スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「青年は愛を乞う」日野ガラス

青年は愛を乞う (drapコミックス243)青年は愛を乞う (drapコミックス243)
(2010/08/03)
日野ガラス

商品詳細を見る


有言実行ということで日野さんのデビューコミックです。
こちらも素晴らしかった。

「青年は愛を乞う」
冒頭、主人公である楓の回想から始まる表題作。
暑い夏の日に初めて化粧をした中学生の楓が、鏡の中の自分の醜悪さに絶望するという場面に強く引きこまれた。一瞬読むのをためらったぐらい。それには理由があって、実はつい先日この回想シーンのような小説が読みたいと某所で呟いたばかりだったのだ。自意識過剰だと笑ってやって下さい。でも、私は本当にこういう話が読みたかったの。
化粧をした楓は自覚するのだ。「女になりたい訳ではなかった 只男に愛されたかった」と。
その時から楓は自分がゲイであることをひたすらに隠し、女の子に優しい表向きの顔を保ち続けている。内心では、「俺の手の届かないものに易々と手を伸ばす」女の子たちを憎んですらいるのに。そんな彼が恋をするのは「親友」の奥田だ。普通の高校生である奥田は楓の気持ちや抱える葛藤には気が付かない。ただ、「綺麗」だと思っていたのだ。そうでなければ文化祭の女装コンテストに楓を推薦などしなかっただろうから。女装した自分の醜さを誰よりも知っている楓は激しく抵抗する。周囲の目からもわかることだが、楓はとても綺麗な青年なのだ。でも、楓の中での比較対象はあくまで「女の子」であって、男にしては綺麗な自分など醜悪でしかないのだ。女の子のように男に愛されたい楓は女の子にもてる。そのとき聞かされる告白の言葉ですら、自分が好きな人には決して伝えることの出来ないそれは楓にとって苦痛でしかないのだ。タイトルの通り、愛を乞う楓の姿が描かれる一話目だ。
二話目は奥田視点で楓を意識するようになる様子が描かれる。文化祭の後で初めて涙を見せた楓の抱える「何か」が気になっていく奥田。明るく正直に(ときに辛辣に)生きている奥田の持つほの暗い部分が伺えるのがいい。楓に渡してくれと頼まれた女の子からのラブレターを、暗い目をして炎にくべる奥田。届く前に失われてしまった想いのように、自分の想いも早くなくなればいいと願うのだ。三話目でこの話は終わるのだが、正直あと一話ずつ互いの視点を描いても良かったのではないかという気がしてしまった。展開が少々急だしわかりやすい(テンプレ)ように感じたから。その前の二話が大変好みだっただけに余計に残念に思ってしまった。それでもラストの締め方に「日野さんらしさ」のようなものを感じて嬉しくなった。ハッピーエンドの中にも少しの棘を残すモノローグが素敵だったから。

「彼方の恋」
カメラマンの吉崎はゲイビデオの撮影現場で高校時代の同級生萩野彼方と再会する。学校の「アイドル」だった萩野の変わりっぷりに驚愕した吉崎は、ワケアリだと勘違いをして撮影現場から萩野を連れて逃げだす。容姿端麗なだけではない。成績優秀、スポーツ万能、品行方正、すべてが揃った萩野は吉崎の目からも、他の生徒からも「完璧」なように映っていた。それゆえに「アイドル」だったのだ。逃げ込んだホテルで萩野は自身がゲイであることをあっけらかんと告白する。男に騙され、帰る家もないかつてのアイドルの姿に吉崎はショックを受けるが、萩野は「今の方が楽」だと本当に楽そうに話すのだ。その変化を、吉崎は初め見たくはなかった。完璧だったアイドルが悩み傷つく姿を認めたくはなかったから。萩野は完璧だった自分にさようならをすることで失ったものもあっただろう。それでも恐らくはゲイであることに怯えていた頃よりも生きるのが楽しいのだ。その悩みや葛藤を愛しいと思った吉崎は萩野の願いを叶えようと一線を越える。あらすじを説明すれば知っているような話、なのだがそれがとてもいいのだ。見えて(見せて)いなかった異なる部分を明かして受容する過程がとてもいい。他に云いようはないのかと考えているのだが、どうにもツボのようで言葉が出てこない(笑)
完璧をやめた萩野の面倒くさい性格が描かれる二話では、のほほんとしている吉崎に比べて、萩野は街中でカップルを見てはグルグル、女性を見ればグルグル、父親になった同級生に会えばグルグルと、ノンケの吉崎とゲイの自分のことを考えてしまう。優しい吉崎に満たされているからこそ、失ったときのことを想像すると「死ねる」とすら思ってしまう。吉崎に優しくして恐縮されれば、笑っている顔が見たいと落ち込む。それはたぶん、吉崎には完全には理解することの出来ない萩野の不安定さなのだ。でも、吉崎の中にはない悩みや葛藤はときに萩野を心配させ、そしてときに思いがけない幸福をもたらすのだ。とても幸福なラストシーンだ。二人で居るのに一人のカットで終わる、その描き方に感嘆のため息が出た。


日野作品に共通するのはおそらく「劣等感」だ。ガラス細工のように繊細で丁寧な顔形をした美しい男の子が、自身の性志向ゆえに不自由でままならない気持ちを抱えている。その様子に端的に云えば萌えてしまうのだが、その萌えはともすれば自分の開けたくないパンドラの箱に繋がっているようで、諸刃の刃だ。こういった作風の話は最近ではもしかしたら珍しいのではないだろうか。随分久しぶりに、自分の原点に戻ったかのような萌えを感じた。

全体的にベタ褒めしすぎの感がありますが、久々に出会った好き作家さんなのでご容赦を(笑)
良い本を読みました♪


***
***

蛇足もいいところですが、私が読みたいと呟いた話が以下でした。
全然違うじゃんというツッコミは受け付けません(笑)

「地方都市在住で家業を継ぎつつ家族の送迎の世話をしつつ鬱屈をためていく女装願望のあるゴツイ男前の話が読みたい。息抜きにたまにラブホに一人で泊まりファッションショウを行いつつ似合わなさに絶望する男が救われたり救われなかったりするお話が読みたいです―」

どこかにないかしら?と友人に話したら「今流行りの“男の娘”だね!」と云われました。
う~ん、違うのだけどなぁ…。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。