スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「照柿」

ホステス殺害事件を追う合田雄一郎は、電車飛び込み事故に遭遇、轢死した女とホームで掴み合っていた男の妻・佐野美保子に一目惚れする。だが美保子は、幼なじみの野田達夫と逢引きを続ける関係だった。葡萄のような女の瞳は、合田を嫉妬に狂わせ、野田を猜疑に悩ませる。『マークスの山』に続く合田刑事第二幕。現代の「罪と罰」を全面改稿。

ただただ、全編通しての「熱」に脳内を侵された心持です。暑すぎた夏、という気が狂う一歩前(いや、合田に至っては半分狂っていましたし)の季節と、野田の働く工場の過酷な労働環境の描写に。
高村薫の子細に渡った描写力って凄まじいです。人物の感情については相変わらず硬いというか、最低限の説明しかしないのに、それを補って余りある状況描写。合田3部作を読み終わったら他の作品も読んでみたいと思いました。
「罪と罰」と帯にはありましたが、どちらかというと「カラマーゾフ」の方が相応しい気が・・・。父と息子という不変のテーマを盛り込んで結局父親の影から逃れることの出来なかった男の悲劇を描いたドラマだと思ったので。美保子という女は、男たちを正気と狂気の分水嶺に小指一本で突き落とす役割だったと思うのですよ。

合田、お前は一体いつからそんな不安定な人間に・・・。『マークス』では懊悩が深いだけの雄刑事だと思っていたのですが、病んでいたのですね。
お前は森に心配かけ過ぎなんだよ。そんなだから森は黙って島に行く決意をしたんじゃないか・・・。
やっぱり合田と森の関係が好きでした。だからもう少し最後に会話でも手紙でもいいから欲しかったです。加納の気持ちに合田が気づいていないとは思えないのですが、そういった面では繊細なのに鈍感で厄介な男だと思いました。合田、受けでも全然ありですよ(笑)泣かせてみたくなりました。

「キスだけでも―」と言った合田がツボでした。
女へのダイレクトな欲情。男って滑稽で美しいですね。

さて、『レディー・ジョーカー』いきますか!

コメントの投稿

非公開コメント

いってください!

一言、いってください、ですよ。
わたしは、「わが手に拳銃を」に挑戦します。
いやぁ、読書の秋ですね。
プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL.猫かぶってみても、結局たどりつくのはそこなのです。感想は基本的にすべてネタバレ注意です。拍手&コメントありがとうございます。拍手コメントは該当記事のコメ欄にてお返事いたします。リンクフリーですがご一報頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。