「少年魔法士 第一章―香港ジャック・ザ・リッパー」

mahousi1.jpg
『少年魔法士①』なるしまゆり(新書館/1996/9/25初版発行)

1996年、香港。街では、若い女性の腹を裂く連続殺人事件が発生。事件に関わるグィノー家の裏切り者征伐のために、ローゼリットは“風使い”候補のカルノを呼び寄せる―。不夜城都市・香港を舞台に繰り広げられる、めくるめくファンタスティック・バトル!


二人の主人公、カルノ・グィノーと敷島勇吹が出会う前日譚にあたるカルノの話。
彼が直面する自分の力とローゼリットとの別れを描いた「香港ジャック・ザ・リッパー」編。

私たちが普通に生活をしている現実のすぐ側に隠れて、魔法使いや悪魔や神霊的な存在がある世界。少数の力ある魔法組織に無数の「力」を持った人間が所属し、力を磨き、利用し、生きている世界。『少年魔法士』はそんな世界観のお話です。あらすじの通り、返還前の混乱の最中にある香港では、若い女性を殺して腹を裂く事件が頻発していた。グィノー家の人間が事件に絡んでいるとの情報を得たローゼリットは弟のカルノに自分の手伝いをするよう香港まで呼び寄せる。「悪魔つき」「悪魔喰い」として幼い頃に神聖騎士団(ホーリー・ナイツ)のハイマンに拾われてから、謂われなき迫害を受け忌み嫌われてきたカルノ。それはグィノー家という居場所を得ても変わることはなかった。魔法使いとしての才能はあるものの、修行嫌いで何よりも魔法自体が大嫌いな彼は「魔法使い」としての自分と上手く折りあいを付けることが出来ずにいる。そんな彼を姉であるローゼリットは根気よく導くのだ。それは魔法を使うことで「生かされる」現実と彼が対峙しなくてはいけない時が必ず来るとわかっているからなんだよね。
後書でなるしまさんも仰っているように、カルノのダークヒーローっぷりというかスプラッタぶりが結構凄まじい1巻なので、「これは一体どんなホラー漫画?」と思われるかもしれない。が、それが理由で読むのを止めるのは本当に勿体ないのである。どうか2巻まで手に取って欲しい。

猟奇殺人の本当の目的は臓物を使って行う「占術」にあった。黒幕であるアーネスト・ラムはグィノー家の出身で秘術を漏らした裏切り者であると同時に、ローゼリットにとって因縁深い相手だったのだ。冒頭から時折見られるカルノとローゼリットの視線や会話の間にある「何か」が次第に明かされていく。単刀直入に言うと、ローゼリットは既にラムによって殺されており、魔法によって肉体を保っているに過ぎなかったのだ。猟奇殺人事件は表向きのストーリー。裏にあるのは異端の存在である魔法使い達の苦悩だろう。ローゼリット然り、ラム然り、彼らは自分が一般人とは異なる特別な能力を持つが故に、過酷な運命を背負ってしまう。ローゼリットを殺した理由をラムは、「好いていたから」と云うが、カルノには「だから終わらせようとした」というラムの言葉を理解することが出来ない。カルノはローゼリットが必死にカッコよくあろうとした姿だけを正しく見てきたから。しかし、ラムの云うようにローゼリットが「疲れていた」のも本当だったのだ。力と共に生まれ持った因果なのか少女の姿のまま成長しない自分、どんどん成長して綺麗になるカルノの存在。だからラムに腹を裂かれた彼女は「まぁいいや」と思ったのだ。カルノがそこにある複雑な女の感情を理解したかはわからない。でも、「―永遠の女」とローゼリットとの関係を語るように、わかっている部分もあったのだろう。真の理解者であったかもしれないラムの行為を彼女が実は半ば許容していたのではないかということ、それでも愛するカルノに見ていて欲しかった自分で居られたことの幸せ、その二つがローゼリットの中に同居しているくだりが大好きだ。

「カルノ」の名前はローゼリットが付けた。彼らは本当の姉弟ではない。ローゼリットが「カルノ」と呼ぶから、彼はカルノとして生きてこられたのだ。名前を呼ぶその声だけが真実だ、と云うカルノの愛情が切ない。唯一の愛を向ける相手が損なわれてしまった絶望と怒りが、彼の力を引き出しラムを倒すことに成功する。しかし同時にローゼリットとの永遠の別れもやってくるのだ。家族のような、姉弟のような、恋人のような絆で結ばれていたローゼリットの死を、しかし彼女はあらん限りの愛情と言葉でカルノに伝えるのだ。その希望の言葉こそ、なるしまさんの漫画の底に流れている明るさなのではないかと思う。巻数をすすめる毎に過酷になる主人公二人の運命だが、どこかで「最後には負けないでね」という言葉に支えられていると思うのだ。

第一章はまだ序章に過ぎない。
カルノは再びハイマンの元に戻されることになる。この後物語に大きく関わることになる神聖騎士団の総長レヴィ・ディブランとその恋人である高位生物のナギも顔を見せるが、カルノの悲劇を見届ける傍観者のような役割でしかない。それでもレヴィが彼を気に留めるのは、彼もまた同じように「異端」の身に苦しまされているからなのだ。カルノの抱える異端、「悪魔憑き」とは一体どういうことか。「悪魔を喰らう」とは一体どういうことか。カルノの能力がなぜ忌み嫌われるのかが終盤に明かされる。通常魂は魔なるものとは同化しない。食われる(憑かれる)とすれば、その時点でそれは人ではなく魔的な何者かになってしまう。しかしカルノは違う。魔を喰らい、同化し、自分の意識を何ら変わることなく人の姿を保って存在している。それでも彼は「人間」なのだと「魔物ではない」のだと、一体何が証明するのだろうか?カルノが「異端者」として迫害されるのはそういった理由からなのだ。そしてまた、カルノ自身も自分の暴力性や思考回路が自分のものか、それとも喰った悪魔のものかわからなくなるときがある。それでも彼は生きようとするのだ。

個体の実存認識は一体何によってなされるのか。魂は、心は、何処にあるのか

『少年魔法士』の根底にはずっとこのテーマがある。異端として生まれついてしまった少年たちが、「いかに生きるか」を模索するヒューマンドラマであると同時に、人間とは何によって人間足り得るのか、孤独とは何か、そういった問いかけを続けているのだ。その点に関しては本当にブレがない。少なくとも、私にはそう感じられる。ものすごい真摯さと抑制によって出来あがった奇跡のような物語だと思うのだ。



***
***

何度も何度も云って本当に申し訳ないのですが、とにかくカルノが好きで好きで好きで…という一巻一章なのでした。しかし、少しだけ冷静になって考えると、私には神様のような作品ですが、カルノのことを好きに(気になるという意味でも)ならないと、次巻に手は伸びにくい作品かもしれないなと思いました。そして、テーマも思春期の心だからこそ強く惹き付けられたものであるような気もします。だから、今現在の私の周囲に居る方々になんて云っておススメをすれば良いのか正直よくわからないんだよね。それでも、どうか手に取って頂けたらなと思います。

雑記でちょこっと触れましたが、感想は第二章の途中まで書いていました。
続きをアップする予定は今の時点では未定です。まとめて書くことで全体のバランスを見たりもしたかったのだけど、今書くとちょっと無理をしてしまいそうなので、14巻発売までにと目標を決めておきます。

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!yoriさん。
少年魔法士のレビューありがとうございます!
今になってこの作品に対する他のファンの感想や考察が読めるとは思っていなかったので、嬉しくて~♪
と言っても、私は再読してないのであんまりロクなコメントできないのですが…。
このシリーズを読み始めた時は私もまだ学生で、生命倫理や環境社会学系の講義を当時受けていたんですよね。
で、その講義内で独自の遺伝子理論を打ち立てたドーキンスが登場したばかりのタイミングで読み始めて(私はこの説は面白いけど懐疑的っちゅーか胡散臭いと思ってるのですが)、タイムリーな作品だなと思って読んでました。
というか、yoriさんのレビュー読んで思い出しました(笑)。
カルノが自身の異端的な側面に対して抵抗する姿は極めて“人間的”な反面、己の異端的側面に対してすら“鈍感”な息吹は逆に“非人間的”だなと思う次第で(息吹の人間的側面は家族に対する感情のみで異能性には無頓着ですよね)、カルノが力を制御しきれないかもしれない可能性より世界すら己の手のひら(涙)で制してしまいそうな息吹の異能の方が、一読者としては怖いんですよね。
続き、どうなるのかな?
数少ない著者完結作品であるプラネット・ラダーの顛末を考えると、物語の転ぶ方向性にはある程度私の中で確信があるのですが…そこまで描いてくれることをただただ祈るのみです。
私も近いうちに読み返そうと思います。
ではでは!
雑談みたいなコメントですみません。

>tatsukiさん

おはようございます!

私の方こそありがとうございます!書きつつ、きっと誰も反応はしてくれまい…と思っていたので嬉しいです♪
中学生の自分が顔を出して恥ずかしくてたまらない1巻なので大したことは書けていないのですが、やはり「免疫」について知識があれば何らかの感想を抱きますよね。当時から今に至るまで不勉強でモゴモゴなのですが、1巻の参考文献にも免疫学の本が上がっているように、なるしまさんにとって興味深いテーマだということは伝わってきました。私がカルノの異端性を本当に理解したのは、たぶん5巻の病院の場面なのです。それまでは「免疫?融合?悪魔憑き?」とあまり重要視していなかったかもしれないという。なんてヘッポコなファン(笑)

ああ、勇吹は怖いですね。彼の心は「強い」わけでは決してなくて、「鈍さ」によって守られている節がある。物語世界で「禁じ手」とされている諸々を、彼は飛び越えてしまうかもしれない。そしてその「禁じ手」こそが敵の目的かもしれないと勇吹本人が考える場面がありました。その提示を著者がしておいて、更にその先にどんな完結をもってくるのか、緊張します。普段なら「作者の仰る通り~」が読者としての信条なのですが、これだけ好きな作品だと、本当にドキドキしてしまう。
あ、あと、これは余談というか思いつきなので流して下さい。この作品が『鋼の錬金術師』と同時期に連載されていたことに時代の「縁」のようなものを感じました(途中挫折のくせに!)

数少ない完結作品(笑)私は「不死者あぎと」も印象に残っています~。でもあれは青年漫画的な大団円でもあると思うので、「ラダー」の描き下ろし完結は圧巻でしたね。勇吹とかぐやはちょっと被りますね。与えられた運命のようなものが。ああ、本当にどうなるのかな。

雑談だなんてとーんでもない!
お付き合い頂けて嬉しかったです♪
私の方こそダラダラとすみませんでした(>_<)

はじめまして。

こんばんは、はじめまして。
長いこと待ち望んだ少年魔法士の新刊発売決定を知り、いてもたってもいられずに巡り歩いてこちらに辿り着きました。
コミックスを待って一気に楽しみたい、という気持ちから、気になりながらもwingsはおあずけ、にしており
そのために今はまだ他の項目のページを開くことをためらってしまい、結果こちらにコメントすることをお許し下さい。
というのも、一巻のレビューを拝見して、
初めてこの作品を読んだ時の衝撃とか
カルノ、ローゼリット、ラムの心情を思って心打たれたこととか
本当にたくさんの感情が蘇ってきて、思わず涙してしまいました。
というのも、(私事ですが)今は実家を出て暮らしており、その際に必要最低限の物しか持てなかったため、現在コミックスが手元にない状態なのですが、
こちらでレビューを拝見したとき、作品自体を読み返せないことを物ともしないほどに
たくさんの大切な記憶、感動を思い起こすことができて
ただ、感謝の気持ちを伝えたい衝動に駆られてしまいました。
どうにもうまく伝えられそうにないのですが、
ローゼリットの相反する気持ち、
ラムの一見しただけでは整合しない行動、
そして無邪気に残酷な、人間の後ろ暗い部分だけを強調したかのように見えるカルノこそが、
純粋なほどに光の部分を本質とする存在だったこと。
このときのカルノを見ていて、今も深く覚えているから、続く作品のいたるシーンにおいても、
どのようにしてこの時のカルノ行動、言葉が生まれたのか、
その背景を思いはかり汲み取るたびに、深くカルノに感情移入してしまうんですね。
このときの気持ちも、
どこまでが自分か、そうでないか。
証明するのが難しいほどの移入ぶりです。
本当にこの作品が好きだった。
改めて実感させていただきました。
本当に感謝したいです。
コミックス発売を楽しみにし、読むことができ、もう少しこの先のお話に追いつくことができたなら、またお邪魔をしたい、と思っています。
長々と取り留めもなく、失礼しました。
今後も、楽しみにしています。

>EM3 さん

はじめまして!
コメントをありがとうございます。

大好きな作品に同じように大好きな方から言葉を頂けるのは本当に嬉しいことです。待ち望んだ新刊発売日の喜びを分かち合う事ができるのも!
改めてありがとうございます。

思春期の頃に好きだったものは「永遠」といいますが、私にとって「魔法士」はまさにそれで、成人して年齢だけは立派な大人になっても唯一諦めきることの出来ない大切な漫画でした。お手元にはないということですが、強く強く思った好きの気持ちは不思議なもので色褪せないのですよね。私は家を出る際に連れてきたものの、連載再開が決まるまで再読
をしたことはなかったです。それでもずーっと待っていました。

2章以降の息苦しいまでの好きという感情の中には、カルノと勇吹の関係に対する萌えのようなものが少なからず入ります。孤独な二人の少年が連帯していく様に、カルノがローゼ以外の人間を知っていく様に、当時も今も腐的な読み方はしていませんが、若干考えてしまう部分はあったと思うのです。だからというわけではないですが、私の中で1章に対する「好き」の気持ちは上手く表現出来ないのですが別格なのです。死に際のローゼリットの言葉が作中の端々でカルノの行動選択の理由になっていたり、すべてのテーマが凝縮された1章だと思っています。また素晴らしいのは、カルノだけではなく、ローゼリットにもラムにも共感できる部分があることなのだと思います。ファンタジックなストーリーでありながら、異端の存在である魔法士たちの「孤独」に寄り添って読んでしまう。カルノの見えなかった暗部を二人が象徴している。本当に、良く出来ていると思います。

どうにも冷静に書くことが出来ず、叫びのような中途半端な感想になってしまったと思っていました。もったいないお言葉を本当にありがとうございます!

発売日まであと3日!!楽しみに待ちましょう~
ではでは、こちらこそまとまりのないお返事になってしまい失礼しました!




プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード