スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画版「まほろ駅前多田便利軒」

「まほろ」の映画を観てきました。
以下、短く感想。

過去の事故から望まない関わりを持つ羽目になってしまった男二人の不穏な日常ドラマ。
未だ完結をしていない「まほろ」とは結局そういう物語だと思うのだ。
追ってしまった罪への後悔や拭えない生い立ちの記憶、そういう持ち物を誰しもが抱えながら、一人ではちょっと寂しいからたまに他人と一緒にいようとする自然な行動、それをフィクション的な舞台装置と事件で装飾した物語。主役二人が原作の設定よりもかなり若い分、便利屋稼業という看板に一層の不信感が出ていたように感じた。まともな神経の持ち主なら「彼ら」に子どもの送迎は依頼しないだろうなぁという類の不信感だ(由良の母親はネグレクト気味なので活かされている)

行天の破滅願望というかエキセントリックさは大体原作通りだった。
奇妙な笑い方は滴るような色気の代わりだと思えばそれもまたありだ。
一番イイと思ったのは暴力シーンかな。無表情でありながらちょっと楽しそうという絶妙な顔をしている。
多田の魅力は「倦怠と哀愁」だと思うのだが、若い俳優からは怖いぐらいの「無気力さと不安定さ」が漂ってきて、自分の身に起きたことを何にも飲み込めていない未熟さが前面に出ていたように感じた。多田の若い頃、というわけではなく、「若い多田」ならこう描くのは納得が出来た。しかしあまりに情緒不安な役だったので、二人の未来に「希望」の文字が微塵も見えなかったのが気がかりだ。もう少しコミカルでふざけた場面が多くても良かったのではと思った(最後に流れる登場人物達のその後のような)何せ二人とも若いのだから!そう、彼らにドン詰まった表情はまだ似合わない。
あと演出上だがら仕方ないのだが、人物の沈黙場面と多用される喫煙場面には若干辟易したかな。


正直に云えば、期待通りというか予想通りの映画ではあった。
というのも、これはまったくの個人的な意見だが、作り手側の戸惑いのようなものが透けて見えてしまったような気がしたから。それは三浦しをんの原作を読んで私が感じたことだが、「二人が一緒にいる理由」について、作り手側が疑いを抱いているのではないかなというものだ。要するにフィクションがフィクションであるという事実に負けているのだ。その違和感のようなものを山田ユギ版ではあまり感じなかったから、もしも製作者が女性であったのなら、まったく別の印象を抱く作品に仕上がっていたかもしれないなと思った。って、キレイにまとめた風だが要は萌えをもっと!という結論じゃないか…。

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れでした~!!

yoriさんがレビュー書くと、このとんでもない映画さえ、美しくりっぱな作品に思えるから不思議です。
舞台挨拶もあのすばる座で行われたようです。
しかも監督(兄)、南朋(弟)、麿赤兒(父)が勢揃いだったとか。兄弟どころか親子出演だったんですね~。
また変な企画つくってデートしましょうね!!

こんばんは、yoriさん。
連続コメントで失礼します(しつこくて、すみません!)。

私ね、監督が女性だったら逆に絶対観なかったと思います…。
今、最悪な発言しちゃいましたね。
これは結局、原作の三浦しをんさんの小説に対する私の拭い去れない本心です。
多田と行天の物語を男性作家が紡いだら、もっと違った空気を感じ取れたと思うんです。
でもしをんさんの作品は、あらかじめ知らなかったとしても読めば途端に女性の手の平に転がされている話だと強く感じてしまって、結局そこがどうしても好きになれない部分の正体なんじゃないかって……。
小説自体は、いつもやっぱりよく出来ていると思うのですけど。

映画については、自分のブログに記事書いているのでこちらではコメント遠慮します。
では!

>cochiさん

先日はお疲れさまでした~!
コメントまでありがとうございます!

いやいや、私の感想はまったくもって真摯ではないでしょう(笑)嘘は言ってないですけどね。

多田の不安定さはイコール演出の不安定さなんだろうなっていうのはすごく感じます。でも役者の演技の上手い下手を判断するには普段ドラマも映画も見ていないのでイマイチ判断出来ない。誰かが「上手だった」と言えば「へぇ」って普通に思いそうですもん。松尾スズキやタカラ君が良かったと思っても、あの役だからそう思うだけで多田をやったらどう感じたかはわからないですし…。エイタってきっと言われたことを忠実に再現する役者さんというか、自分で役作りや解釈をあまりしないタイプのような気がするので(って、これは悪口か?)、まぁ、仕方がないのかな。

また遊んでくださいね!
プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。