スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徒然雑記

8月も終わりだというのにこの暑さ。
暑いのも寒いのも特に問題なしという無駄に健康優良なインドア派ですが、今年は辛いです。
そりゃあ仕事もダラダラだよ。で、ダラダラついでに眺めていた携帯に衝撃的な文字が踊りました。

『少年魔法士』なるしまゆり 連載再開!!
少年魔法士 (1) (Wings comics)少年魔法士 (1) (Wings comics)
(1996/09/25)
なるしま ゆり

商品詳細を見る

少年魔法士 (13) (Wings comics)少年魔法士 (13) (Wings comics)
(2005/12/25)
なるしま ゆり

商品詳細を見る

1巻から13巻まで9年。年イチ刊行よりも早いペースだったことに驚きが隠せません(笑)

ハイ、某所で散々騒いでおきながらまだ飽き足らずこちらでも書いてしまいます!
私がブログ開設当初からしつこくしつこく好きだ好きだ続きはどうしたと呪いのように云い続けた漫画の連載再開が発表されました。今月発売の「Wings10月号」(偶数月発売)にて正式な情報が上がった模様。時同じくして著者のブログにも次号「wings」(12/28日10月28日発売の12月号)から連載再開の旨が発表されました。

正直、涙が出ました。そのぐらい嬉しかったのです。
単行本1冊分の連載がたまっていながらいつまでも出ることのなかった14巻を待ちわびた日々。いつの間にか本誌にはなるしまさんの名前だけが宣伝に残り、予告にも載らなくなっていた。休載は期間にすればは3,4年だと思うのですが、今回改めてその期間の短さに驚きました。なんか、もっともっと長い間待っていた気がしたから。
あと何より嬉しかったのは、なるしまさんが『少年魔法士』という作品を覚えていてくれたことなんですね。なるしまさんは、私が同じぐらい敬愛する藍川さんとは違い、漫画家活動をずっと続けていらっしゃった。人気漫画家という称号も変わらないままに。そのことを知っているので、もしかしたらもう、なるしまさんの中で新書館の2作品(もう1作は言わずもがなの『原獣文書』)は「なかったこと」になっているのかな?と頭の片隅で諦めている自分がいたのです。
もちろん今回の連載再開が完結に無事に向かうとは限らない。またいつ連載が止まってしまうのかという怖さもある。それでも私は本当に本当に嬉しい!!
もう馬鹿の一つ覚えのようにそれしか云えないよ!

私のこの漫画に対する暑っ苦しく気持ち悪い想いは以下の記事に詳しいです。
「少年魔法士」のこと
が、たった1年半前の文章だというのに色々残念で恥ずかしくて仕方ありません。
しかも仕舞ってるし!次の休みは引っ張り出して再読祭だ!!

きちんと感想を書ければ良いのだけど、未読の方やなるしま漫画を知らない方に、どうやってその不思議な魅力を伝えれば良いのかわからず手が出ないのです。13巻第5章「アエトニキ事変」の次か次が終章だとなるしまさん仰っていた気がするので、先はそう長くないはず。完結した暁には、何かしら残したいなと思います。
この作品は魔法やファンタジーが前面に出ているけれど、底にあるのは異能の少年達が「いかに生きるか」を模索するヒューマンドラマなんだよね。「持たされた」能力によって普通に生きることが出来なくなった彼らの戦いは、ここではない別の世界の物語のようで、でも普遍的な力を持って読者に語りかけてくる。
すべての人に読んで欲しい!とか、面白い!と声高に云えるような位置づけの漫画ではないのだけど、とにかく好きなんだよ。もうそれだけなんだ。すごく好きで、大切な漫画なの。

まだまだ残暑と云うのも憚られるような暑さですが、年末を楽しみに待ちたいと思います!


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。