スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ふしだら者ですが」中原一也

ふしだら者ですが (リンクスロマンス)ふしだら者ですが (リンクスロマンス)
(2009/12)
中原 一也

商品詳細を見る

仕事場で女性からは空気扱い・邪魔者扱いをされているサエない公務員の皆川修平。しかし実は、男にはなぜか異様なまでにモテまくり、老若男男、喰い散らかしている節操のない魔性のゲイだった。男と別れるときは、いつも幻馴染みのガテン系リーマン・高森に恋人のふりをお願いし、円滑に男と別れていた。そんなある日、皆川はストーカー被害に遭ってしまう。危ないところを高森に助けられた皆川だが、その日から高森のことが忘れられなくなってしまい…。

「おっきいって言ってみろ」
忘れもしない、心に残る衝(笑)撃的名台詞を吐いたのが、中原さんの斑目でした。
読んだその場でホモ友に「すっごい萌えるんだけど!」とメールをしたら、冷静に「それはない」と返されシュンとなったわけですが、エロオヤジキャラが結構好きなのです(英田さんの宗近も同じ臭いがするエロオヤジだと思っているのですが・・・怒られるかしら?)。中原作品は、その特徴である言葉遣いと単語の「下品さ」のため、残念ながら「大好き!」とはならないのですが「萌え」は感じます。「あばずれ」とか「雌犬」とか「尻軽」とか、中原さんホントこういった罵倒語が好きなのね~。しかし、現実もそうだが攻め(男)がいくら何人、何十人、何百人と寝ても逆に「○人斬り!」と讃えられるというのに、受け(女)が同じことしたら非難の対象っていうのはモヤモヤしますな。まぁ、主人公の皆川は一夜限りの相手じゃなくても名前を覚えていないダメ男だったわけですが。

前評判として、前半と後半の雰囲気がまったく違うということは聞いていたのですが、まさかこれ程とは!
結論から云ってしまうと、正直前半のテンションのままで突っ走って欲しかったかな。恋を知らない節操がない受けが初めて恋心を自覚して右往左往する様子に大変萌えたので、元彼ズの「高森籠絡作戦」だけで本編が進んでくれてもまったく構わなかったし、コメディとしてもすごく良く出来ていると思ったから。そして後半のトラウマ展開は、あまりにも「現実に即している気がして」しんどかったのよね。一応マジョリティである側の私がこんな風に思う事自体が傲慢というかお門違いなのかもしれないけど、マイノリティであることの苦悩を語る作品を読むときに考えるのは、実際にその立場に居る人々のことなのですよね。皆川の過去と近いものを持っている人というのは少なからず居ると思う。そのことを考えると・・・前半のコメディ部分が良く出来ていることが更に裏目に出て、「場違い」な気がしてしまったのでした。

問題のある受けを問題のない攻めが救済する物語が好きな私ですが、それをやるには、この話は下準備の方向がちょっと間違ってしまったかなと。それなりに面白かったのですけどね。


あらら、珍しく短いぞ。
近況というか最近のバイトちゃんとの会話でも。

バ「漫画面白かったです~。超キュンキュンしました~」
y 「おおっ!そんな感想云うの初めてじゃない!?」
バ「はい。もう借りるのやめようと思ってたんですけど、また貸してください!」

あなた、今までの漫画はそんなに・・・
ちなみに「超甘々好き」の彼女の為に私がこれまで厳選した漫画はこちら。
「同級生」中村明日美子
「どうしても触れたくない」ヨネダコウ
「トラさんと狼さん」春野アヒル
 大槻ミゥ作品多数
  
これで甘くないと云われちゃ私の持ち駒ではお手上げっす。
で、今回貸したのはこちら。
王子と小鳥 (花音コミックス Cita Citaシリーズ)王子と小鳥 (花音コミックス Cita Citaシリーズ)
(2009/08/29)
山中 ヒコ

商品詳細を見る

ちょっとダメかなと思っていたのですがヒットしたよう。さすがヒコさん。強いわ。
私が借りたのは桜賀メイさんの花音から出ているシリーズでした。う~ん、甘い!

数日後に出る「卒業生」も楽しみですが、2月に出る「地獄めぐり 下」(九重シャム)が楽しみで仕方ありません。今月末に出るドラマCDもかなり気になっているのですが、2枚買うのは厳しいのでサイトのCMを聞くに留めました。あとは、今月号の「キャラセレクション」掲載「憂鬱な朝」に大変萌えました。坊ちゃんがえらい男前になっていてビックリです。

*追記*
書こうと思って忘れていたことが2点ほど。
「黄昏に花」の挿絵をしている槇えびしさんのコミックが出る!
きみにあげる。 (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 34)
初単行本?と思って著作一覧を調べてびっくり。
「DOLL STAR 言霊使い異本1」(講談社マガジンZKC)って、私持ってるぞ(2巻は買ってないけど)。
全然気が付かなかったー。
あとあと「灰とダイヤモンド」(定弘美香)が双葉社文庫から新装版で発売されました!
ビブロス、朝日ソノラマの倒産を経ての再々刊行。
文庫本800円はちとキツイけど(来月出費が重なるのです…)、今度こそ手に入れよう♪





コメントの投稿

非公開コメント

そーなんですよねー。

> 結論から云ってしまうと、正直前半のテンションのままで突っ走って欲しかったかな。
ホント、同意見です!

…後半の展開に「あれ?」となってしまってガッカリしたとゆーか。強引だし、落差が大き過ぎて…。一番困ったのは、読む人によっては母親の描写が短絡的で偏見が入っていると感じるだろうなということです(気にしない人は気にしないでしょうが)。前半がよかっただけに、もう少しなんとかならなかったものか…プラマイゼロになっちゃって、素直に「面白い」といえなくなったという感じ(中原作品って、後半にガクっと落ちることけっこーあるんですよね)。よって「そんな嫌いな作品ではないし、キャラだって面白い、でも後半のせいでなかなか人には薦めにくい1本」になりました。すんごいもったいない作品です。素直に妖精さんのせいにしてくれれば、楽しかったのに…なんでそこで真面目な理由にしたんだろう…。

> 中原作品は、その特徴である言葉遣いと単語の「下品さ」のため、残念ながら「大好き!」とはならない
大多数の人がそこに引っ掛かりを感じていると思います。実際に私もそうなんですが、最近はもう「中原さんだからいいやー、こんなキャラ書くの、中原さんだけだしー♪」と免罪符を交付、笑っちゃいながら読んでいます。「中原さん、ホントそーゆーの好きねえ~」と。

秋林さん!

お誕生日おめでとうございます~!
云えて良かった!そちらにお邪魔しようかと思ったのですが、ウザイ気がして迷っていたのです(笑)

これは前半がすごく面白かっただけに、本当残念でしたね。秋林さんも言葉を濁すわけです。
母親との関係の部分を読んで嫌になる人は絶対にいる(というより、ならないゲイはいないのでは?)と思ってしまうと楽しめませんし、葛藤部分の内面描写がなんというか説明的で、本当強引でしたよね。こう、思いだした→悩んだ→立ち直った にパキッパキッパキッて効果音が入るぐらい、強引だったと思います。皆川がもてる理由はそこそこ納得がいったのですが、ホント妖精さんのままで良かったです。

小山田さんのキャラの書き分け(うまい!)堪能しました♪
確かに中原作品って「面白い~」が全編通して持続するものが少ない気がします。下品な言葉遣いが似合うキャラや場末の荒れた雰囲気を出せる個性的な方だと思うので、これは!!という本に出会えるといいですね!斑目なんて大好きですが(笑)


うお!

ありがとうございますっ!<誕生日
…そしてすみません、お気を遣わせてしまったー!
(yoriさんのブログなのにー)

昨年いきなり中原さんがブレイクした印象を受けるのですが、私自身、ものすごく好みの作品を書く作家かと訊かれれば、実はそうでもないのですが(正直ヒットは斑目&坂下先生の話くらい)、あんなに清清しくゲスなオヤジ萌えを語られると「ま、いっか~」になってしまいます。ただ、クライマックスの急転直下パターンがなくなれば、もっと楽しめる作品になるんだけどなあと毎回思います。

> 小山田さんのキャラの書き分け(うまい!)堪能しました♪
すごい描き分けでしたよね(わはは♪)

こんばんは!

>秋林さん♪

とんでもない!私が勝手に祝いたかっただけですから気にしないでください(笑)

中原さんとの出会いはたしか「愛とバクダン」でした。BLなのに誰もキラキラしていない!と軽い衝撃を受けた記憶があります。竜崎も結構なエロオヤジでした。こう、路地裏でいたしているのが似合いそうな場末感を持った攻め(しかもヒーロー)ってやっぱり独特ですよね。
中原さんは、なんというか、すごくネアカな作家さんという印象です。薄ら暗い世界を描いても、ワケアリの登場人物を描いても、作家さん自身の明るさが滲み出ているというか。って、明るい作品が多いせいなのかもしれないですが・・・。

職場でナンパされた兄ちゃんに後ろから抱き締められているイラストが特にお気に入りです♪<小山田さん
プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。