スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地下鉄の犬」草間さかえ

地下鉄の犬 (ドラコミックス)地下鉄の犬 (ドラコミックス)
(2010/08/25)
草間 さかえ

商品詳細を見る

サラリーマンの篠田が会社帰りにコーヒーの匂いに導かれ入った先は、趣のある煙草屋兼骨董屋。そこで店主の朝倉と出会った篠田は、ひょんなことからお店に通うようになるのだが…!?愛へと移り変わる感情を豊かに描いたアダルトラブストーリー。

ちょっとご無沙汰していました、元気です!

久しぶりの感想はBLだと2年ぶりの新刊になる草間さんの作品。ブログ開設当初に感想を書いた『はつこいの死霊』以降初めてなのですね。意外なようだけど今作を読むとどこか納得してしまうのでした。私はもちろん草間さんが大好きだけど、よくよく考えると再読率はそんなに高くないのですね。マイ本棚の一等地に鎮座しているものの、『はつこい』が群を抜いて好きなだけで(次が『災厄のてびき』表題作)他の作品はどっこいどっこいだった。

それというのも、おそらく草間作品というのは、草間さんの“萌え”で出来ている部分が大きいと思うのだ。それは、設定だったり雰囲気だったり人物(一番わかりやすいのは眼鏡キャラだろう)だったりするのだけど、その中で肝心の恋愛描写や感情描写が説得力を持って描かれているかというと…正直云うと、私にはあまりそうは感じられなかった。なぜ『はつこい』が好きなのかと問われれば「初恋の死霊が祟りを~」という実在した宗教の教義に由来させる設定に萌えるし、『災厄』では火に欲情してしまう少年に萌えるからだ。選び抜かれた台詞のセンスも独特な画面の雰囲気も素晴らしいと思う。でも、人物の感情面に共感を覚えたことはあまりなかったのだ(辛いこと書いているようですが、大好きですよ!)

長い前置きになったけど『地下鉄の犬』は二人が恋に落ちる描写に説得力があり、ジワジワと心に響いてきた。
篠田は離婚したばかりの中年サラリーマンだ。余計なことは考えたくないからと、夜道を眼鏡を外して歩きコーヒーの匂いに誘われて朝倉と出会う。篠田は自分を地下鉄で見かけた薄汚れた犬に重ねるのだが、行き場を失くしてしまった自分と犬が“嗅覚”によって生かされていることを示唆した秀逸な描写だと思う。篠田夫婦のどちらかに決定的な非があったわけでもなさそうな様子がまたいい。篠田は何かが足りなくて(それは他人に寄りかかるとか、あともう一言が、とかの些細なようにも感じられる性格の問題だ)、でもその分誠実で実直な人柄を持っているように見受けられる。それでも、恐らくは似た者同士であったであろう妻とは合わなくなっていったのだ。日々のすれ違いに疲れて別れを選び、それでも若干の未練じみたものを夫婦二人が抱いていそうな関係がいい。女が悪者になるわけでもなく、男の性癖を理由にするのでもなく、自然に壊れていった(酷い言葉だけど)男女の様子が描かれていてツボに入った。
篠田が出会った朝倉は、骨董の価値に関わらず古い物を大切にする男だ。新しい物だらけの自分の部屋と、古い物に囲まれた朝倉の店とを行き来するうちに、篠田にとって朝倉と彼の店が心安らぐ場所になっていく。リセットされた生活は、今まで使ってきた物の価値まで変えてしまうのかもしれないね。毎日使う食器やコップが一人分になり、その物を大切に思う人間が自分一人になる。それは、想像するにとても寂しいことなのかもしれない。
ゲイの朝倉は篠田が店に迷い込んだ時から彼の事が好きだった。バイの気がある篠田はそのことに薄々気が付いていたのだが、過去の失敗から朝倉を遠ざけようとしてしまう。でも、趣味で書いていた小説を再び書き始めようと妻に会ったことで、篠田は朝倉に向かう気持ちが今までになかった種類の情熱を持っていることに気付いてしまう。言葉の少ない篠田が懸命に朝倉に想いを伝えるところは、どこか可笑しくて微笑ましい。キュンッてなる。
まとまった二人はとても幸せそうだ。愛情のかけ方が“重い”朝倉と、思慮深いけど言葉が不足している篠田。似た者同士ではないからこそシックリくる二人なのだろうと納得してしまった。年下のヘタレ系(乙女系?)朝倉はあまり好みの攻めではないのだけど、続編の「旅する犬」で見せた色気ムンムンのひとコマにノックアウトされました(笑)ため息が「はふ」って!あれはズルイよ!!草間さんさすがです。

久しぶりに書いたらとっちらかった感想になりましたが(いつもか)、草間さんの長編堪能しました!
良い本を読みました♪



***
宣言通りの今月の更新回数に苦笑いでございます。
ひとつどうしても書いておきたい本があるので、それは上げられたらいいなぁ。
ちなみに海賀卓子さんの『恋愛革命』です。
来月はブログ2周年を迎えるので何か特別な感想を書きたいとも思っているのですが、仕事で年イチの地獄が待ち構えている上に人事でバタバタしてしまうので、どうかな?といったところです。

ちょこっと二次の話。
予想に反して熱が継続しております。一人コッソリ小説サイトをチマチマ更新する情熱が気持ち悪いですが、そんなことは今に始まったことではないのでした(笑)もう少し、遊べるところまで遊んでみたいと思います~。

ではでは!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。