スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「少年魔法士 14巻」発売!

少年魔法士 (14) (ウィングス・コミックス)少年魔法士 (14) (ウィングス・コミックス)
(2011/07/23)
なるしま ゆり

商品詳細を見る


14巻発売おめでとうございます!!

発売告知が出ても、サイン会の詳細が発表されても、著者が呟いていても、どこかで不安な気持ちがありました。ええ、正直ありましたとも!でも表紙画像が密林にアップされて、ああ、いよいよなんだなと思ってからはあっという間でした。その間私がしたことといえば、仕事を休む為にシフト調整しつつ、「何時に行けば整理券取れると思う?」という無為な質問を周囲の人にしつつ、もれなく「後悔したくなければ始発で行け」という返答をもらい「やっぱりか…」と迷ったりしつつでしたが、早朝新宿待機3時間、やってみると意外にも全然平気でした(それでも一ケタではなかった!)。折り畳みイスを持って行ったのは我ながらGJ。そうやって手に取った時というのはちょっと信じられない気持というか、一瞬涙が出そうになりましたよ。それは、4年前から待ち続けたという感慨とは少し違って(本誌で読んでいましたし)、この作品に出会った当時の自分に「良かったね」と言ってあげたいような、懐かしくて温かい気持ちでした。

半ば諦めていた作品を再び手に取ることができた喜びと、終わることを覚悟しなければいけないという気持ちは連載が再開した時から変わりません。それでもすごく幸せなことだけは確か。この日を迎えられたことが本当に嬉しい!あ、もちろんサイン会に参加出来ることもとても嬉しい!でもあまり楽しみにしていると体調崩しそうで怖いので(笑)なるべく平常心であと数日過ごそうと決めています。でもお手紙は書くよ。
***

14巻感想は全巻感想とあわせて書きたいので(まだ諦めていない)置いておきますが、やはり「アエトニキ編」は収録し切れずでしたね。本誌との読み比べはまだしていませんが、意外にも改稿は少ないような印象を受けました。著者コメントは次巻までおあずけかな?9月まで首は長くせず、安心して待ちたいと思います♪

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして!!

はじめまして!
少年魔法士で検索をかけて参りました。

周りになかなか話題を共有出来る人がいなくてさびしかったので、
yoriさんくらいこの作品について語っている方が見つかり嬉しいです。

少年魔法士はとっても思い入れのある作品なので…
というのも、高1の時、僕がウィングスをまったく知らなかった時期に、
たまたま1巻を本屋さんで見かけて“ジャケ買い”したのですww

勿論知ってる男子なんてとても周りにいないんですが、
それ以来なるしまさんの作品をほぼ全部買うくらい嵌りました。
ドラマCDとかになるしま先生のサイン貰いに行くくらい…w
(あ、石田さんがカルノって言うのもすごくポイント高いですよね)

まじめな話、ほんとにこんな風に漫画を描ける方っていないと思ってます、
特に少年魔法士はテーマが孤独であったり、自分って何?っていう
問いに対して向き合っている作品じゃないかなーって思います。

個人的に一番好きなシーンは、
騎士団の結界を抜けた後のレヴィとナギの会話シーンです☆
あんな風に人を肯定するのって、いいなぁって。
カルノと勇吹じゃなくて申し訳ないんですがw

カルノの“俺が俺を選ぶ”も名台詞ですよね、
異端である彼らが自分を肯定するシーンはホントに胸を打たれます。

と…なるしまさんはほんとに人に推して推していきたいので、
少年魔法士も好きになりそうな人には是非是非貸したかったんですが、
ここ何年かは連載止まってたからなかなか人に薦めにくくて><、

その間、僕も引越しを二度したのですが、
諦めきれずに連れてきたけど再読をなかなかしなかった気持ち、
ほんとーによくわかります、すごく共感><

でも14巻、連載再開、そして15巻の話を聞いてほんと小躍りしました♪
15巻まであと二週間ちょっとですね!
いつか原獣文章も…とか、期待してしまいそうになる自分を抑えてますw


余談ですが、少年魔法士で知った神亀、今では大好きなお酒です☆

取り留めの無い文章になってしまいましたが、
またなるしまさんについてのお話楽しみにしています、失礼しました~w

>ガミオさんへ

はじめまして、コメントをありがとうございます。

拙宅の特徴柄、男性の方からコメントを頂くこと自体がとっても珍しく(お二人目でございます)緊張しています。

コメントの内容すべてに激しく共感してしまって何からお返事すれば良いのかわからないのですが、私も騎士団を抜けたレヴィとナギの場面はこの作品で最も素晴らしい場面の一つだと思っています。

リアルタイムで読んでいた頃はやはり歳が近いカルノや勇吹にばかり感情移入していたのですが、大人になってから読み返すと、「パッションフラワーズ・ブルー」の構成の見事さ、テーマの深さには心打たれるものがありました。レヴィが語った「人は幼いころに受けた傷を癒すために膨大な時間を費やす~(すみません、ちょっと違うかも)」と語るくだりは何度読んでも目頭が熱くなります。

この作品は自己肯定の物語なのですよね。だからこそ、出会った頃の思春期真っ盛りのやわやわした心にダイレクトに響いたのだと思います。レヴィとカルノが14巻かけて行ってきたそれを残された勇吹がどう行うのか、期待と不安の入り混じった親のような気持ちで見守っています。

連載が止まっているので人におススメできない気持ち、すっごくよくわかります。でも再開したからといって、今自分の周りにいる年代の方にどうおススメして良いのかよくわからず、気付けばダラダラ感想を書いていたという…。
どうか無事に終わらせて欲しいですね。祈るばかりです。
もちろん『原獣文書』もですよね!(こちらの方があと数話でエンドマーク打てると思うのですが…

そしてなんと「神亀」、実在するのですか!?
それはまったく知りませんでした。なんということ。イケる口としては是非とも飲んでみたいです!

開店休業状態の拙宅ですが「少年魔法士」だけは絶対に最後まで見届けようと決めております。
また気が向きましたら遊びに来てやってくださいませ。

コメント本当にありがとうございました!


プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。