スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「青の疑惑」

aonogiwaku.jpg
水原とほるは正直苦手です。
一般人をムリヤリ手籠にするヤクザ(「夏蔭」)、高校生を借金の形に売り飛ばすヤクザ(「悲しみの涙はいらない」)などにあまり納得がいかなかったので。そんな話はBLの王道ですらあるわけですが、水原本ではその相手に気持はいかないだろうって思うのですよ・・・。
この『青の疑惑』はガチのSMで、しかも「痛くない」水原本という評判に惹かれて手に取りました。

が、えーと・・・SM温くないですか??

いやいや、プレイ的には決して温くない。拘束具もギャグも鞭も普通に使っているし、回想では吊るしや首絞め、流血までやっているのだから。それにも関わらずあまりエロを感じなかった。
というのも、本格的なSMの話をBLに限らず読むときに思うのは、Sの苦労についてなんですよ。
手変え品変え様々な技巧を尽くしてMに奉仕(?)するSの姿が逆にマゾっぽく感じるのです。

主人公の恭が真性のMだからそう感じたのだと思います。そのくせ何だかんだで精神的にかなり強いのですよ、この受が。あと、攻の二人がものすごく受を大事にしているのが伝わってくるから。SMプレイの真髄はもちろんそこ(相思相愛の二人がアブノーマルなプレイを性的嗜好によって行う)にあると思うのですが、私の好みではなかったようです(調教ものが好きなので)

この話の面白いところは、攻が二人いて、うち一人は当て馬役なのですが、当て馬と本命との絡みが半々どころか当て馬の方が多いのでは?という配分だったことでしょうか。ヤクザの陽介と刑事の九鬼、エロ親父の九鬼はキャラ的には好きですが、陽介も負けず劣らず素敵に描かれていました。
二人から気持ちをもらって、でも二人に寄り掛かるわけでもなく、それを自分の脆い精神の支えに転換してしまうあたり主人公の恭が一番最強です。


最後までタイトルの意味は謎でした・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yori

Author:yori
気がつけばいつもそばにBL.猫かぶってみても、結局たどりつくのはそこなのです。感想は基本的にすべてネタバレ注意です。拍手&コメントありがとうございます。拍手コメントは該当記事のコメ欄にてお返事いたします。リンクフリーですがご一報頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。