スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「こめかみひょうひょう」雁須磨子

こめかみひょうひょう (ミリオンコミックス Hertz Series 75)こめかみひょうひょう (ミリオンコミックス Hertz Series 75)
(2010/03/01)
雁 須磨子

商品詳細を見る


高校生の橘高照佳は、クラスメイトの芳野憲二に密かな想いを寄せていた。この気持ちは誰にも内緒……のはずだったのに、芳野本人にばれていた!?大人も、高校生も、おじさんも 恋をすれば誰もが自意識過剰になっていく!?雁須磨子が綴るたったひとつの作品集。

私に雁さんを教えてくれたのは大学で出会った友人でした。
それまでも菅野さんのエッセイでお名前は知っていたのですが実際に読んだことはなかったのですね。漫画や小説を全作制覇する勢いで読めば、大抵その作家さんの性格や思考回路が理解出来ると思うのです。主義主張といえばいいのかな。それが見当違いでもなんでも、自分の中での予想は立てられる。だけどたまに何作読んでも何の予想も立てられない方というのがいて、私にとって雁須磨子さんはまさにそういう方です。レディコミの印象はBLとはまた違って、言葉は悪いかもしれないけど「求められているものを描いている。無難にこなしている」というある意味安心して読むことが出来る作品群だと思うのですが、雁さんのBLは…描いていることは難しくない。だけどまったくもって筋が読めない。何がどうしてそうなるのか、きっと雁さんの中では明確に決まっているし、読了すれば「面白かった!」となるのに、どうにも読んでいてモゾモゾするという(褒めてますよ!)。私にとっては一筋縄ではいかない漫画家さんなのです。

そんな雁さんの6年ぶりのBL新刊!堪能しました。
今までの作品よりも恋愛が直球気味でちょっと不思議さが薄れたかな。

「こめかみひょうひょう」表題作(全3話)
2話目だけを本誌で読み、いつコミックになるのかと思っていたらあっという間に5年以上が経過って…時の流れの早さと出版業界ののんびりさに一瞬遠い目をしてしまいました。
中学生の頃に同級生への気持ちがバレてイジメに発展し、引越し転校までした過去のある橘高は、自分の恋愛が成就するとは夢にも考えていない。あともう少し大人になって、自由になって、それからそれからと云い聞かせている。だけど同時に「恋がしたい 17歳の 今の この俺だって」とも思うのだ。隠し撮り、盗み見ときて、会話の切っ掛けがヘチマと朝顔という間の抜け具合が雁さんの漫画らしい。フワフワしていて掴みどころがないのに、いつの間にかストンと幸福の場所まで連れて行ってくれる(余談だけど明治さんに抱く印象と似ている。私の中でこの二人は同じ引き出しに入ってる)。
橘高の恐怖を芳野は本当にはたぶん理解出来ない。「うれしい」の次に「かなしい」がきてしまう臆病な心を、芳野は「ばかだな」としか思わない。そういう高校生で同い年で似たような感じに育ってきている普通の男の子二人が、全然違う内面を持っているのって当然のことなんだけど、その違いがとても愛おしい。橘高の過去はちょっと普通ではないかもしれないけど、それを彼は芳野に詳しくは話さない。で、芳野も深くは聞かない。雁さんは、声高に理解し合っている風なことを描かない。「のはらのはらの」を読んだ時にも感じたのだけど、恋愛をしている二人の間にあるこの距離感が好き。イジメの原因となった同級生と再会する時に、芳野の力を間接的に借りて、橘高が言葉を発することが出来たのもとてもいいと思う。確かにキュンともなるのだけど、雁さんの漫画は私にとって恋愛面のキュンではなくて、個々人の遠さのようなものにキュンとなる。遠いけど近くにちゃんとある関係性にキュンとなる。それが恋愛じゃん!と云われれば返す言葉もないのですが(笑)、とにかく私はこの表題作が大好きだということです。
がしかし、野暮は承知で一つだけ叫ばせて頂くと、BL名台詞100選(なんだそれは)があれば必ず入るであろう芳野の名長台詞(P67)がコミックでは短くなっているのですよ!正確に再現出来ないので書きませんが、すごく残念…。話の展開にはまったく関係がないので個人的なこだわりでした。

その他の短編については割愛。
雁さんがお題通りにBLを描いていることに驚きつつ楽しく読みました。
「めあたらしい日々」「カドをとられた方が負け」が特にお気に入り♪

同時に出た「猫が箱の中」の方が癖があって不思議な話でした。
感想はたぶん書かないけどこちらも面白かったです!

コメントの投稿

非公開コメント

自己満足も甚だしいですが

実家に雑誌があったので、私の好き台詞を記します。


「往来でひき倒して 誰彼見てる前でむちゃくちゃにこねくりまわして色々し倒して おまえが涙に濡れつつ感きわまって恥死にたいと思いながらも俺のこと好きって言ったりしないかなって」


以上です。


すごーーーーいい!!!

こんにちは! 自分も最近『こめかみひょうひょう』を読んでそれからもう雁せんせいにハマってしまってハマってしまって…(笑) すばらしいですよね、、雁せんせいの描かれる漫画は…  

で、芳野の名台詞!!この名台詞だいっすきなのですが(笑) 雑誌掲載時はこんなに長い台詞だったんですね~ コミック版のシンプルなものはあれはあれでいいと思うし納得ですが、この原文を読むとあの台詞のなかにはここまでの気持ちが詰まっていたのだな~と、非常に考え深かったし、参考(なんの?w)になりました♪(^_^)

今回はそのお礼の意味も込めてコメントさせて頂きました。ありがとうございます

(記事読ませて頂いていて「えっ!?雑誌掲載時と台詞違うの!?しりたいーーー!!」と思ったら、下に記載されてあって神かと思いましたw<(_ _)>)

>まりお さん

わー、はじめまして!
ご来訪&コメントありがとうございます、嬉しいです!

雁さんの漫画は素晴らしいですね。「こめかみ」は待ちに待った単行本化だったので本当に嬉しかったです。
芳野君の男前なこと!!ちょっと変態が入った件の台詞はずっと頭に残ってしまいそうです、私も人生の参考にします(笑)個人的なこだわりだったのですが、こうして喜んで頂けて幸いです~。

BLも良いですがレディコミの方も面白くて大好きです!「ファミリーレストラン」や「ピクニック」など、ちょっとエロくて可愛いのにゾッとするような作品がツボでございます。

また遊びに来てくださいね~!
ではでは。
プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。