スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夜明けには好きと言って」「真夜中に降る光」砂原糖子

夜明けには好きと言って (幻冬舎ルチル文庫)夜明けには好きと言って (幻冬舎ルチル文庫)
(2005/09/15)
砂原 糖子

商品詳細を見る

白坂一葉は、交通事故に遭ったのをきっかけに顔を整形、名前も変え別の人間として生きることに。ホストクラブで働き始めた一葉は、同級生だった黒石篤成と再会。かつて一葉は黒石に告白され、夏の間付き合っていたのだ。同僚となった黒石は、一葉に好きだと告白する。つらい過去を思い出しながらも再び黒石に惹かれていく一葉は…。

以前興味があって「醜形恐怖」という神経症について調べたことがある。
今作の主人公白坂はまさにそれ、容姿への過剰なコンプレックスに苦しんでいる男。
作中で詳しく言及されることはないが、醜形恐怖を抱える人たちの中には容姿が優れている人が少なくないらしい。プラスの要因で注目を集めているにも関わらず、自分の顔が“変”だから周囲の視線を受けるのだという被害妄想が働いてしまうとか。え~と、誰でも少なからず持っている悩みだとは思うのですが、だからこそ身につまされて前半は読むのがとても辛かった。容姿への評価って他者が下す限りは相対的なものなんだよね。だから絶対的な自信があればいいけど、大抵は傷付いたり揺らいだりしてしまうものだと思う。それが親からの言葉だとしたら、その傷はどんなに深いものになるか。『イグアナの娘』や『愛すべき娘たち』でも描かれてきたことだけど、容姿へのコンプレックスが人生のすべてになると云っても過言ではないと思うんだ。余談だけど、私も昔同級生(中学時代だ)に云われた言葉とか未だに思い出してガーッとなる時がある(笑)コンプレックスが厄介なのは、他人が根っこからの救済手段にはならない所だと思うんだよね。“自分が”大丈夫だと思わないと前に進めない。
白坂は事故を機会に整形手術を施し生まれ変わる。容姿のコンプレックスからくる卑屈さに悩んでいた彼は、新しい顔を手に入れて意気揚々と生きるのかというと、まったくそうではないんだよね。
読みながら、果たして彼はどちらの顔を選択するのかしらんと考えていた。
ネタバレは避けるとして、うううん、そこはやっぱり砂原さんだよね。見事にやられたわ(単純だな、私)
たぶん、白坂は完全に“大丈夫”にはなっていない。それでも大きく前に進めたことに違いはないのだ。
トラウマの克服。なんとも砂原さんらしい題材だと読了して思った。
面白かったのだが、内容的には少々腑に落ちない部分があった。生真面目な白坂が別人に成り済ますくだりや、何よりも彼ら二人がホストであるという設定に終始馴染むことが出来なかった、かな。恋愛部分よりもトラウマ部分に比重が傾いているからか黒石の存在感が薄かったのが残念。とはいえ数回ある濡れ場は満足でした(笑)


真夜中に降る光 (幻冬舎ルチル文庫)真夜中に降る光 (幻冬舎ルチル文庫)
(2006/05/16)
砂原 糖子

商品詳細を見る

喧嘩したホストの金崎新二を介抱してくれた津久井康文は、穏やかな男だった。ゲイだと聞き、なぜか強引に新二は津久井とセックスをした。「金のためだ」と金を貰いながらも、すっきりはしない。体の関係を重ねながら、時々痛いものを見るような眼差しで、津久井は新二を見つめる。津久井への、胸の苦しくなるこの感情は一体何なのか…?苛立つ新二は。

こちらは「夜明け」で中学時代の白坂をホモと揶揄し苛めていた金崎が主人公。
荒んだ家庭に育った金崎は、同じように“問題がある”とされる家に育った白坂に親近感を抱いていたのだ。だが、白坂はコンプレックス故に人の顔をまともに見ることが出来ない。白坂に無視をされたと誤解した金崎は彼を苛めるようになる。成長した彼らは歌舞伎町で再会を果たすが、白坂の隣には黒石がいた。中学時代に自分の些細な言葉がきっかけで親しくなった二人が大人になっても男同士で愛を育んでいる。自分の悪意から生じた関係が思いもよらないモノになったことに金崎は激しい苛立ちを覚える。
とにかく金崎が抱える白坂へのコンプレックスと彼らの関係が面白かった。金崎はきっと白坂が抱えていたコンプレックスを知ることはないだろう。それは白坂も然り。彼らが歩み寄る必要は話のどこにも示されていないのだ。知らない間に影響を与えて、思いもよらぬ理由で関係をして、そして各々の幸福への道へと前進する。ラスト、金崎は二人の前に姿を見せないことを選ぶ。本当は白坂に謝罪したかったかもしれない。何か話すことがあったかもしれない。でもそれは金崎が考えた最大の配慮であり“優しさ”なんだよね。その選択はとても正しいと思う。砂原さんは対になる続編を作るのが上手いなぁとしみじみ思ってしまった。
で、恋愛面というか攻めの津久井なのだが・・・こちらもどうも存在感が薄かった。う~ん、彼の過剰なまでのお人好しの理由がちょっと甘いというか、金崎と白坂が抱えているものに比してリアリティが感じられなくて入り込めなかった。後は個人的に“インテリ眼鏡攻め”という記号が苦手というのもあるかな。ままま、金崎がピアスだらけという設定や“チンピラ受け”という部分では十分に私の萌えを満たしてくれました♪ただ欲を云えば、ロクデナシにはもうちょい恋愛面で(勘違いではなく)右往左往して欲しかったな。


2作一気にサラッと読んでしまった印象だけど、トラウマの物語を恋愛小説として描くことって、実はすごく難しいのではないかと思い至った。直前まで菅野さん祭りだったせいもあるのかもしれないが、他人が他人の人生を救済するというのは容易なことではないんだよね(救済が大袈裟なら、救済される過程に関わることと云ってもいいかな)手助けをする人、背中を押す人、見守る人、という役割で一方の相手が登場したときに、限られた頁数で“克服と成就”を達成するのはかなりの力量が必要なのだと思った。
とまぁ多少の難は付けましたが面白いことに変わりはなかったです。さすが砂原さん!





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。