように見えるのだ。そこに溢れるノスタルジックな感傷は「永遠ではない少年期」への憧憬でもあるのだと思う。作品には関係ないけど、ショタコンやロリコンが先天的なものだとしたら、それはとても滑稽で、これ以上にないぐらい非劇的なことだと思うのだけど、どうだろう。

いや、エロ漫画なんだけどね!

短編がいっぱい入っていますが、秀逸なのはやはり表題作。
決して新しい語り口ではないのですが、「女の子の格好をしていたい=大人になるのが怖い」と怯える主人公が、第二次性徴を迎えてしまってからの葛藤を思うと思いのほか胸が詰まりました。隣にいる先輩が助けてあげられると良いのだけど、彼自身が望む姿を保てなくなった時に、先輩ではちょっと力不足なのかな。だけど女王様(母親)の魔法を解くのは王子様と相場が決まっていると思うと、やっぱり先輩に頑張ってもらいたいです。彼が幸せになるといい。
なんとなく、ヤマシタトモコさんの「夢は夜ひらく」を思い出しました。

その他の作品も、基本的にエロ漫画の手法で描かれた短編なので話の半分はヤッています。そこに至る経緯はそれぞれだけど、ギャグもありファンタジーもあり、シリアスもありで、え~と、お好きな人は楽しめると思います。
全体的に可愛らしい作品が多いですが、一つ近親相姦&輪姦というかなりキツイ作品も入っていますので、苦手な方は本当に注意して下さいね。普段あまりエロ作品を感想に書くことがないので、「そうは云ってもこの管理人なら大丈夫だろう」と思われたら心配です。私は好きですが、ショタエロ漫画ですよ!!(そんなに主張しなくても・・・)


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。