スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「千‐長夜の契」岡田屋鉄蔵

千-長夜の契 (HANAMARU COMICS PREMIUM)千-長夜の契 (HANAMARU COMICS PREMIUM)
(2010/09/17)
岡田屋 鉄蔵

商品詳細を見る

願いを叶える代償に、その者の魂を喰う謎の座頭・千載。奇妙な縁で出会った剣豪・草薙とともに人々の命を賭けた願いと向きあっていく…。妖しく強く、BLの枠を超えた壮大な物語が始まる!!

なかなか書店で見つけることの出来なかった岡田屋さんの新刊。
「BLの枠を超えた壮大な物語」というフレーズには多少違和感を覚えるけれど(今作の素晴らしさがその言葉に見合わないという意味ではなく)、兎にも角にもとても良かった!岡田屋さんといえばゲイコミっぽい筋肉や体毛の描写に、扱うテーマも独特なものばかりで、その作家にしか描くことが出来ないであろう世界観を確立していらっしゃる方。激しい感情の揺れを誘うようなストーリーは本来私の得意とするところではないし、恋愛感情と同等にフィジカルな欲望が溢れるような肉感的な男達もそれほど好みではない。でも、面白いんだよね。すごく読ませる力がある。

千載と草薙を狂言回し的役割に据えた濃密な人間(外)ドラマだ。裏切りによって愛する者を守ること叶わず絶命した若侍、神々の悪戯で過酷な輪廻の輪に閉じ込められた二人の男、天狗の一族。主人公は夫々異なるが、皆一様に強い「願い」を持っている。千載は彼らの願いを聞き届け、代償に魂を喰らう。勧善懲悪の色が強いかと思いきや、千載を突き動かすものの正体は見えない。千載とは一体何者なのか。彼の過去に何があったのか。良きパートナー(未満?)である草薙はなぜ浪人になったのか。彼らの間にあるのは恋愛と名前が付くような明確な情ではないのだが、それでも身体をあわせて何某かの想いを共有することが出来る関係である。慰みに繋いだかもしれない身体でも、必要なときが人にはあるのだ。今巻では未だ明かされることのない数々の謎だが、次巻の発売を楽しみに待ちたい。

とにかく読めばわかるから!全力でオススメだから!ということです。
以下はちょっと思ったこと。

BLにストーリー性は必要か?と問われれば今現在の私ならば迷わず「当たり前」と答えるだろう。でもちょっと昔だったらどうだろう?正直に云うと「それよりもエロが欲しい」と思っている時期があったのだよね(今もたまにある)。どちらもBLには欠かすことの出来ない要素であることは間違いないし、その配分は作品次第で多種多様なのだけど、私はいい加減「BLなのに凄い」とか「BLというには勿体ない」みたいなフレーズを使ったり思ったりするのは止めようよと思うのだ。でもその反面「BLですから」という含羞のようなものも大事にしたいという気持ちもあって…複雑なのである。とにかく必要以上に「BLなのにストーリーが凄くて」と煽る言葉はちっとも褒め言葉じゃないってことをもっと意識したい。私が愛する物々はそんな惹句なんて必要がないぐらい素晴らしいに決まっているし、面白い漫画があればつまらない漫画があるように、面白いBL漫画があればつまらないBL漫画もあるということなのだから。
しかしここまで書いて思ったのだが、必要以上に物語性をアピールしないと編集方針が「ストーリー重視で」ということにならないのかもしれない。む~、それも当たり前か。需要と供給の問題ってとてもネックで、最近になって私は漸く「同人誌」の存在価値が商業とはまったく違うところにあることがわかってきた。作家が描きたいものが大多数にとって面白いものである保証はないし、第三者の視線(編集)を入れた方が良い場合も多いと思う。良い作品を読みたいと云う願いは誰しも同じだろうから、柔軟に、でも妥協せずに(ムチャ云ってますね)あって欲しい。

何を今更という感じだが、岡田屋さんの呟きを拝見しているとその辺りに苦労されている様子が伺えたので気になってしまったのでした。そして何気に全作ブログにアップしているのですね。うん、好きです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。