スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「全ての恋は病から」凪良ゆう

subetenokoihayamaikara.jpg

大学生の佐藤夏市は、いつでも人肌に触れていないとダメという謎のビョーキを患うゲイ。ある日、ミステリアスな雰囲気のサークルの先輩、椎名一貴が隣に越してくる。外見はクールビューティーなのに、椎名は全く掃除ができない汚部屋製造人だった!!「いつもモフモフさせてくれる男が欲しい」「タダで掃除してくれるお手伝いさんが欲しい」ビョーキな二人のお隣さんライフの行く末は…。

「なんということでしょう」、面白かった~!!
いや、別に意外でもなんでもなかったのですが、一番笑った台詞なので使いたかったの。
凪良さん待望の新刊!ブログで「おちん〇ん」連発のアホ話だと拝見した時から楽しみにしていました!
前作「夜明け」ではまさかの「攻め」に拒否反応を引き起こすという事態に少々驚きましたが、レベルの高い小説を安心して読ませてくれる作家さんだと思います。私は「小説が上手」という言葉を榎田さんにもよく使うのですが(そして本当にお上手だと思う)、凪良さんの安定感もそれに近いものがあると思います。ここで云う「小説が上手」というのは私的意見ですが、「登場人物の心理描写に説得力があるか」ですね。人物Aにある事象が起きた時にAの内面にどんな変化が起きるか。BLだからメインは恋愛感情になるのだけど、要するにその虚構に説得力があるかどうか。
後から思いついたのですが、受けの先輩に榎田さんの「ルコちゃん」を連想したというわけではないのですよ。東海林とルコちゃんの共依存っぽい関係とも確かに似ていなくはないけど、なんとなく「小説が上手」という私的賛辞に当て嵌まるのはこのお二人なのです。(他の方が二人に比べて下手というわけではなく、ピンとくる褒め言葉がそれだということです)
ままま、先輩エロ可愛い!これは恋に落ちるよ!共感したよ!ということを云いたいだけなのですが(笑)
そして凪良さん、エロを書こうと思えばこんなにきちんと(?)エロエロに書くことが出来るのですね!やっぱりお上手!最初から最後までノンストップで楽しませてもらいました。BL的お約束ホップスッテプジャーンプ!を踏襲した王道展開(お触り&手コキ→口だけ→挿入)も含めて大満足です♪

そんなアホな!と吹きだすような「病気」を持った二人が、互いの欠陥を補う内に恋が芽生えるという流れも、あらすじを読んだ時からわかっているのに楽しいんだな。私はこの破れ鍋に綴じ蓋バカップルが思いのほか好きみたい。コメディって合う合わないが如実に出る分野だと思います。BLに笑いをそこまで求めていないので手を出す作家も作品も限られているのだけど、凪良さんのコメディとは相性が良いよう。

気楽に気軽に読める癒しの作品だと思うので感想も短めに~



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。