スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鈍色の空、ひかりさす青」崎谷はるひ

鈍色の空、ひかりさす青 (幻冬舎ルチル文庫)鈍色の空、ひかりさす青 (幻冬舎ルチル文庫)
(2010/04/15)
崎谷 はるひ

商品詳細を見る

十七歳の深津基は、学校で激しいいじめにあっていた。父親にも虐待され、行き場もなく彷徨う雨の中で、基はスーツ姿の男にぶつかり眼鏡を壊してしまう。後日、再び同級生から暴行を受け逃げ出し倒れた基は、先日の男・那智正吾に救われる。弁護士である那智の家に保護された基は、次第に那智に惹かれはじめるが…。

読みながら、感想は書けないだろうなぁと思っていた。
私は小説を読むとき感情移入というものをほとんどしない。作品の明暗にテンションを左右されることもないし、たとえ左右されたとしても「揺さぶられた=幸せな読書体験」として記憶に残るだけ。ええ、退屈な人間でございますよ(笑)だからというわけでもないが、繰り返される暴力描写も生理的嫌悪をもたらす虐待描写も、「小説だから」という前提ですべてを受け入れることが出来る。が、BL小説を読んでいると、時折悲劇を萌えの装置として使うことに抵抗を覚える類の話があるのも事実なんだよね。今作の主人公が置かれた境遇の過酷さは、現実のアレコレと非常に隣り合わせの問題で、そこに一瞬でも萌えを見出してしまった(あっ)ことが自分的にアウトだったのだ。
そんなこんなで感想は見送りと思っていたのだけど、ちょっと気が変わったので書き出してみた。

崎谷作品を読むこと自体が実は珍しいのだが、エロ描写に尋常じゃないページ数を割く方というイメージはあるものの、小説が上手い人だという認識もしっかりある。ただ、あらすじを読む限りでは、いつも受けと攻めの関係が私の琴線に触れないのであまり手を出さないのだけど。だから最初に不穏な雰囲気漂う表紙に目が留まり、次いで著者名を見て驚いたのだ。初出は同人誌ということで、普段見かける崎谷作品とはかなり異なる印象なのも頷ける。

ここまで受けが痛めつけられる話というのも珍しいのではないかな。「愛ゆえに」という前提が付くのなら(それも迷惑な話だが)水原さんの過去作品などが思い浮かぶけど、今作の受けはひたすら「暴力」に晒される。学校では「イジメ」、家では「虐待」が容赦なく彼を襲い、路地裏のゴミ貯めが心安らぐ唯一の場所だという少年だ。基は強い。彼は自分の人生には「拠り所」が必要だとギリギリの精神状態に追い詰められながらも、知っている。だがその強さが更なる暴力を呼び寄せているのも事実だし、基が拠り所に選ぶ「道具」の不穏さを思えば際まで追い詰められた精神が暴発するのも時間の問題だというのもよくわかる。逃げを打たなければ更に追い詰められる構造は、現実社会でもよくあるものだ。不自由な17歳という年齢で、唯一彼が選んだ手段が「逃避」ではなく「道具」だというその重さを思うと胸が痛む。

那智という大人と出会うことで閉ざされた基の世界に光がさし始める。
だが、暗闇に慣れ過ぎた基にとって光は未知の怖ろしいものでもあった。
崎谷さんの巧さは決してエロだけではないというのがよくわかるのが肝心の「恋愛」描写だ。
本当に崎谷さんは恋愛描写が巧みだと思う。人を好きになることでどんな気持ちが生じるか、何もかもが初めての基の感情の揺れに、物語の過酷さを忘れてキュンとなってしまった。大人×子供という本来私が苦手とするカップリングも、日常をこれでもかと蹂躙され続ける基が主人公の今作ならば、逆に彼を救えるのは大人しかおらず、それが那智の使命のようにすら思えてくる。一筋縄ではいかない過去を持つ那智の造形がバランスを取れているように思えてくるのだ。

しかし、王子様は間に合わない。
那智の存在が基の頑なな心を変えていくのは事実だが、彼が戸惑っている間に決定的な悲劇が基を襲う。しかしその悲劇は突破口ともなり、壊れた「道具」という武器の代わりに基は「愛」を手に入れることになるのだ。何よりも強靭なその武器は、時に諸刃の刃となって生まれたての基を苦しめるかもしれない。それでも今度こそ王子様はきっと間に合って、彼を助けて共に生きてくれるのだろう。最後がハッピーエンドでこれ程安心した話も珍しい。

実は決定的な悲劇の前の輪〇が未遂だったので油断をしていた。正直、商業本でそこまで書かなくても…と思ったのは、崎谷さんの描写に逆に甘さを感じたからかもしれない。もっと、もっと、過酷なことになると思うのだ。というか、小説のバランスとしてなって欲しかったかな。性的暴行を受けた人間が愛ゆえにとはいえ容易に性行為を受け入れる背景には「体験の上塗り」があるのかもしれないが、そしてそういう話は結構見かけるのだが、その部分の葛藤にもう少し頁数を割いて欲しかったかな。

読む人をとても選びそうな作品だけど、私は面白く読んだので満足です!






きんきょーほうこく

過去最低の更新頻度を更新しそうな4月ですが、これには理由が!!
朝型生活の2度寝トラップに加えてやっぱり「JL」熱が後を引いておりまして。
どーにもこーにも他の小説をどんどん読む気持ちにならないのです・・・。
夏に「太陽を曳く馬」を読んだ後も同じ感じになったのですが、ボーッしていると彼らのことを考えてしまうのですよね。いっそ二次創作でも出来れば良いのですが、書いていると読みたくなるし(何せ原作が萌えの宝庫!)、まぁ、本を読まない私は私ではないのでそのうちバリバリ読み始めると思います(笑)

更新が少ないのに日々拍手を頂きとても嬉しいです。
どうもありがとうございます!

特に「青猫屋」に拍手を頂けたのには本当にビックリしました。
そして頂いておいてアレですが、個人的にものすごーく不完全燃焼というかまったくもって全然書き切れていない感想なので、そのうち再々読して書きなおしたいと思います!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。