スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「妻の超然」絲山秋子

妻の超然妻の超然
(2010/09)
絲山 秋子

商品詳細を見る

久々の、本当に久々の一般書感想。

現代小説作家(という名称が正しいのかは置いておいて)の中で私が一番好きな作家、それが絲山秋子です。作品の面白さは当然ですがとにかく素晴らしいのは文章の美しさ。デビュー作から云われ続けていることですが、絲山さんの単語と文章の運び、リズムは本当に美しいと思うのです。全文書き取りをしたくなるぐらい、美しい。上品とは違うどころか無縁の作品もあるのだけど、下品なことを書いても汚い言葉を遣っても、単語の選択と書かない部分書く部分の選択と、それらを組み合わせた文章には一定の硬質さがある。そのギリギリの張り詰めた糸のような硬さが良いのです。そんな絲山さんの新刊。

実はここ最近の絲山作品には以前のような面白さを感じられずにいたのです。言葉は悪いけど、明らかに油断しているなというか。このぐらいのことを書いておけばいいんじゃないの?という慢心のようなものすら感じていました(勝手にですよ!)。というのも、エッセイで知ったのだけど絲山さんは職業作家としての自負が大変強い方なのですね。小説を書くということを作業として捉えていると書かれていたので、またそれもすごく納得をしたのです。
だけどこの作品は違った。戻ってきた、というよりも大きく成長をされたというか。とにかく素晴らしかった。

エンタメではない純文寄りの作品の感想を上げることはそれこそ自己満足でしかなく(自分の気持ち的にもブログの需要という意味でも)やめようかとも思ったのですが、少しでも形に残しておきたかったのでメモとして記します。「エンタメ(直木)」と「純文(芥川)」の違いは何か、という話は書店員仲間内でもしばしば出ます。現代日本に「純文」は存在しないと言い切る方もいるだろうし、感覚的なものなので人夫々だろうと曖昧にしてきました。
でも、この作品を読みながら様々な感情が溢れてきて溺れそうになったときに思ったのです。
読み手の喜怒哀楽を喚起する目的で書かれたものが「エンタメ」であるならば、「純文」とはそれ以外の作品のことなのだ、と。上手く云えないのだけど、絲山さんはこの作品を読者に「楽しんでもらいたい」とか「考えてもらいたい」と意図して書いてはいないと思うのね。そういう作者から読者へ発信するギフトがない。でも私はよくわからない感情に溺れそうになった。すごく興奮する読書体験だったし、面白かった。日常の話を描いて「だから?」で終わることも少なくない「非エンタメ小説」の中で異彩を放ち続けるのが絲山秋子だと思うのです。

「妻の超然」
妻たるものが超然としていなければ、世の中に超然という言葉など要らないのだ――。
浮気者の夫と、その事実を知りながら言及しない妻の話。「わかる」ことは「知っている」ことではないのだよと一応前置きをしつつ。もう駄目なのではないか、という所まで来ているようでふとした波に揺り戻される夫婦関係の機微。「ああ、おそろしい」と一人呟く妻の気持ちがわかり過ぎて可笑しくも怖ろしかった。
「下戸の超然」
飲めない男が飲む女と恋人になる。酒を飲めない彼の哀しみと彼から見える飲む人間の滑稽さ。正気である方が馬鹿を見る飲み会という一つの社会の理不尽さ。同じ理性で向かい合う事の出来ない恋人たちは徐々に関係を悪くしていく。飲む彼女からすれば「超然と構えている」彼は高尚すぎて無関心無感動過ぎて駄目だった。一つの関係性の終わりを描いた話。あるある。
「作家の超然」
文学がなんであったとしても、化け物だったとしても、おまえは超然とするほかないではないか。おまえはこの町に来て初めて知ったのだ。ここでは、夕日はいつも山の向こうに沈む――。
極めて私小説的な、とある小説家の話。
各紙書評で評判高いのは知っていたけれど物語の力としては一番弱いと思う。でも「書く人」の心を掴む強さがあるのはわかる。小説家で溢れる世の中を小説家として生きていくために「超然」というスタイルを取った小説家の宣戦布告とも決意表明とも日記とも取れる話、かな。


<私的オススメ絲山作品ベスト3>

海の仙人 (新潮文庫)海の仙人 (新潮文庫)
(2006/12)
絲山 秋子

商品詳細を見る

ニート (角川文庫)ニート (角川文庫)
(2008/06/25)
絲山 秋子

商品詳細を見る

袋小路の男 (講談社文庫)袋小路の男 (講談社文庫)
(2007/11/15)
絲山 秋子

商品詳細を見る


ああ、本当にメモ的な感想になってしまった…。美しい文章を読んだ後に自分の文章を改めて読むと軽く絶望するよね。これでも一応気を付けているつもりなのだけど(今回は除く)。好きですというお話でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。